新型コロナウイルス感染拡大で、自宅で過ごす時間が増え、「家族の絆」の大切さを改めて思い知った人も多いだろう。だからこそ今、親子で話し合い、兄弟姉妹で考えておきたいことがある。たとえば、「実家の相続」という問題。高齢の親を持つ子供にとっては、「親の介護」や「老人ホーム入居」にも関係してくる問題であり、兄弟姉妹で話し合っておくべきテーマだ。

「実家の相続」において、難しいのは「家」の価値の判断だ。

 父が亡くなり、同居していた長男が家を継ぐ。次男と長女は預金2000万円を半分ずつ相続したいと主張している。家には1000万円以上の不動産価値があるから兄にはそれで十分だというが、長男にすれば家は一族のもので、住み続ける以上換金可能な資産ではない。父の介護もしたし、補修にもお金がかかるのに、現金の相続分がないという不満が残る。実家の相続には一定のコストがかかることを考慮する必要がある。

 病気で倒れた父親を自宅に引き取って介護し、看取った経験を持つ経済アナリスト・森永卓郎氏が語る。

「相続の話し合いでは、介護の内容や費用の記録と領収証を残しておくことが重要です。私には弟がいますが、マンション住まいをしており、父と同居して介護するのは無理だということで、私が介護を引き受けた。在宅介護で毎月40万円ほどかかったが、忙しくて領収証をとっていなかったから相続の時に立て替えた介護費用を請求することができませんでした」

 逆に、親が施設に入所し、誰も住まなくなった実家を処分するなら兄弟姉妹で早めに話し合う必要がある。放置すると建物が劣化して不良債権になってしまう。

 家を売却する場合、相続時点で兄弟姉妹の1人の名義にしておいて、業者の見積もりや売却交渉の情報は兄弟姉妹で共有して話し合うのが原則だ。その際、バリアフリーのリフォーム費用など、親のローンが残っていないかを確認する必要がある。

 問題はいつ売却するかということだ。手間を考えると相続してから売却したくなるが、「実家を処分するなら生前に売ったほうが得です」と語るのはゆい会計事務所代表の西津陵史・税理士だ。

「相続後の売却にも税制上の控除額はありますが、同じ金額で売れるのであれば、相続税や諸費用その他の税を考えると生前のほうがトータルで得をします」

 親の施設入所でかかる費用を考えると、入所と同時に実家を売却してまとまった資金を持っていたほうが安心かもしれない。

 1人暮らしの親を施設に入所させて家が空き家になる場合、相続後の売却を選ぶと、入所させる施設先にも注意が必要だ。

「同居している子が家を相続する際に相続税を圧縮できる『小規模宅地等の特例』があります。この特例は、親が要介護認定を受けて特養など老人福祉法などに規定された施設に入所した場合でも適用される。高齢で体が弱ったからといって、要介護認定がないままホームに入所させると相続税が大きくなることがある」(西津氏)

 その面でも、それなりの資産価値のある家なら、親を施設に入れる時に、兄弟姉妹で「実家の売却」を話し合うのが得する選択につながる。

実家の相続で揉めない秘訣5

【1】相続にかかるコストを考慮する
【2】実家の名義は兄弟姉妹の1人に統一する
【3】不動産の情報は兄弟姉妹で共有する
【4】親のローンが残っているか確認する
【5】売却するなら親の生前にする

※週刊ポスト2021年1月1・8日号