12月28日から2021年1月11日までの間、全国で利用を一時停止することが決まった「Go Toトラベル」。新型コロナウイルス感染者の状況を鑑みるに、やむを得ない措置だとみる向きも多いが、年末年始のかきいれ時に予約キャンセルが相次ぐ旅行業界からは悲鳴も聞こえてくる。

 一方、楽しみにしていた旅行をあきらめざるを得ない利用者も落胆の色を隠せない。東京都在住のYさん(40代/男性)は、泣くに泣けない「三重苦」の状況に追い込まれているという。

 Go Toトラベルは、旅行代金の一部を国が補助する制度。旅行代金の2分の1を国が支援し、70%は旅行代金の割引に、30%は旅先で使えるクーポンに充てられる。Yさんは、これ幸いと旅行の予定を組んだが、それは大失敗だった。

「私と妻は共働きで、旅行に行くチャンスは年末年始だけ。Go Toトラベルならオトクなので、10月に沖縄旅行を申し込みました。春の外出自粛時に娘の面倒を見てもらった妹夫婦も誘い、旅行に行くのは8人。旅慣れた私が綿密にプランを練り、色々と計算した結果、パック旅行にするよりも、飛行機はLCCを使い、ホテルだけGo Toトラベルを利用する方が安いことが分かったので、飛行機とホテルを別々に取りました」

 飛行機+宿のプランにすれば、飛行機代にもGo Toトラベルは適用されるが、LCCは運賃が格安。旅程の組み方次第では、そちらの方がもっとリーズナブルになることもあるのだ。しかし、その目算は脆くも崩れ去る。

「Go Toトラベルの一時停止が決まると、すぐに『旅行はどうするの?』と、妹夫婦から連絡がありました。状況を冷静に判断すれば、取り止めにするのが当たり前でしょうが、LCCはキャンセル不可の席を予約していたので、旅行をやめれば飛行機代はパー。約13万円をドブに捨てることになります。しかし色々と話し合った末に旅行は中止になりました」

 料金が格安なのは、こういったリスクもあるからということか。Yさんは一応、飛行機会社に問い合わせたが、けんもほろろに「キャンセルは出来ません」と言われただけだった。しかも、沖縄旅行中止の被害はそれだけに収まらない。

義理の両親にプレゼントしていた箱根旅行が…

「沖縄には親戚がいて、私達の訪問を楽しみにしてくれ、大勢が集まる宴会が予定されていました。そのため私は、5万円以上するデパートのおせちを申し込み、親戚の家に届くように手配していましたが、我々が行かなくなったので宴会は中止。おせちもキャンセル出来ません。2人暮らしの親戚の家に大量のおせちが届いても迷惑なだけでしょうね……」

 Yさんの悲劇はこれら2つだけでは終わらない。Go Toトラベルの恩恵に預かるべく、義理の両親にも旅行をプレゼントしていたのだ。

「義理の父親が大の箱根駅伝ファンで、かねてより『一度ぐらいは生で見てみたい』と言っていたので、義理の両親に箱根旅行をプレゼントしたんです。狙っていた人気の旅館が、幸運なことにキャンセルがあり、Go Toトラベルを使って予約できました。それでもかなりの出費ですが、普段の半額と考えれば随分とオトクです。

 ところがGo Toトラベルの一時停止が発表され、予約済みの扱いがどうなるか問い合わせたところ、通常料金になるとのこと。しかも、箱根駅伝の沿道での観戦も控えるよう要請されている。それでも、正月の箱根の雰囲気だけでも味わってほしいので、『遠慮せずに行って下さい』というつもりですが、20万円近く出費が増えることになります……」

 元々の値段で旅行するだけなのだから、何ひとつ損はしていないはずだが、「ものすごく損をした気がする」と語るYさん。Go Toトラベルを使って、ここぞとばかりに家族・親戚孝行の準備をしていたが、その目論見は無残にも崩れ去ってしまい、泣くに泣けない状況になっているようだ。