新型コロナウイルスの感染拡大によって、全国の大学が軒並みオンライン講義を導入している。従来型の大教室での講義や、白熱した議論を交わすゼミなどの講義形態に対して、教員の熱量が伝わりづらいと言われるオンライン講義だが、その一方で教員の負担は以前よりも増大しているという。

 2020年4月以降、全国の大学で実施されている講義の形式は、主に対面授業、遠隔(オンライン)授業、そして対面と遠隔を組み合わせた「ハイブリッド型」の3つに分けられる。

 教室で実施される対面授業に対して、遠隔授業には、「双方向型」(リアルタイムでZoomなどを使って受講)、「オンデマンド型」(PDFや動画などの資料配布)の2パターンがある。そして、新型コロナへの感染リスクを懸念し、遠隔受講を希望する学生とその保護者のニーズに応えるのが、「対面+遠隔」を組み合わせたのがハイブリッド型だ。

 教員からは「ハイブリッド型は一番労力がかかる」という声も聞こえて来る。関東の私立大学の助教・Aさん(30代男性)はこう語る。

「現在、ハイブリッド講義を担当していますが、これがとても大変。感染リスクを恐れて大学に来たくない学生もいるため、一度の講義で対面の学生と遠隔受講する学生の両方に向けて授業しなくてはいけません。

 教室では2台のパソコンを用意し、それぞれ別のアカウントでZoomに接続します。1台はメインで画面共有を行いオンラインで受講する学生に授業のパワーポイントを表示する。もう1台は、プロジェクターに接続し、教室の学生とオンラインの学生をつなげ、画面越しに議論させたりします。

 中には自宅のネット環境が悪く、リアルタイムで受講できない学生もいるため、中継配信した動画データをアップロードし、動画配信という形でオンデマンド教材を作り、講義後に配布しています。このように、対面+遠隔+オンデマンドという3つのオーディエンスに向けての授業とその準備が必要になります」

評判が良かった「YouTuber方式」の講義スタイル

 労力がかかるのはハイブリッド型だからでではない。関西の私立大学准教授・Bさん(30代女性)が、オンライン講義自体の苦労を語る。

「現在、演習系4コマ、講義3コマ、大学院4コマを担当しています。従来の大教室の講義であれば、映画やドキュメンタリー映像を流すこともできました。しかし、オンラインへの以降で、15コマ90分間の講義動画を撮影しなくてはならなくなった。むしろ従来の対面方式のほうが圧倒的に負担は少なかったです。

 経済学は数式も扱うため、PDFの配布だけでは理解できない学生もいるので工夫が必要です。学生から反応が良かったのが、ホワイトボードの前で塾講師のように解説する動画を、YouTubeに限定公開するやり方。アンケートでは『YouTuberっぽくて良かった』といったコメントも多かったです。

 とはいえ正直、1回の講義用の90分の動画を撮るだけでも、とても時間がかかります。その編集作業にくわえて別途、PDFで講義資料や小テストも配布している。これを1週間に何コマもこなすと、研究に費やすエフォートがなくなります」

 同氏が指摘する「エフォート」とは、「研究者の年間の全仕事時間を100%とした場合、そのうち当該研究の実施に必要となる時間の配分率(%)」のこと。「全仕事時間」とは、「研究活動の時間のみを指すのではなく、教育活動や医療活動を含めた実質的な全仕事時間」を指す。オンライン講義の準備や採点によって教育活動に費やす時間が増える分、研究活動に使うことができるエフォートは自ずと減少する。

出席点での採点がNGになって…

 講義のオンライン化に伴い、より教員の時間を奪うようになったのが、大量の採点だ。関西の別の私立大学准教授・Cさん(30代男性)が語る。

「これまで勤務先の大学では、学生が学生証を機械にかざし、デジタルで出席を取るシステムでした。しかし、オンラインになったことで『出席点という方式はNG』と通達があった。そのため出席の代わりにオンデマンド講義を受講した証明として、毎回の課題提出を課すようになりました。

 現在、私が担当している学部必修の教養科目は400人が受講しており、専門科目は350人が受講しています。文科省はアクティブ・ラーニング(※学生と教員の双方向性が保たれた授業)を推奨しているので、毎週750人の課題提出物すべてに目を通し、ポータル上で学生に評価のリプライを送り双方向性を保たないといけません」

 このように多くの教員がオンライン講義対応に悪戦苦闘している様が伝わってくる。一方で、オンライン講義が導入されたことによって、講義の質の低下を指摘する声もあるが、それにはどう答えるか。都内の私立大学教授(40代男性)は「クオリティの低下が起こっているとしたら、オンラインのせいではなく各教員の姿勢や資質の問題」と語る。

「オンライン講義の質が低いと言われる教員は、もともと大教室で“単位が楽に取れる”と言われていたような、毎年同じ講義を繰り返してきたタイプに多い印象です。悪いのはオンライン化のせいではなく、それがオンライン化によって目立つようになっただけではないでしょうか」

 オンライン講義の導入以降、一部では「手抜き講義が目立つ」や「授業が学費に見合っていない」などの声も聞こえるようになったが、学生を満足させるべく教員たちも奮闘しているようだ。