幼稚園や小学校などへの入園・入学準備が本格化する季節を迎えた。指定の制服や体操着、持ち物袋など、家庭で用意する身の回り品は多い。この春、長男、次男がそれぞれ小学校と幼稚園に入るという30代専業主婦に、フリーライターの吉田みく氏が話を聞いた。

 * * *
「私、息子に可哀想なことをしようとしていたんでしょうか……」。埼玉県在住の専業主婦、中田あゆみさん(仮名・33歳)は、ママ友から言われたあるひと言がきっかけで悩んでいた。中田家は、夫と6歳と3歳の息子の4人家族だという。

 中田さんの息子たちは、今春から小学校と幼稚園に通い始める。現在はその準備に追われているそうだ。特に面倒だと嘆いていたのは、制作物やカリキュラムで必要な物品を入れるレッスンバッグ。慣れないミシンの操作はストレスの塊だと話していた。

「事の発端は、次男と同い年の子供を持つご近所ママ(以下、Aさん)との何気ない会話。幼稚園準備の話になったとき、『我が家は長男のおさがりを使うからあまり準備がいらないの』と話したら……、『次男くんはおさがりで、長男くんは新品?……それってかわいそうじゃない?』と、少し怪訝な表情で言われてしまいました」(中田さん、以下同)

 長男のおさがりを使おうとしていたものは、体操服と制服とお弁当箱だった。全体的に使用感はあるものの、目立つ汚れや破れなどはないという。周りのママ友も兄弟姉妹のおさがりを使っていたこともあり、Aさんからの一言に、中田さんはびっくりしてしまったそうだ。

 だが中田さんの話を聞く限りでは、Aさんの考えは少数派のように感じる。聞き流すことはできないのだろうか。

「Aさんは私よりも年上で、ご近所の中でもボス的な存在。噂話が好きなようで、よく色々な話題を口にしています。おさがりの話題がきっかけで、『中田さんはお金に困っている』なんていう噂をされかねません。子供は同い年、それに自宅は持ち家なので、簡単には引っ越せない。すぐに関係を断つことはできないです」

 Aさんから何か言われるのではないか、という恐怖があると話す中田さん。とはいえ、まだ使えるものを使わないのはもったいないとは思っているそうだ。おさがりを使わずに全て新品で買い揃えると、総額3万円程度。特に体操服と制服が高価という。そこで考えたのが、新品を購入したと嘘をつく作戦だった。中田さん曰く、ほぼバレることはないとのこと。しかし、その件を夫に話すと、「やめたほうが良い」とハッキリ言われたという。

「夫は、『その嘘がバレた時が一番大変。別におさがりは恥ずかしい事ではないから、Aさんを気にせずに使えばいい』と言いました。確かにそうかもしれないですけど、女性同士のことが分かってないなぁって感じです……」

 話を聞けば聞くほど、Aさんからの見られ方が気になって仕方がないことが伝わってきた。そして、徐々にAさん側の考え方にシフトしているような発言も。

「確かに、長男だけ新品って、兄弟の中で差がついてしまって良くないのかもしれないですね。Aさんの言う通り、新品を買ってあげたほうが良い気もしてきました。でも夫にはどのように説明したらいいか悩んでしまいます……」

 子供の成長スピードが早い分、寿命が短い子供用品。おさがりと新品を上手に使い分けながら、費用が浮いた分を子供の将来の学費などに回すのも手かもしれない。