現在、宝くじ「バレンタインジャンボ」が発売中(3月5日まで)だが、宝くじファンのみならず誰もが気になるのが“当たりやすい”と言われている売り場だ。なかには、「縁起が良い」販売員がいる、知る人ぞ知る売り場も全国に存在しているという。

「宝くじファンから『宝くじ七福爺』と呼ばれる“秀じい”のおかげで、ジャンボの発売期間中は行列が途切れない人気売り場です。秀じいは、何人もの高額当せん者を出した“億売り”の実績者なんですよ」

 宝くじ研究家の山口旦訓さんはそう熱弁を振るう。

 JR浅草橋の東口駅前にある『浅草橋東口駅前売場』(東京・台東区)。3つあるボックスの左端を担当するのが“福男”の森秀夫さん(89才)だ。売り場担当者の話。

「秀じいは4月で90才になる現役最年長の販売員です。毎朝8時から夜7時まで、雨の日も風の日も売り場に座っています」

 売り場にはたくさんの鈴がぶら下がっている。実はこの鈴、これまで高額当せんした客からのお礼だそうだ。

「購入されたくじは、この鈴束にこすりつけて渡します。新たに当せんしたかたが、また鈴を持ってきてくれるので、どんどん運気が集まっていますよ」(売り場担当者)

 今年のバレンタインジャンボは3月5日まで発売中だ。1等2億円、前後賞を合わせると3億円が9本当たる「バレンタインジャンボ宝くじ」と、1等2000万円に前後賞を合わせて3000万円が25本当たる「バレンタインジャンボミニ」がある。

 新型コロナの影響も相まって、インターネットで宝くじを購入する人が年々増えているという。しかし山口さんは「宝くじは売り場で買うべき」と断言する。

「高額当せんにはツキが不可欠です。開運祈願など、売り場側の努力はツキに大きく影響します。また、高額当せんを出して勢いに乗っている売り場や、話題の多い売り場に幸運が舞い降りる傾向があります。販売員が持つツキも含め、可能な限りすべてのご利益にあやかるべきです」(山口さん)

 冒頭の“秀じい”がいる売り場は、2016年のサマージャンボで1等・前後賞の7億円、2016、2017、2018年の年末ジャンボで3年連続となる2等1000万円を出した。高額当せん額の累計は、24年間で24億円超だという。

 JR立川駅北口、伊勢丹立川店2階にある『立川CC』(東京・立川市)の累計当せん額は15億円に達したという。

「その売り場には福居さんという販売員がいます。いつでも“福”が“居”るわけです」(山口さん)

 店頭の椅子には、福居さんにあやかり、“福”の字を縫い付けた座布団が置いてある。

「この座布団は、福生七福神で知られる『熊川神社』(東京・福生市)でご祈祷したものです。2011年に設置した途端、複数のジャンボ宝くじで1等が出ました。いまでは購入後に座布団に座って開運祈願するのが定番です」(鈴木昭彦店長)

 大阪には「縁起のよい名前の販売員を集めている伝説の売り場がある」(山口さん)という。大阪駅から電車で30分ほど、近鉄布施駅近くの商店街にある『布施ポッポアベニューCC』(大阪・東大阪市)。1998年から2020年までの22年間で、20人の億万長者が誕生し、その総額は47億円というから、まさに伝説の売り場だ。細野敏巳店長に「縁起のよい名前の販売員」について聞いてみると──。

「大黒さん、恵美須屋さん、福徳さん、大冨さんです。この4人は“福娘”と呼ばれる人気販売員。ジャンボの前にはみんな揃って布施戎神社で必勝祈願をしています」

 福娘にはこんな逸話があるという。

「50万円分購入しようとした人に、福娘が“あと1万円分買うと、キリよく1700枚になります”とアドバイスしたところ、それが見事に大当たり。追加した1万円分の中に、2等1億円が含まれていたことがあるんです!」(山口さん)

 東北では、新たな売り場が脚光を浴びているという。

「2020年10月、“販売員のEさんが1等・前後賞5億円をもたらした”と河北新報や宮城テレビで報じられたのです」(山口さん)

 人呼んで“運がEさん”。仙台駅から徒歩3分の『仙台駅東口CC』にEさんが異動したのは2020年4月のことだった。ご本人は匿名希望なので、イニシャルで呼ばれている。

「Eさんは、『卸商団地CC』(宮城・仙台市)で販売員をしていた2014年、2015年と2年連続で年末ジャンボの1等前後賞を販売。さらに、2018年にはロト6で6億円を出しました。そして、Eさんがいまの職場に異動したその年にハロウィンジャンボで1等・前後賞が出ました。新たに“億売り”販売員となったEさん目当ての購入者が列をなしています」(山口さん)

 人に宿る運も頼りに、3億円を狙ってみてはいかがだろうか。

※女性セブン2021年3月11日号