電気代や通信費、契約している定額サービスなど、毎月一定以上かかるお金を節約したいと考える人は多い。とくに新電力の参入や、携帯電話各社の新プラン登場があった昨今、それらを活用した節約方法も注目されている。

 そこで、節約のプロたちに、そんな最新事情を踏まえた水道光熱費、通信費、定額サービスでの節約術を教えてもらった。

プラグは抜かない:待機電力が0円の製品も

 電化製品のプラグは、使用後コンセントから抜いた方が節約になる、というのはもう古い。

「ここ数年発売された電化製品の多くは待機電力が0円。まずは製品に待機電力0円の記載がないか確認を」(家計簿・家計管理アドバイザーのあきさん)

電力会社の切り替えは要注意:市場連動型プランだと電気代が10倍になるケースも

 2016年の電力小売り全面自由化に伴い、電気代の支払先となる契約会社は、東京電力などの大手電力会社以外からも選べるようになった。新電力が打ち出す割安プランに引かれて乗り換えた人は、契約時に、『市場連動型プラン』を選んでいないか確認を。これは日本卸電力取引所の取引価格に連動したプラン。昨今は電力の需要が増えたことなどで市場価格が高騰し、同プランの人は、電気代が10倍まで跳ね上がっているケースもあるのだ。見直して乗り換えを。

暖房を切る・切らない問題は時間次第:30分以内の外出ならつけっぱなしの方が安い

 エアコンは、設定温度を維持するよりも、運転を開始した直後の室内温度と設定温度の差が大きいときの方が電力を多く消費するため、つけっぱなしにした方がお得だという。実際、家電メーカーのダイキンが行った試算によると(別添の表参照)、30分以内の外出ならつけっぱなしにした方が消費電力の量は小さく、電気代が安いことがわかった。一方、長時間外出する際や夜間の就寝時は、つけっぱなしにするよりも消した方が安いという試算結果に。

スマホなどの大容量プランは損:データ通信量を確認して見直しを

 スマホの料金プランには、「50GBまで」など、動画視聴などでデータ通信量を多く使う人向けのプランがある。

「まずはデータ通信量の確認を。通話やSNS、ウエブ閲覧しか使わないなら2〜3GBしか使っていないはず。安いプランに変更を」(節約アドバイザーの丸山晴美さん)

クレジットカードはポイント還元率より年会費の有無に注意:使わなくても年会費は確実にかかる

「クレジットカード(以下、クレカ)はポイント還元率が高いとお得そうですが、ポイントを使い切る必要があるのが難点。また、クレカを使わないとポイントが貯まらないので、買い物をしないと恩恵を得られません。一方、年会費は使わなくてもかかるので、年会費のないものを選んだ方が得策です」(丸山さん)

気になる家電は買う前にまずレンタルで試すべき!:期間限定で使うものもレンタルで

 思い切って買ったものの、使いづらかったりして、たいして使わないうちにほこりをかぶってしまった家電はないだろうか。

「気になる家電があれば、すぐに買う前に、まずは一定期間レンタルできるサービスで試すことをおすすめします。その上で本当に必要だと感じてから、購入する方が、無駄にならずにすみます」(丸山さん)

 花粉症シーズンだけ空気清浄機を借りるなど、期間限定で使いたいときにもお得だ。春からひとり暮らしを始める家族がいる場合も、単身者用のレンタルサービスがあるので、借りるか買うか、どちらがお得か検討してみては。

頻繁に使うなら定額制もアリ:使用頻度が減ったら即解約を

 動画の見放題、音楽の聴き放題など、毎月一定の金額を払って商品やサービスを利用するサブスクリプション。「見放題」「使い放題」だからお得と契約している人も多いが……。

「動画見放題なら、レンタルDVDに換算して何本見たら元が取れるかを計算し、元が取れれば契約していてもOK。使っていないようなら即解約を。ダラダラ続けるのはお金の無駄です」(丸山さん)。

 Amazonの「Amazonプライム」(年会費4900円)は対象商品の配送料や動画視聴料などが無料になるが、それで元が取れているかは「アカウントサービス」→「プライム」から確認できる。

【プロフィール】
あきさん/家計簿・家計管理アドバイザー。3人の子供を育てつつ、ブログで家計診断も行う。著書に『スマホでもできる あきの新ズボラ家計簿』(秀和システム)。

丸山晴美さん/節約アドバイザー。小学生の子を育てつつ、ファイナンシャルプランナーとしても活躍。主な著書は『シングルママの「お金に困らない」本』(徳間書店)など。

取材・文/桜田容子 イラスト/やまなかゆうこ

※女性セブン2021年4月1日号