贈答品として「ビール券」をもらったことはあるだろうか? これは全国酒販協同組合連合会が発行する、ビールと引き換えができる「ビール共通券」のことだが、実際に使おうとすると、とにかく混乱が多いという。東京から佐賀県唐津市に移住するにあたり、餞別として大量のビール券をもらったネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、実際にビール券を使って買い物した際の様々なパターンを紹介する。

 * * *
 私の場合、ビール大好き人間を公言してきたため、引っ越し時の餞別として大量のビール券をいただきました。本当に、示し合わせたかのように5人の方々がビール券をくれたのです。引っ越しからもうすぐ6か月、ようやく残り3枚となりました。

 券面に「缶350ml 2缶」「びん633ml 2本」と書かれた2種類があるのですが、これまで47年の人生でビール券をもらうことなどなかったため、「とにかくこの券1枚を会計時に渡せば350ml缶のビールを2本タダにしてくれるんだろうな」などと思っていました。が、事はそう単純ではありませんでした。実際に使おうとすると、店によって対応がまったく異なる現実があるのです。

 かなり多いパターンが、スーパーのレジ打ちの店員が「これって何?」と困惑する点です。ビール券を見て何をしていいのやら分からず、責任者やベテランを呼び、指示を仰ぐ。その間、レジ待ちの列は長くなり、いたたまれなくなって「もう、現金でいいです……」とこちらは言うことになります。ビール券には「有効期限2028年3月31日」と書いてあるので、あと7年あるから、その間にどこかで使えばいいのか、という感覚になります。

 同じスーパーであっても「扱いが分かる店員・分からない店員」がいます。ですからビール券を使う場合は、「前回対応してくれ、扱い方が分かっている店員」のいるレジを選ぶことになります。その店員がレジにいない場合はもう諦めて、現金払いにします。

 私がもらった「缶350ml 2缶」のビール券は、「488円分の金券」という扱いのようです。とはいえ、ビールの価格は店によって違います。1本168円の店もあれば、209円の店もあります。それでも、このビール券は「1本244円」という計算によって成り立っています。だからこそ会計時に混乱が起こりやすいのです。

 ビール券の裏に書かれた注意書きは多岐にわたりますが、その前に私がこれまでに経験した様々なパターンを紹介しましょう。注意書きを後で紹介しますが、それを読むとビール券の複雑さが分かるはずです。

【1】ビール2缶をとにかく引き換えてくれる。
【2】ビールを2本以上購入した場合、ビール券が「金券」として持つ価値(1枚488円)を総額から引いてくれる。たとえば、189円のビール2本と208円の卵を買った場合は189円×2本+208円−488円=98円となり、「ビール券1枚+98円」で会計する。
【3】酒類のみビール券の対象とし、他の食品を買った場合、ビールとその他の酒類のみ別会計になり、差額を支払う。この場合、焼酎等を別に購入する。
【4】たとえば350ml缶6本990円(消費税を加えて1089円)の店の場合、本来の6缶分であるビール券の総額である1474円では多過ぎるため、「3枚ではなく2枚使いますね」と1枚返され、4缶分である2枚(976円分)をビール券で支払い、残りの123円を現金で支払う。
【5】【3】の店では、「酒」だったらカウントするため、6缶+500ml缶1本をレジに持って行き3枚を出すと「71円お釣り出ませんがいいですか?」と聞かれる。そこで「ちょっと待ってください!」ともう1本取りに行くと、【4】同様、差額を支払うことになる。
【6】「ウチの店、ビール券扱ってないんですよ……」と、そもそも使えない。

 ……とにかく、店によって対応が違い過ぎるのです! では、ビール券のルールとはどのようになっているのでしょうか。「缶350ml 2缶」券の裏面に書かれた注意書きの中から、主な部分を紹介します。

【酒販店へ】
●本券ご持参のお客様に、本券と引き換えに券面表示のものをお渡し下さい。ただし、貴店の販売価格によっては、不足額を精算して下さい。

【お客様へ】
●本券は、全国の「ビール共通券・清酒券取扱店」の表示のある店舗で券面表示のものとお引換え下さい。ただし、店舗で取扱いのあるアサヒスーパードライ・キリンラガービール・サッポロ〈生〉黒ラベル・サントリーモルツと同等の缶ビール(350ml)2本に限らせていただきます。(後略)
●本券は、2020年10月1日現在の標準的小売価格(消費税を含む)に基づいて発行されておりますので、店舗の販売価格によっては、不足額をお支払いいただく場合があります。
●本券は、2028年3月31日を経過すると無効になります。

 ここで登場する「標準的小売価格」が「1本244円」(2本で488円)ということのようですが、私が行った店のビールは、すべてこれより安かったです。そこに差額が生じるため、上記【2】のように「ビール券を使うと買い物の総額が安くなる」という状況になります。

 さらに「アサヒスーパードライ・キリンラガービール・サッポロ〈生〉黒ラベル・サントリーモルツと同等の缶ビール(350ml)2本」とありましたが、2本はスーパードライにし、2本は高額なエビスビールにして、さらにスナック菓子も買うべく2枚のビール券を出し、追加の現金を払おうとしたところ、そのまま「488円×2」として総額からビール券2枚分の976円から引いてもらえました。

 というわけで、現在のビール券の扱いは「店によって違う」「人によって違う」「そもそもこれがなんだか分からない」という状況にあることがわかりました。ビール好きにとっては本当に嬉しい券なのですが、使う場合は色々と戸惑うこともあるかと思いますので、注意してお使いください。

【プロフィール】
中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう):1973年生まれ。ネットニュース編集者、ライター。一橋大学卒業後、博報堂入社。企業のPR業務などに携わり2001年に退社。その後は多くのニュースサイトにネットニュース編集者として関わり、2020年8月をもってセミリタイア。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)、『縁の切り方』(小学館新書)など。最新刊は『恥ずかしい人たち』(新潮新書)。