結婚相手に求める条件は年収、性格、容姿など人それぞれだろうが、特に「お金」にこだわり、「お金のために結婚を決めた」と断言できる人も少なからずいるようだ。

 30代の女性・Aさんもその一人だ。2年前、大手メーカーに勤務する3歳年下の男性と結婚。今のところ夫の年収だけで夫婦が十分暮らしていけるため、Aさんは働きに出ず、自宅で手作りアクセサリーやバッグをネットで販売するなどして、お小遣い稼ぎをしている。

 ほぼ家にいて、掃除や食事といった家事の9割を担当するAさん。「本当に幸せです」と満足気だが、ここまでの道は平坦ではなかった。

「専門学校を卒業後、ブラック企業に就職してしまい、残業代はもらえないし、心身ともにボロボロ。実家に住んで派遣やアルバイトを転々としていましたが、体調を崩して、消えたくなりました」(Aさん)

 その後、どうにか専門学校時代に培った手芸スキルをもとに、フリーランスで月8万円程度を稼げるようになったが、家業が不振に陥ったことで転機が訪れる。

 Aさんの実家は狭いアパートに引っ越すことになり、そこにAさんの部屋はなかった。結局追い出される形になり、「今までの自分が甘かったといえばそれまでですが、貯金はゼロ。収入も一人暮らしはできないレベルだったので、絶望的でした」と振り返る。

 当時20代半ばだったAさんは、友だちの家に転がり込みつつ、夜の街でのバイトにも手を出した。さまざまな仕事を経験しながらお金を稼ぐうちに、Aさんは「お金があれば、不幸から逃れられる」と確信。性格や容姿などといった条件は一切無視し、「お金」を最重視して婚活を開始した。数打ちゃ当たる戦法で、合コンや結婚相談所などで次々と出会いを求めた。

「年収が高いだけではなく、なるべく大きい、安定していそうな企業に勤務していることも私にとっては大事でした。幸せはお金だけじゃない、という理屈もわかりますが、生活に余裕をもてるくらいのお金の安定は心の安定につながります。それを、身を持って学びました」(Aさん)

「結婚するなら、男だって相手に年収を求めたい」

「金銭面でのメリットがないと、結婚したくなかった」という男性もいる。20代の男性・Bさんは、都内の私大を卒業し、飲食業界で働いている既婚者。「男が“食べさせる”という時代でもない。僕は学生時代から、結婚するなら、共働きをしてくれる女性でないと無理だな、と思っていましたし、なんなら養って欲しい」と本音を漏らす。

「まず、僕の収入が平均以下。共働きで、世帯収入が大きく増えるんだったら、生活費のコスパも良くなると思いますが、そうでないなら、僕が2人分のお金を出すのは現実的ではなかった。しかも、仮に子供が生まれたとしたら、将来的にその子にかかるお金がいくらになるのか、その子が生活していけるのか、考えるだけで恐ろしい。

 今後はもらえる年金だって減っていくでしょうし、現役世代一人あたりが支えないといけない高齢者の数もどんどん増えていく。さらに次世代となると、もっと負担が大きくなるわけでしょ?」(Bさん)

 Bさんは母子家庭で育ったため、幼い頃からお金には苦労してきたという。自分の努力で稼げるようになるのが王道だとは思いながら、「高年収女性との結婚が貧乏脱出の近道」だとも感じていた。そして見事3年前、外資系企業で働く、海外大卒の30代女性と結婚した。

「結婚するなら、男だって相手に年収を求めたい。年上の女性に多いのですが、年収が低くても、相手にしてくれる人もいます。妻の場合は結婚条件が『オタク趣味を否定しない男性』で、僕はそんなの全然余裕でした。

 リビングには推しのグッズが散乱し、土日は“地方遠征”で妻が家を空けることもしょっちゅうですが、自分で稼いだお金でやっていることですし、文句はありません。妻の趣味に関しては理解するように努め、否定や干渉は絶対にしない姿勢です。

 妻は仕事が忙しく、家事は基本的に僕担当。収入も僕とは3倍くらい違うので、捨てられないように頑張っています。お金があれば、病院にも躊躇なく行けるし、好きな本も買える。座り心地のよいソファだって買えます。生活が豊かになることを実感します。結婚は、結局お互いの“都合の良い相手”とするのがいちばんです」(Bさん)

 さまざまな愛の形がある。当事者たちが満足しているなら何の問題もないが、2人が声を揃えたのは「お金は心の余裕につながる」ということだった。