キャッシュレス元年と呼ばれた2019年以降、老若男女にすっかり浸透した電子マネー。2020年11月、三井住友カード株式会社より、ある調査結果が発表された。

《60〜70代のシニア世代のうち、2人に1人が電子マネーを使いこなしている》

 新型コロナウイルスの影響で“なるべくお金を触りたくない”と使うようになったという人も多いだろう。だからこそ、電子マネーを使いこなしたいところ。その基本を学ぶのはいまからでも遅くない。

使いのは1〜2種に絞ってポイント分散を阻止

 電子マネーとはその名の通り「電子化されたお金」。Suicaなど交通系ICカードや、スマホにアプリを入れてかざすだけの「IC決済(非接触型決済)」、スマホ画面に出したQRコード(バーコード)を読み取る「QRコード決済」など多岐にわたる。利点は「ポイント還元」という仕組み。電子マネー決済において、ポイントが付与される機会は【1】買い物の決済時、【2】対象クレジットカードから決済アプリへの入金(チャージ)時の2回ある。決済アプリと相性のいいクレジットカードからチャージを行うことで、ポイントの2重取りが可能となり、買い物をすると自然に得をするのだ。

「多くの電子マネーを併用するとポイントが中途半端になってしまうので、生活スタイルや使用しているクレジットカードに合わせて1〜2つに絞るのがコツです」と説明するのはポイ探代表取締役の菊地崇仁さん。では、群雄割拠の電子マネーのうち、どれがいちばんオトクなのだろう。

「スマホに登録して使用する『モバイルSuica』がおすすめです。登録店舗で買い物すればポイントが貯まるだけでなく、ビューカードでチャージすれば1.5%のポイント還元が受けられます。顔認証やタッチ認証が必要なく支払い時のスムーズさが段違いです」(菊地さん・以下同)

 次いでおすすめなのは「d払い」と「楽天ペイ」だという。d払いはNTTドコモのサービスだが、ドコモユーザー以外でも利用可能だ。

「d払いはdカードをひもづけ、楽天ペイは楽天カードをひもづけて楽天ペイアプリ内でチャージして決済すれば、両者とも1.5%がポイント還元されます。d払いで貯まるdポイントはAmazonや無印良品、楽天ペイで貯まる楽天ポイントは楽天市場に使えるなど、ネットショッピングとも相性がいいです」

 一方、使うメリットの少ない電子マネーもある。

「2019年のキャッシュレス・ポイント還元事業時にPayPayに登録した人は多いと思いますが、次々とキャンペーンが終了し“改悪”が続いています。惰性で使い続けてもメリットはあまりありません。目先のキャンペーンよりも、恒常的な還元率を重視するようにしたいです」

2021年はこのコンビでポイントをガッチリ貯める!

 以下、ポイントをガッチリ貯めたい人向けの、電子マネー×クレジットカードの組み合わせを紹介しよう。

●モバイルSuica×ビュー・スイカカード
 ビューカードシリーズには、駅ビルの優待店で使用すると3.5%ポイント還元される「JRE CARD」、Suica支払いで10%ポイント還元される「ビックカメラSuicaカード」などがある。生活スタイルや用途に合わせて選ぼう。

●d払い×dカード
 毎週金・土曜日に、ネットの買い物で2%ポイント還元される「d曜日」というキャンペーンが開催される。Amazonや無印良品ネットストアで電子マネーを利用できるのはd払いのみ。

●楽天ペイ×楽天カード
 毎月「5」と「0」のつく日に楽天市場で買い物をすると、5倍の楽天ポイントが得られる。2020年5月に「楽天Suica」が誕生し、“楽天カードからチャージして電車に乗るだけ”でポイントを貯められるようになった。

 あなたはどの電子マネーで得する?

※女性セブン2021年1月21日号