新型コロナウイルスの感染拡大により、勤務時間の減少やボーナスカットなどが行われ、収入が減った家庭は少なくない。夫が都内のメーカーに勤務し、自身も働く佐久間美穂さん(仮名・50代)の家庭もそのひとつだ。美穂さんはこう話す。

「わが家の年収が計100万円も減ってしまったんです。2人の子供はまだ学生なので、学費などのお金がかかります。飲食店勤務で自宅待機が増えてしまった私は、減った分を補填するため、少しでも稼ぎたくて、自宅でできる副業を探しているところです」

 緊急事態宣言が各地に発出されているいま、外へ働きに出るのは難しい。美穂さんのように、在宅で稼げる副業を探す人が増えている。『儲かる副業図鑑 在宅勤務のスキマに始める80のシゴト』(小学館)の著者で公認会計士・税理士の山田真哉さんが話す。

「収入が減ったら、生活を維持するには貯金を取り崩すか、稼ぐしかありません。昔は、会社員の副業なんてとんでもないという考えが一般的でしたが、コロナ禍によって副業を解禁する企業が増えてきました。就業規則にそうとは書かれていなくても、暗黙の了解で許す雰囲気が高まっています。いまの勤め先で収入増加が見込めないのならば、ほかで収入を得ればいいんです」

 インターネットの普及とともに、在宅でできる副業はバリエーションが増え、稼げる仕事も増えてきた。なかには、副業で本業以上に稼ぐ強者もいる。ファイナンシャルプランナーで節約アドバイザーの丸山晴美さんが話す。

「フリマアプリの『ミンネ』や『メルカリ』で手作りのアクセサリーを販売して、月80万円以上の副業収入を稼いでいる会社員の人もいます。かくいう私も会社員だったのですが、自身の節約術が雑誌に紹介され、取材を受けているうちに、節約アドバイザーが本業になっていました(笑い)。誰でも、副業がメインの収入源になる可能性はあります」

 家計も緊急事態。稼げるならば、やらない手はない。

スマホを窓口にして儲ける!

 主婦にとっても、インターネットが普及する前は副業を見つけるのは大変だったが、いまは探しやすくなった。

「昔は求人雑誌を購入したり、ハローワークに足を運ぶしかありませんでした。限りある情報から自分に合った仕事を見つけるのは簡単ではなかった。いまは副業サイトや、求人側と働き手を結びつけるマッチングサイトがインターネット上にたくさんあります。

 いかにネットを駆使して、その中から、よりよい仕事を見つけ出すかが勝負。自分がインターネットに詳しくなくても、夫や子供に助けてもらってネットへのアクセスは最低限確保しましょう」(山田さん)

 パソコンが苦手な人でも、スマートフォンが操作できれば充分だ。連絡ツールとしておなじみのLINEにも、求人情報を提供する「LINEバイト」などのサービスがあり、LINEのアプリ上で手軽に探すことができる。

「在宅ワークは特に、スマホやパソコンが必需品です。しかし、パソコンを持っていない場合はわざわざ購入するとお金がかかるし、結局、使いこなせないともったいない。まずはスマホで始められる仕事から探すと、そこが窓口になって世界が広がっていくはずです」(丸山さん・以下同)

 何事も、まずは情報収集から。別掲の図は、女性向けの副業の収入と難度をマップ化したものだ。スマホを片手に、いろいろと調べてみよう。

※女性セブン2021年2月4日号