特売品を狙ってスーパーマーケットに行っては、クーポンを駆使して、できるだけ安く買い物をする──。あらゆる手段を使って節約を試みているのに、なぜかお金が貯まらない。そんな人は、間違った節約術に力を注いでいるのかも。あなたも知らずにやっているかもしれない、お得なようで実は損する節約術を専門家に洗い出してもらった。ここでは食品、日用品に絞って紹介する。

買い物回数を減らして無駄遣いを削減

 コロナ禍の外出自粛の影響で、買い物に出かける回数が半減した節約アドバイザーの丸山晴美さん。ところが、これが最大の節約になったという。

「買い物に行くと、特売情報に惑わされたり、レジ横の菓子など予定外のものまでつい買っていました。ところが、コロナ禍で外出時間と回数を減らした結果、必要なものだけを素早く買い、特売品やお得情報を見ないようになったんです。その結果、食費は2万円減。食材も使い切れるようになり、一石二鳥。この習慣はアフターコロナでも継続するつもりです」

ポイントアップデーより割引デーを狙う

 スーパーマーケット(以下スーパー)などで開催される「ポイントアップデー」。しかし、ポイントはアップされてもあまり得しない。むしろ、「商品価格より〇%割引」の方がお得だと、丸山さんは言う。

 たとえば、商品価格が1000円の場合、5%引きだと950円+消費税95円=1045円。一方、ポイント5倍デー(100円で1ポイントの場合)では、50Pがつくが、1000円+消費税100円=1100円なので、実質的には1100円−50円=1050円に。したがって、商品5%引きの方が5円得する。

「ポイントは有効期限内に使わなければ無駄なので、再度買い物をしないとなりませんが、割引だと確実に値下げの恩恵を受けられます」(丸山さん)

野菜の袋買いはしない

 袋に数個入った野菜は、単価は安いが、夫婦2人暮らしなどで食べ物を大量に消費しない家庭では、使い切れないことも。家計簿・家計管理アドバイザーのあきさんがいう。

「野菜は、調理する日かその前日にバラ売りで購入した方が、単価が高くても総額では節約に。袋買いするならすぐ下ごしらえをして冷凍保存を」(あきさん)

業務用スーパーを過信しない

 業務用スーパーは安いと思いがちだが、グラム単位で考えると安くない商品もあるので注意。

「使い切れないと廃棄分が損に。欲張らないで食べ切れる分を買いましょう」(丸山さん)

半額シールに手を出さない

 夕方のスーパーに登場する値引きシールを狙っている人も多いだろう。

「必要なものなら買ってもいいですが、そうでないなら、半額でも出費には変わりないことを忘れないで。買う予定のなかった半額商品を年間でいくら分買ったか計算すると悪習慣から抜けられますよ」(丸山さん)

スーパーのはしごはしない

「10円でも安いものをと、交通費やガソリン代、時間をかけてスーパーをはしごする人もいますが、その手間と時間、費用を考えたら、安くなった食費と帳消しになりかねません」(丸山さん)

 丸山さんが実践したように買い物の回数と時間はなるべく減らした方が、節約につながる。

まとめ買いはしない

「ビールを箱買いするなど、まとめ買いするとあるだけ飲んでしまい、肥満や無駄遣いのもとに。必要な量だけ買いましょう」(ミニマリストの森秋子さん)

【プロフィール】
丸山晴美さん/節約アドバイザー。小学生の子を育てつつ、ファイナンシャルプランナーとしても活躍。主な著書は『シングルママの「お金に困らない」本』(徳間書店)など。

あきさん/家計簿・家計管理アドバイザー。3人の子供を育てつつ、ブログで家計診断も行う。著書に『スマホでもできる あきの新ズボラ家計簿』(秀和システム)。

森秋子さん/ミニマリスト。非常勤職員やアルバイトなどを行う主婦。ブログの執筆も。新著に『ミニマリスト、41歳で4000万円貯める』(KADOKAWA)。

取材・文/桜田容子 イラスト/やまなかゆうこ

※女性セブン2021年4月1日