2月も終わりに近づき、大学受験シーズンもまもなく終了。大学受験の人気には時代ごとに流行があるが、安定して高い人気を誇るのが医学部だ。病で苦しんでいる人を助けるという使命感に加え、社会的ステータスも高く、収入も高いのが医者という職業。しかし世の中には医師免許を取得していながら、医者として働いていない人もいる。いったいどんな事情があるのだろうか?

 現在、神奈川県川崎市に住むKさん(40代/女性)は、現在、主婦として暮らしている。近畿地方で開業医を営む父を持つKさんは、2人姉妹の長女。父の希望は男の子に家を継がせることだったが、女の子しか生まれなかったため、Kさんが医者の道に進んだ。Kさんは現役で大学に合格し、20代半ばで東京の大学病院で医師デビュー、30歳で結婚した。

「夫は製薬会社勤務で、病院に出入りしていて知り合いました。父は私に医者と結婚して欲しかったようでしたが、そこまで口出しされる筋合いはありません。父はたびたび『病院を継がないか?』『このままでは病院を畳むことになる』と言っていましたが、地元に帰るなら夫は仕事を辞めなくてはいけません。頑なに拒否したため、実家との関係は最悪でした」(Kさん)

 妹が医者と結婚すれば八方丸く収まるが、そこまで周囲の思い通りにはならないもの。妹が医者とは無関係の自営業の男性と結婚してしまうと、父親のイライラは募り、家族関係は崩壊しかけた。だが、Kさんの息子が状況を一変させる。

「結婚数年後に男の子が生まれました。その頃は父も、私が病院を継ぐことを諦めていましたが、息子が中学に入り、医者という仕事に興味を持つようになると、父は俄然はりきり、『この子を医者にする!』と言い始めました。私も、父の病院を継がないことには後ろめたい思いがあったので、仕事を辞めて、息子のサポートに回ることにしました」(同)

 父は孫が医学部に進んだ折には金銭援助することを約束し、夫も息子が夢に向かって進むことには大賛成。夫の会社は超大企業で生活も安定していることもあって、Kさんは医師をやめて家庭に入ることを決断、今では家事や息子の塾の送り迎えなどに忙しい日々を送っている。

紆余曲折を経て夢を叶えたが…

 医者は“診る”のが仕事だが、時に“診られる側”に回ることもある。東京都町田市に住むMさん(40代/男性)は、現在休職中。医者の仕事を離れて、すでに5年以上経過している。

 父親が自営業を営み、裕福な家に育ったMさんは、幼い頃から医者になるのが夢だった。成績も優秀で、中学受験では志望する進学校に合格したが、高校に入ると夢がブレ始める。ロックにハマってしまい、バンド活動に熱中。「音楽で食べていきたい」と言い始めたのだ。

 海外留学したいと訴える息子に出した親の折衷案は、「とりあえず大学に行きなさい」というもの。私立の文系学部に進み、卒業する頃には音楽熱も冷めていたが、ここで時代がMさんを翻弄する。Mさんが就職活動をした年は、氷河期の真っ只中だった。

「自分が通っていたのは、私大で偏差値が最上位に位置する大学でしたが、私は就職活動がちっともうまく行かず、落ち込む毎日でした。そこで思い出したのが、医者という道です。両親に相談すると、挑戦を応援してくれるとのことで、医学部受験を決意。学士入学することができ、30代直前で医者になりました」(Mさん)

 紆余曲折はあったものの、幼い頃からの夢を叶えたMさん。それもこれも、恵まれた家庭環境があってこそだが、人生は思うようには進まない。Mさんにはちょっと困った問題があった。

「昔から神経質な面があって、例えばバンドのメンバーのアパートに遊びに行っても、雑魚寝ができないなどの問題があったのですが、医者になってその傾向が一気に強まってしまいました。病院には毎日、多くの人がやって来ますが、中には衛生状態が酷い人もいます。ほんの少しでもそういう人を“イヤだな”と思ってしまう自分がイヤで、結果的に“プシって”しまったんです」(同)

“プシる”とは、医者の業界用語で精神疾患を患ってしまうことを指す。繊細なMさんはうつ病と診断され、現在も静養に努めている。

多才であるがゆえに…

 医者の社会的地位の高さは説明するまでもないが、医者とて人の子。やりたいことが変わった人や、医者をやりながら別のことをやる人はいくらでもいる。

 例えば国会議員の中には、医師免許を持った議員が数多く存在し、自民党、公明党、立憲民主党、共産党のいずれにも“医師免許を持ったセンセイ”がいる。中でもその経歴が注目を集めるのは、自民党の古川俊治氏。古川氏は、慶應大学医学部を卒業して医者になり、30代で司法試験に合格。さらにMBAも取得している。

 別の世界に目を向ければ、漫画家の手塚治虫さん、作家の渡辺淳一さん、宇宙飛行士の向井千秋さんなどが医師免許を持っており、文豪・森鴎外や安部公房も東大医学部出身。先日、ワイドショーなどを賑わせた、『news23』(TBS系)の小川彩佳アナの夫で、医療ベンチャー『メドレー』の代表取締役だった豊田剛一郎氏も、医師からビジネスの世界に転じた人物だ。

お金があるので「働く気が起きない」

 東京都渋谷区に住むAさん(30代/女性)は、現在、資産管理会社の役員という名目でほぼ遊んで暮らしている。

 Aさんは父親が開業医。父の姿を見て育ったAさんは自然と医者の道を志したが、現役で難関医大に合格すると、両親が浮かれまくってしまう。ご褒美とばかりにお小遣いを与えまくり、とことん甘やかすようになってしまったのだ。Aさんをよく知る同級生がいう。

「Aは大学時代、次々と外車を乗り換え、身の回りの品はブランド品だらけ。10年ほど前には、100万円以上する超高級携帯電話を使っていました。大学は何とか卒業し、国家試験にも受かりましたが、それっきり。クリニックを経営している親は駐車場やマンションなどを持っていて、それだけでも十分生活ができるので、『働く気が起きない』と言っていました。

 最初は周囲の人間が『せっかく医師免許を取ったのだから、きちんと医者として働くべきでは?』と説教していましたが、今では『やる気のない医者に診られたら、患者が気の毒だし危ない』と、見て見ぬフリをしています」(Aさんの友人)

 医学部受験でAさんに敗れ去った人がひとりいると思うとやるせないが、彼女がどんな人生を歩もうと、それは本人の自由。現在独身だが、「寄ってくる男はお金目当ての怪しげな人ばかり」(友人談)だそうで、何もかもが思い通りにいっているわけではないようだ。