コロナ禍でステイホームを余儀なくされているいま、空いた時間を利用して、家の中の片づけに勤しむ人も多いだろう。使わない食器、着ていない服、古い家電などが山ほど出てきても、使わないから捨てるというのはもったいない。自分にとっては不用でも、フリマアプリなどで売ることで“お宝”に変わる可能性もあるのだ。

 もちろん売り方には、コツがある。『リユース革命 「使わない」モノは「今すぐ」売りなさい』(幻冬舎)著者の木暮康雄さんが運営する日本最大級の買い取り比較サイト「ウリドキ」では、売りたいものの詳細を入力すると、古物商の資格を持つプロが査定してくれる。

 木暮さんによれば、リユース品は査定額が高いものから順に「ハイリユース」「ミドルリユース」「アンダーリユース」の3つに区分けできるという。10万円を超えるものは「ハイリユース」となり、一方で数十〜数百円程度のものは「アンダーリユース」となる。とくに、自分で値つけをしてフリマアプリに出品して利益を得やすいのは、「ミドルリユース」にあたるものだという。

「10万円を超えるようなハイリユース品には、出品者自身で適正な値つけをするのは難しいもの。また、メルカリなど個人間の売買では、高いものだと購入に慎重になるので、売りにくいのです。ハイリユース品は、プロの査定士がいる買取業者に売った方が、真贋鑑定などもしているため、結果的には高く買い取ってもらえるはずです」(木暮さん・以下同)

 一方、安いものはたくさん売らないと充分な利益が出ないため、買取原価率が下がり、リサイクルショップなどでは安く買い叩かれてしまうことも少なくない。

「業者に持ち込むと、中古販売価格の20〜50%くらいの値段で買い取ってもらえますが、もっと安い場合もあります。たとえば、リサイクルショップが1枚100円で買い取った服を1000円で売れば、90%が利益になる。自分で一つひとつ販売するのが面倒でなければ、あなた自身が、その服を欲しいという人に直接1000円で売った方がいい。もし、まとめてたくさんの不用品を一度に売りたいというときは、買取業者がおすすめです」

「すぐ買って、すぐ売る」が家計を助ける

 出品するときは、商品を「値段が高い」「値段が安い」「機能的」「情緒的(季節や流行に左右されやすいもの)」と分類すれば、値つけがしやすい。

 高くて機能的なものとは、スマホやカメラ、高くて情緒的なものはブランドバッグや宝石、安くて機能的なものは書籍、安くて情緒的なものは服やベビーカーといった具合だ。この中でも特に売りやすく買い手が多いのは、「安くて情緒的なもの」だという。

「安いものはメルカリなどのフリマアプリの方が利益になりやすい。特に服など情緒的なものは、季節や流行でニーズが移り変わるので、買い手がつきやすいのです」

 リユースを習慣化すれば、「いつか売ること」を前提としてものを買うようになることも、大きなメリット。たとえば、“子供服は着られる期間が短いから安いものでいい”と考えるのではなく、上等なものを買って短い期間を楽しみ、サイズアウトしたら即、きれいなうちに売る。そうすれば、新品とさほど変わらない高値で売れることも。

 よく吟味する「買い物上手」になり、手放す習慣も身につくので、家に不用品がたまりにくくなる。もちろん、手元のお金も増える。

 令和3年は、ぜひ家計に革命を起こす「リユース」元年にしてほしい。

※女性セブン2021年2月11日号