コロナ禍の影響で収入が減ったり、在宅や時短勤務による“スキマ時間”が増えたりしたことなどから、副業を始める人が急増している。副業マッチングサービス最大手のランサーズによると、同サービスを利用する115万人の登録者の約3割、約35万人もの人が2020年2月以降に副業を本格的に開始しているという。同社取締役の曽根秀晶氏はこう分析する

「副業を始めた理由については、『収入減少のため』が14.5%で最も多く、2番目が『スキルアップのため』で9.2%。ここ数年はスキルアップのために副業を始める人が増えていましたが、コロナ禍では将来不安からか、お金を稼がなければならないという必要に迫られて始める人も多いようです」(曽根氏)

 どんな副業に人気が集まっているのだろうか。同社によると、「エンジニア」「デザイナー」「ライティング」が上位3位で、全体のシェア6割程度を占めているという。報酬は各職種とも細分化されているが、例えば、「Webシステム開発・プログラミング」で時給3500〜7000円、「ロゴ作成」は1点2万〜8万5000円、「インタビュー・取材」による執筆は1文字2〜5円などが相場となっている。

 ただし、伸び率だけを見ると、「映像クリエイター」が前年比499%(2019年4月と2020年同月の比較)と圧倒的で、報酬相場も5万〜50万円ほどと高額となっている。YouTuberとしての新たな副業が軌道に乗り、最新刊『儲かる副業図鑑 在宅勤務のスキマに始める80のシゴト』が話題の公認会計士の山田真哉氏はこう言う。

「コロナ禍で急に増えた『おうち時間』を、とりあえず動画を見て過ごすという人はやはり多い。企業も商品の販路を店頭からEC(電子商取引)へと続々と路線変更しており、動画を使ったマーケティング的な訴求に力を入れ始めています。YouTuberも増えていますが、彼らにとっても企業にとっても一番大変かつ、結果に大きく影響するが撮影した動画の編集。でも最近は専門知識がなくても簡単にできるアプリがたくさん登場しており、動画制作の“分業”が進んでいます」(山田氏)

 ランサーズの「映像クリエイター」の仕事の中にも「YouTube用動画編集」が含まれており、案件は多い。今後ますます仕事量も報酬も伸びることが予想されている。「副業市場」を通じた仕事の依頼件数は全体的に右肩上がりで増え続けているそうだが、一方で今後はあまり伸びが期待できない、つまり儲かりにくくなる仕事はあるのだろうか。

「伸びないというより、もともとあった仕事が置き換わっていくことが増えそうです。例えば、ライティングの仕事は現在も人気上位ですが、その一部はもう少しリッチなコンテンツへと移り変わり始めています。つまりテキストのみで何かを伝えるのではなく、動画やいきなりECサイトを作って伝えるというような具合です。最近は『Shopify』(ショッピファイ)のような誰でも簡単にECサイトが作れるプラットフォームがどんどん登場しており、大きく稼ぐためにはよりリッチなコンテンツを作れるかどうかも問われそうです」(曽根氏)

 山田氏はミリオンセラー『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』(165万部)の著者としても有名だが、YouTubeを始めたきっかけは「文字だけよりビジュアルを駆使した方が伝わりやすいため」だという。最新刊『儲かる副業図鑑』の解説も、マンガと図解を使い、ビジュアルで表現している。本業も副業も、時代の変化をいち早くキャッチアップした人が儲けられるようだ。

※『儲かる副業図鑑 在宅勤務のスキマに始める80のシゴト』発売記念対談より抜粋して再構成

【プロフィール】
曽根秀晶(そね・ひであき)/ランサーズ株式会社取締役、新しい働き方研究所所長。1981年、長野県生まれ。東京大学大学院工学系研究科建築学専攻を卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社し、経営コンサルタントとして20を超えるプロジェクトに従事。その後、楽天株式会社に入社し、国内の営業・事業企画の経験を経た後、海外M&A・全社戦略などを担当。現在はランサーズで経営戦略の立案、新規事業の推進などの統括を務めている。

山田真哉(やまだ・しんや)/公認会計士、税理士。1976年、神戸市生まれ。大阪大学文学部卒業後、中央青山監査法人/プライスウォーターハウス・クーパースなどを経て独立。『女子大生会計士の事件簿』(シリーズ100万部)、『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』(165万部)など、著作活動も注目されている。YouTubeの『オタク会計士ch【山田真哉】少しだけお金で得する』はCH登録者数が約15万人(2020年11月時点)で、「公認会計士YouTuber」として第1位。最新刊は『儲かる副業図鑑 在宅勤務のスキマに始める80のシゴト』。