当たり前のように捨てている不用品が、立派な“資産”であることを知らない人は多い。フリマアプリでは、自分で値づけして出品することが可能であり、自分にとっての不用品を、販売してリユースすることで、ちょっとしたお金を得られるのだ。

「メルカリ」「ラクマ」「ペイペイフリマ」「ヤフオク!」など、複数存在しているフリマサービス。リユースに挑戦するなら、「どこに出品するか」が重要だ。主な出品サイトの特徴を知っておきたい。オールアバウト・フリマアプリガイドの川崎さちえさんはこう話す。

「買い手はあらゆるアプリやサイトを見比べて、安いものや状態のいいものを吟味します。つまり、ある程度人気のある商品や有名ブランドのものなら、どこに出しても売れる。自分にとって使い勝手のいいところを選んでください」

初心者ならメルカリで「リユース入門」

「初心者にはメルカリがおすすめ」と、専門家は口をそろえる。フリマアプリの達人・中野有紀子さんが語る。

「手数料が販売価格の10%と、ほかより高めですが、利用することでdポイントが貯まり、使うこともできます。また、商品の写真を入れてバーコードを読み込むだけでタイトルを自動で入れてくれたり、説明文の例文が出たりするので、初めてでもスムーズに出品できます。商品の破損や配送ミスなどのトラブルがあっても、メルカリが間に入ってくれるという安心感もあります。

 また、偽物や不正な出品の取り締まりも厳しく迅速なので、出品者にとっても買い手にとっても安全度が高い。発送方法には、宅急便の『らくらくメルカリ便』とゆうパックの『ゆうゆうメルカリ便』があって、扱うコンビニなど、自宅や職場から近い方を選べばいい。また『らくらくメルカリ便』はサイズによって集荷もしてくれます。当日でも時間指定できるので非常に使いやすい」

 取引の簡単さに加え、ユーザー数も多いので、出品すると比較的すぐに売れやすい。ネット古物商を営む、リサイクルアドバイザーでネット販売講師の泉澤義明さんが説明する。

「かつては若い女性が多い傾向にありましたが、いまはシニア層も使っています。慣れたら5分くらいで出品できてしまいます」

おしゃれ感度が高いならラクマで出品

 メルカリに慣れてきたら、中級者向けのラクマに挑戦してみてもいい。メルカリに比べると利用者数はやや少ないが、手数料は6.6%と安くなっている。

 運営母体が楽天なので、利用することで楽天ポイントが貯まり、ラクマでの買い物の際にポイントを使うことができるのも魅力だ。

「利用者の中心は、楽天を使ったネットショッピングに慣れている人。特に、おしゃれに目の肥えた30〜50代の買い手が多い。着られなくなったものを次の世代に譲るイメージです。洋服やジュエリー、バッグなどはメルカリで売れなかったものが、ラクマだとすぐに売れることもあります。

 ただし、ラクマには不良品を売ろうとする悪質な出品者も少なからず紛れていることもあり、だからこそ買い手の目がシビア。きちんとしたものを出さないと、不良品と疑われて売れないこともある。写真もメルカリでは10枚載せられるのに対し、ラクマは4枚までしか使えないので、撮り方や商品説明にはとくに気を配る必要があります」(中野さん)

高額品はペイペイフリマで手数料を抑える

 ヤフー系列のペイペイフリマは、手数料の安さが魅力。販売価格の5%で済むので、高額な商品を売るときは特にペイペイフリマがお得だ。

「利用者の男女比は半々で、年齢は30代以上の人が多いといわれています」(川崎さん)

 同じヤフー系列のヤフオク!と併用している人も多いため、出品傾向などはヤフオク!に近い部分があるといえそうだ。

限定品や趣味のものはヤフオク!に高額出品

 ヤフオク!は、前出の3つのサービスと異なり、オークション形式を取る。買い手は出品されたものの「入札者」となり、落札希望者が多ければ多いほど値上がりしていく仕組みだ。そのため、ユニクロの限定商品や、バイクやゲームなどのホビー用品、アイドルグッズなどの、ややマニアックな出品が多い。

「出品カテゴリーが多く、自費出版の本やイラスト、メルカリでは出品できないような〝エアコンを取りつけます〟といったスキルまで取引されています。入札額がどんどん上がっていって、購入期限ぎりぎりまで粘って落札するといったゲーム性が男心をくすぐるのか、ヤフオク!は男性の利用者が多い印象です」(泉澤さん)

 出品するものの傾向などで使い分けたいが、ここで注意点が1つ。

「1つの商品を複数のフリマアプリで同時に出品するのはルール違反です。メルカリで売れなかったら、出品を取り消して、改めてペイペイフリマに出品し直す、といったやり方にしましょう」(川崎さん)

 また、10万円を超えるような高価なものは、適正な価格をつけるのが難しい。プロの査定士がいる買取業者に売った方が安心だ。

※女性セブン2021年2月11日号