4月からの子供の進学や就職で夫婦2人だけの生活が始まる家庭もあるだろう。特に就職などで子供が独立するなら、今まで「もしもの時に家族を守るため」に加入していた生命保険の保障内容を見直す時期かもしれない。

「子供の独立後は、生命保険を“子世代に迷惑をかけないため”の保障内容にシフトするとよい」と助言するのは、総合保険代理店R&Cの金山亮佑氏だ。

「60歳以上で夫婦2人で生活している場合、今後考えるべきは自分たちの『介護費用』や『葬式費用』。そのためのお金を保険を使って残せるようにしておく。逆に言えば、それ以外は整理したほうがいいということです」

 整理する方法としては大きく2つあり、ひとつは不要になった保険の解約。もうひとつは保障内容を減らすことで、解約することなく保険料の払い込みを停止できる「払い済み保険」の仕組みを使うことだという。

「病気や事故などで働けなくなる場合に備える『就業不能保険』は、子育て期間中は重要ですが、子供が独立すれば不要になる。これを解約し、毎月の保険料数千〜1万円が節約できます。

 一生涯の保障が続く『終身保険』は万が一に備えるものでもありますが、子供の独立後も保険金を増やす必要はない。保険料支払いが残っているなら、解約ではなく『払い済み』に契約変更しましょう。その分、保障内容は当初より減額されますが、仮に大病を患ったとしても公的保険の高額療養費制度が利用できるので医療面の備えは問題ありません。これで月額数千〜1万円程度が節約できます」(同前)

 同様に、保険会社の運用実績により受け取る保険金や解約返戻金が変動する「変額保険」も、「払い済み」にすることで月々の保険料を浮かせることができるという。

「『変額保険』は運用実績が悪い時期に『払い済み』にすると受け取れるお金が減る恐れがあるのでプロへの相談が必須ですが、これで大体1万〜2万円が節約できる。こうした見直しで、月々2万〜4万円程度の生命保険料が削減できます」(同前)

 生命保険だけではなく、医療保険も見直す必要がある。

「医療保険は、60歳を過ぎたらよりシンプルにするのがお勧めです。高額療養費制度を利用すれば、入院時に気になる主な出費は差額ベッド代(※注)や食費など。

【※注/患者の希望によって個室に入る際に生じる「差額ベッド代」は高額療養費制度の支給対象外】

 これらは日額数千円で済むので、加入中の医療保険が『入院日額1万円、手術1回20万円』給付なら、『入院日額5000円』まで絞っていいでしょう。これで月々2000円ほど保険料が圧縮できます」(同前)

 合計すれば年間で50万円近い節約が見込める。

※週刊ポスト2021年4月2日号