NTTドコモが12月3日、新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表した。月額2980円(税別、以下同)で20GBまでのデータ通信を利用できる。20GB超過後も最大1Mbpsの通信速度で利用可能となっており、4Gに加えて5Gネットワークも利用可能だ。

 通話は、1回5分までの国内通話が何度でも無料(5分経過後は30秒ごとに20円)となっており、別途月額1000円で国内通話かけ放題のオプションがある。

 ドコモショップなどの実店舗ではなくオンラインのみで受け付けることでコストを削減し、こうした価格を実現した。新規契約事務手数料、機種変更手数料、MNP(モバイルナンバーポータビリティ)転出手数料も無料というシンプルなプランだ。提供開始は2021年3月を予定している。

 これまでドコモは、「ギガライト」と呼ばれるプランで最大7GB、6150円(定期契約なしの場合)だったから、大幅な値下げとなる。すでに発表されていたUQモバイルやY!mobileのプランよりも安く、ネット上では「かなり頑張ったプラン」「凄い大胆」「今回のドコモは本気だ」「革命」と評価する声が目立つ。

 UQモバイルを運営するKDDI(au)やY!mobileを運営するソフトバンクは、これまで発表していたプランの見直しを迫られることは確実だろう。また、データ使い放題で月額2980円と格安を売りにしていた楽天モバイルにも大きな影響を及ぼすことが想定される。楽天モバイルはまだ通信エリアが全国で整備されておらず、屈指の通信品質を誇るドコモと価格で並べば、多くのユーザーがドコモを選択することは確実だからだ。

 これまでが高すぎ・儲けすぎだったという批判はあるだろうが、実際、今回の発表プランからは「ドコモの本気度」が見て取れる。菅義偉首相と総務省の値下げ圧力は「ライバル社のようなサブブランドでの小手先の値下げではスルーできない」(ドコモ幹部)と明らかになったことで、同社は“ユーザーの囲い込み”で収益化する方向に舵を切ったように見える。

 ポイントは、新料金プラン「ahamo」の契約にはdアカウントを持っていることが必要であることだ。1000円の利用につきdポイントが10ポイント貯まることから、dアカウントを通じてドコモ経済圏を拡大しようという狙いが見て取れる。つまり、通信料収入だけに依存するビジネスモデルからの脱却を図ろうとしているのではないか。

 オンライン受付のみにしたのも、格安スマホに流れがちな若い世代を取り込むことで、将来的にも「dアカウントユーザー」を拡大していこうという戦略が見えてくる。

 今回のドコモの発表により「20GB」のプランは月額2980円を軸とする競争となっていくだろう。

 ただし、課題となるのは低容量プランの値下げだ。20GB以上通信しているユーザーは全体の11%ほどしかいないとされ、「10GBで十分」「5GBのプランを安くして欲しい」というユーザーは少なくない。自宅でWi-Fiがあるから5GBで十分という人にとっては、ドコモ、au、ソフトバンク系列で例えば「月額2000円以下」といった安いプランが出てくるかどうかのほうに関心があるだろう。ドコモの井伊基之社長は3日の会見で、既存プランの見直しについても言及。12月中にも改めて公表するといい、「データを使った分だけ料金を課す従量課金の良さを残した上で、お得感のある料金に見直していく」「平たく言えば、料金は下がる方向で考えています」と語った。

 各社が低容量プランの見直しをするとなれば、格安SIM各社の生存競争にもつながってくる。通信料をめぐる戦いはこれからが本番となりそうだ。