新型コロナウイルスに感染し、急死してしまうケースもある昨今。終わりはいつやってくるかわからないことを考えれば、残される者たちのために早くから「終活」をしておくことは重要である。

 終活といえば、財産やお墓に関する決め事だけでなく、身の回りの物の「片づけ」も忘れてはならない。でも、整理や片づけは億劫なもの。思い切って始めても、無理なスケジュールを立てると、途中で挫折するケースもあるだろう。そうならないための整理法を専門家に学びたい。

50代こそがベストなタイミング

 終活には手続きに時間がかかるものもあり、50代からコツコツと始めた方がいい。しかし、子供は学生で夫婦は働き盛りの年代だ。まだ早いと思う人いるかもしれないが、整理や片づけはこれからの人生を快適に安全に暮らすためのものなので、むしろ、早ければ早いほどよいと、整理の専門家で、「くらしかる」代表の坂岡洋子さんは言う。

 坂岡さんは、ケアマネジャーとして介護現場で働いてきた経験から、老いてしまう前の整理“老前整理”についての必要性を説いてきた。

「整理には、気力、体力、判断力が必要です。60代を過ぎると、これらのパワーが低下してしまうので、整理を続けるのが難しくなるのです」(坂岡さん・以下同)

 高齢者の家がいつの間にかゴミ屋敷になってしまうのも、それが原因なのだろう。

「老前整理の目的は、モノを捨てることではありません。この先、自分はどんな環境でどのような暮らしがしたいのか──つまり老後のライフスタイルを考えながらモノを整理していくことにあります。夫や自分の定年後の暮らしを考えながら少しずつモノを整理していくには、50代こそがベストなタイミングなんです」

 下記5つのルールを守れば、老前整理はしやすいという。いずれも無理をしたり、途中で挫折したり、後で後悔したりしないためのルールだ。気負わずにできるところから始めてみよう。

【終活を意識した片づけ5つのルール】

一、一度に片づけようとするべからず

 老前整理は、これからの人生を考えて進めなければならないため、かなりのエネルギーを要する。一気にやろうとすると疲れて挫折する可能性が大きい。気負わずに始め、毎日の習慣になるよう、少しずつ続けるのが理想的だ。

二、完璧を目指すべからず

 最初からルールを決めて完璧を目指そうとすると、なかなか着手できなかったり、いざ始めても思うように進まなかったりする。好きな音楽を聴きながら整理するなど、ゆるく続けよう。いつの間にか家の中がすっきりしていたという具合に、ほどほどに行うのがベスト。

三、家族のモノを勝手に片づけるべからず

 夫婦といえども人のモノを勝手に処分するのはトラブルのもと。例えば夫の趣味のコレクション。妻には価値のないモノに見えるだろうが、夫にとっては宝物だ。独立した子供のモノについても本人の許可を得て処分すべし。

四、片づける前に収納用具を買うべからず

 収納スペースを増やすと、それに合わせてモノも増えてしまう。あくまで、いまある収納に収まる量を目指そう。

五、「使える」と「使う」は違うと、肝に銘じよ

「いつか使うかもしれないから捨てられない」というのは、片づけにありがちな悩みだ。身の回りにあるものを眺めてみて、「使える」「使えない」で判断したら、ほとんどのモノは「使える」だろう。問題は、実際に「使う」かどうか。過去何年も使っていないものは迷わず処分を。

整理しにくい服や写真などから始めよう

 とはいえ、具体的にまず何から取り掛かればいいのか迷うもの。坂岡さんのセミナー受講者約100人にアンケートを取ったところ、洋服、写真、思い出の品などが、片づけに着手しにくいものとして挙げられた。しかし、こういったものこそ先に手を打っておいた方がいい。

「50代は、まだまだモノが増えがちな年代。そこをあえて減らしていくのは難しいと思います。例えば洋服なら、1着買ったら1着捨ててみてはいかがでしょうか。それなら、減らないまでもこれ以上増えません」

 どうしても捨てられないなら、フリマアプリなどを利用して処分するのも手だ。しかし、モノを売ることを考えるなら、余計に早く手配した方がいいという。

「モノにも“消費期限”があるからです。売るのであれば、買う側にとって価値のあるものでなくてはなりません。そのためには、コレクション的なモノは別として、できるだけ流行遅れにならないうちに手放すのが賢明です」

 そのほかの捨てにくいものの整理・処分方法は次のページで詳述する。手の掛かるものから先に取り掛かった方が、後々どんどん楽になるし、暮らしもシンプルになるはずだ。

自分の性格に合った片づけ方を学ぼう

 続けやすい片づけ方として、坂岡さんに次の3つを提案してもらった。この中から自分に合ったやり方を選ぼう。

・時間を決める

 1日15分など、所要時間を決めて、毎日同じ時間帯に行うと長続きしやすい。

・片づける場所を決める

 例えば、「1日1段」と決めて洋服だんすを整理する。洋服だんすが終わったら、次は整理だんす、クローゼットという具合に進めていく。

・片づける数を決める

 例えば1日3個、不用品を処分する。インクの切れたボールペン、切れた電球、かけた皿など、考えずに処分できるものから始め、慣れたら、次はサイズの合わない服や読まなくなった本など、少し考えないと捨てられないモノに移行していく。

「モノが整理されると、心も晴れやかになるもの。また、人生の主役がモノではなく自分であったことにも気づかされます」(坂岡さん)

 整理後は、モノを増やしたくなくなるため、無駄なものは買わなくなるという。人生観やライフスタイルにまでよい影響を与える「終活」なら、すぐにでも習慣化したい。

取材・文/上村久留美

※女性セブン2021年1月28日号