現在、2種類のバレンタインジャンボ宝くじが、全国の宝くじ売り場と宝くじ公式サイトで、1枚300円で好評発売中だ。バレンタインジャンボは1等前後賞あわせて3億円、バレンタインジャンボミニは1等前後賞合わせて3000万円、1万円以上の当せん本数は、2つのバレンタインジャンボ合計で50万本以上となっている。

 さて、バレンタインといえば甘いチョコレートを連想するだろうが、今回のバレンタインジャンボミニもその名の通り、“甘い当せん確率”が特徴だ。今年度に発売された5種類のジャンボミニの中で、1等と前後賞の当たる確率が最も高く設定されている。

 具体的に各ジャンボミニの1等ならびに前後賞の当せん確率を見ていくと、ドリームジャンボミニ、サマージャンボミニ、ハロウィンジャンボミニは前後賞の設定がなく、当せん確率は1000万分の10。年末ジャンボミニは1000万分の12。そしてバレンタインジャンボミニは1000万分の15と、最も当たりやすくなっている。

 さらに、5万円以上が最も当たりやすいのもバレンタインジャンボミニだ。同じくその当せん確率を見ていくと、ドリームジャンボミニが1000万分の1010、サマージャンボミニとハロウィンジャンボミニが1000万分の410、年末ジャンボミニが1000万分の4012。そしてバレンタインジャンボミニが1000万分の4015となっている。

 1等前後賞あわせて最高3億円が当たるバレンタインジャンボも魅力的だが、ちょっとした贅沢を高確率で狙いたいなら、ミニの購入割合を多くする手もあるかもしれない。

 なお、今年のバレンタインジャンボ宝くじの販売期間は3月5日までとなっているが、大安や一粒万倍日などの吉日とされている日(2月22日、27日、28日など)や最終日は、混雑が予想される。密を避けるという意味でも、余裕をもって早目に購入し、3月12日の抽せんを待つように心掛けたい。