東日本大震災から10年。未曾有の大災害を前に、皆が協力し合い復興に努める当時の人々の姿が改めてクローズアップされている。それは鉄道会社にとっても同様。被害を受けた鉄道会社を他の鉄道会社や鉄道関係者が率先して支援する動きが多く見られた。鉄道ジャーナリストの梅原淳さんが、震災で最も大きな打撃を受けたJR東日本と、同社を支えた会社や人々について振り返る。

 * * *
 2011年3月11日14時46分に発生した東日本大震災では、激しい揺れが各地で2〜3分余りも続いた。だが、JR東日本は大震災が発生して間もない4分後の14時50分に、東京本社に対策本部を設置。そのほか、各地の支社や線路の保守を担当するグループ会社、パートナー会社にも対策室を配置し、被害状況の把握に努めた。同社管内の新幹線、在来線の全線で列車の運転は見合わせとなり、対策本部はただちに線路や施設、車両の点検作業に取りかかった。

 対策本部が稼働を始めたのと同じ頃、JR東日本の清野智社長(当時)のもとにほぼ同時に2本の電話が入った。JR東海の山田佳臣社長(当時)と、JR西日本の故・佐々木隆之社長(当時)の2人だ。「必要なものがあれば何でも言ってください」。2人の社長は清野社長にそう話したという。

 対策本部の担当者たちは各線の被害状況を把握するため、線路やホームを歩いて回ったが、点検作業は困難を極めた。東北新幹線は線路の長さだけで675kmもあるうえ、沿線では余震が続き、停電や断水が発生してインフラが寸断されていたからだ。それでもJR東日本は、普段は線路の保守作業などに用いるディーゼル発電機を稼働させながらなんとか復旧作業に当たった。だが今度は、主要な道路が寸断され燃料の供給が止まり、燃料が早々に底を突きかける問題に直面した。

 清野社長は、山田社長、佐々木社長に連絡し、燃料が不足していることを伝えたところ、2人の社長は即座に支援を約束。JR東海、JR西日本両社の担当者を通じて燃料が集められた。両社が用意した燃料は、JR東日本子会社のJR東日本物流が手配したタンクローリーによって、各地の復旧作業が行われている場所へと無事運ばれたのだ。

 燃料だけでなく、両社は多数の人材も派遣した。JR東海は、同社関連会社の新生テクノスを通じて、JR西日本は同社子会社の西日本電気システムを通じて、どちらも約100人ずつ人員を送っている。

1日約8500人が復旧作業にあたる

 このほか、京浜急行電鉄と西日本鉄道も支援に名乗りを上げた。JR東日本と営業エリアが重なる京浜急行電鉄はともかく、東京から1000km以上離れ、福岡市内に本社を置く西日本鉄道の名前を聞いて意外に思う人は多いだろう。

 両社が支援したのは、東北新幹線の復旧に必要な検査測定用の車両や機器。東北新幹線の左右のレール幅は1.435mと、在来線や大多数の私鉄で採用されている1.067mよりも広く、JR東日本が困っているからといって保有している車両や機器を貸しても役に立たない。しかし、京浜急行電鉄と西日本鉄道は、ともに左右のレール幅がJR東日本と同じ1.435mの線路で営業を行っているため、名乗りを上げたのだ。

 支援の範囲を鉄道関係者まで広げると、東北新幹線の盛岡−新青森間の建設を担当した独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構も約50人、JRグループで鉄道専門の研究機関である公益財団法人鉄道総合技術研究は12人の人材を派遣。さらに、JR東日本と関係の深い大林組や鹿島建設、清水建設、仙建工業、第一建設、東鉄工業、日本電設工業、日本リーテックなどの建設会社(50音順)も続々と手を挙げた。これら企業の社員のなかには、自身や家族が被災するなか、「鉄道を1日も早く元の姿に戻したい」と駆けつけた人も多かったという。

 甚大な被害を受けながらも、49日後の4月29日には東北新幹線の全線で運転が再開。1995年の阪神・淡路大震災の時は81日、2004年の新潟県中越地震の時は66日であったから、いかに復旧が早かったかわかるだろう。その理由としては、先に起きた大震災の経験が生かされたこと、特に建造物の耐震基準が引き上げられたり、復旧を迅速に行える工法が開発されたことなどが挙げられる。

 だが、やはり大きな力となったのは、JR東日本の社員をはじめ、一番多い時には支援先を含めて1日に約8500人もの人たちが復旧作業に従事したことだろう。所属が異なる人たちが鉄道の復旧のために力を合わせる様子はまさに、鉄道でつながった「家族」そのものだったと思う。

【プロフィール】
梅原淳(うめはら・じゅん)/鉄道ジャーナリスト。大学卒業後、三井銀行(現在の三井住友銀行)入行。雑誌編集の道に転じ、月刊「鉄道ファン」編集部などを経て2000年に独立。現在は書籍の執筆や雑誌・Webメディアへの寄稿、講演などを中心に活動し、行政・自治体が実施する調査協力なども精力的に行う。近著に『新幹線を運行する技術 超過密ダイヤを安全に遂行する運用システムの秘密』がある。