運転を妨げるほか、接触や事故につながる可能性の高い行為をする「あおり運転」が話題になることも多い。許されるべきではないこの危険行為に遭遇した場合、どう対処したら良いのか──。実際の相談に回答する形で、弁護士の竹下正己氏が解説する。

【相談】
 先日、運転をしていたら、後ろから来た車がパッシングをして追い抜いて行きました。その後、道をふさいで車を停止させていたので、仕方なく私も車を止めると、その人が車から降りてきました。そして、何かを怒鳴りながら私の方に詰め寄ってきて、ドアを蹴飛ばして戻って行きました。そのときの様子はドライブレコーダーに残っていますが、あおり運転の被害として警察に通報した方がよいのでしょうか。(39才・会社員)

【回答】
 昨年6月、道路交通法が改正され、妨害運転(あおり運転)に対する罰則が創設されました(運転妨害罪)。一昨年、あおり運転をした男性の言動の一部始終が動画でネット配信されて大きな話題になりましたが、以前から似たようなことはあったと思います。

 道交法では「ハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない」と、運転者の安全運転義務が定められています。しかし、やや抽象的なうえ、違反の罰則も3月以下の懲役または5万円以下の罰金で軽微です。頻発する危険なあおり運転を取り締まるには不十分でした。

 改正法は10の危険運転行為を妨害運転と定め、違反者を3年以下の懲役または50万円以下の罰金に処する、という厳しい内容になっています。しかし、これらの行為をほかの自動車の通行を妨害する目的で、妨害される自動車の道路上の交通に危険を生じさせるおそれのある方法でしたことが要件です。

 その中には、「車間距離を保たない異常な接近」「必要がない急ブレーキ」「禁止されている急な進路変更」「左側からの追い越しや無理な追い越し」等の典型的なあおり運転のほか、「高速道路での最低速度に違反したノロノロ運転や駐停車」などがあります。また、灯火についても「ハイビームを継続するなど減光義務に違反する行為」も含まれます。

 妨害運転であるというためには、あなたの車の通行を妨害する目的であったことが外見上明らかで、通行の危険を感じる程度であることが必要です。パッシングして追い抜く行為については、その追い抜き方が左側からの追い抜き、あるいは無理な追い抜きといえるものでなければ該当しません。停車して道をふさいでも、高速道路上でなければ妨害運転にはなりません。

 しかし、車間距離を取って走行しているときに、突然割り込んで急ブレーキをかけられて追突しそうになったり、ハンドルを切れば別の車や人などにぶつかる危険もあったとすれば、妨害運転に該当する可能性があります。

 刑事訴訟法では、公務員は職務に関して犯罪を疑ったときは告発する義務がありますが、それ以外は、「何人でも、犯罪があると思料するときは、告発をすることができる」と定められています。警察に届け出る義務はありませんが、今後の事故が心配であれば、警察への情報提供は有益なことだと思います。

【プロフィール】
竹下正己(たけした・まさみ)/1946年大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年弁護士登録。射手座・B型。

※女性セブン2021年4月8日号