「注文とれたでぇ〜」。朝8時、「受注おめでとう!」という文字が浮かんだパソコンの画面を見ながら、西蔭幸代さん(83才)はつぶやいた。

 彼女の住む徳島県上勝町は、険しい山々に囲まれ、梅や桃をはじめ南天、椿、もみじなど豊かな木々が育つ。それらの葉を栽培して収穫し、料理を彩るために添えられる「つまもの」として出荷するのが西蔭さんの仕事だ。

 上勝町では、この「つまもの」の販売やシステム運営を行う会社「いろどり」の情報支援のもと、70代の女性を中心におよそ300人がこの「葉っぱビジネス」に従事している。「梅の花10ケース」「南天の葉10ケース」といった農協の注文は、毎朝8時ちょうどにオンラインで受付競争が始まるため、彼女たちはそれぞれの家で固唾をのんでパソコンの画面を見つめる。

「注文の品は事前に画面で確認できるため、高値で取引してもらえる人気商品に目星をつけ、7時59分58秒になった瞬間に注文ボタンをクリックします。運がよければ8時きっかりに注文が取れますが、競争に負けることも多い。受注に成功したら山や畑で目当ての葉っぱを摘んで出荷します」(西蔭さん)

 西蔭さんがこの仕事を始めたのは30年ほど前。縫製工場に勤めていたときにお隣さんから「ゆきちゃん、工場より私がやってる葉っぱの仕事の方がいいでよ」と誘われたことがきっかけだった。以降、83才のいままで一日も欠かさず働いてきた。

「2014年に亡くなった夫が盆栽好きで、いろいろな木を周辺に植えていたおかげでこの仕事ができています。毎朝8時5分前にパソコンの前にスタンバイして、注文が取れても取れなくても日が暮れるまで畑作業を続ける。夜はタブレットやパソコンで注文状況をチェックしたり生産部会のネット掲示板を見たり情報収集をして、すべて終えて寝るのは23時頃。朝寝坊したこと? そんなの絶対ない! 一日もないです」(西蔭さん)

 デジタルデバイスを使いこなす西蔭さんは、記者の取材にZoomを使って応じてくれた。始終穏やかで楽しそうに話していた彼女だが、寝坊や欠勤の有無を聞くやいなや、語気を強めて強く否定する。

「葉っぱビジネス」への気合と矜持を感じた瞬間だった。

 一方で、こんな70代の男性も。

「妻曰く『粗大ゴミ』。悲しいかな、それが定年直後の私に下された評価でした」

 そう語るのは、都内在住の栗原光男さん(70才)。栗原さんは50年間勤務した前職を68才で定年退職した。その後の充電期間中に妻から“不要物”扱いされるも、知人の紹介でシニア専門の派遣会社「高齢社」に登録し、現在は週2回、都内企業の倉庫業務を行っている。

「職場では息子世代とともに働き、休日は妻との畑仕事やジム通い、孫との外食などで、充実した第二の人生を過ごしています。申し上げた通り趣味が多くて貯金はたまりませんが、この先も気力や体力が続く限り、できるだけ長く働きたい」(栗原さん)

 この2人に限らず、いま60才を超えても働くケースが増えている。

コンビニの揚げ物やおにぎり作りで生きる家事スキル

「企業がシニアの力に気がつき始めたんです」

 そう語るのは、50才以上を専門にした人材仲介業を行う「シニアジョブ」代表取締役の中島康恵さん。

 現在同社には4万5000社ほどの企業が登録しており、ニーズに合わせて求職希望者とのマッチングを行っている。コロナ禍にもかかわらず成立数は伸び続け、2021年は前年比1.5倍増が見込まれる。

「この年代のかたがたは敬語はもちろん基本的な仕事の流れや会社における人間関係などを理解しているため即戦力になるうえ、年の離れた経験者から若手が学ぶことも多く、社内教育が円滑に進むメリットもあります。さらにいまの高齢者は10年前より健康状態が良好。60才から雇ったとしても70才まで元気に働ける。今後、ニーズはますます高まるはずです」(中島さん)

 定年を迎えた後に同社に登録して仕事を見つけ、60代にしてはじめての派遣社員として働き始めた建築施工管理技士の外山伊佐夫さん(63才)も「自分も含め、いまの60代はまだまだ元気」と語る。

「労働意欲があって体力的な面がある程度カバーできれば、若い人と一緒に問題なく活躍できます。意見を出す場面もありますが、定年前と比べたら率先してみんなを引っ張っていくというよりは、求められたときに意見を言うような立場です。『見守る』ことが多くなったように思います。

 少子化でどうしても若い人は減っているわけだし、世代の違いもあって若い人が誰でもすぐに現場で活躍できるわけでもないので、そこはわれわれ60代がもっと建設現場を支えていかなければならないと思います」(外山さん)

 人材サービス会社「アデコ」が2019年に働くシニア400人と人事担当者400人を対象に行ったアンケートでも、企業の8割以上が雇用にメリットを感じていると回答。

 国もこの流れを後押しする。4月1日から、すべての企業に社員が70才まで働けるよう努力義務を課す「70才就業法」(改正高年齢者雇用安定法)が施行され、これまで以上に高齢者が長く働ける環境が整備されるようになるのだ。

 実際、専門的な技術や知識を持つシニア人材を「マイスター社員」として採用してきた東急ハンズや、シニア世代のアルバイトや再雇用社員を登用するモスバーガーなど、積極的に採用する大企業は少なくない。

 その1つが、国内に約2000店舗を持つコンビニ「ミニストップ」だ。

《一緒に働くスタッフは高校生や大学生がほとんどです。世代を超えた会話に最初は戸惑いましたが、若い子たちと「今日はポテトがよく売れたね」と会話をしたり、コーヒーマシンの洗浄方法を一緒に習ううちに自然とコミュニケーションが取れるようになりました。色んな世代のみんなが楽しく働ける職場って素敵だと思います》

 これはミニストップで働くシニア世代の女性が、同社のホームページに寄せた感想だ。彼女は「家だけでなく社会に出ていたい。元気なうちは仕事は続けていたい」との思いからコンビニで働き始めた。

 ミニストップ広報担当の篠原淳一さんが語る。

「シニアスタッフの持つ人生経験は会話や気遣いといった接客の面で大きな武器になる。お客さまのなかにはただ買い物をするだけでなく人とのつながりやコミュニケーションを求めているかたもいる。シニアスタッフの丁寧な応対を目当てにして常連さんになってくださるケースもあります」

 求められるのは、過去に働いた経験を生かした「スキル」だけではない。たとえ就業経験がなくても、一生懸命に生きてきた道そのものが評価され、必要とされる例もある。

「特に多数寄せられているのは『子育てを経験した女性を採用したい』という企業からの声です。中高年が働くにあたって、必ずしも資格や職業経験だけが求められるわけではありません。

 特に子育てを終えた女性は、家事や育児をこなしてきたマルチタスクの能力があるうえ、働くことに対して真摯で真面目。コツコツやる印象も強いです。こうした女性の能力を高く評価して、再就職のターゲットにしたいという企業が目立ちます」(中島さん)

 現にミニストップでは、「家事スキル」が高く評価されている。

「当社では、店内で調理した手作りのおにぎりや弁当、揚げ物などを提供しているお店が多い。特にシニアの女性は衛生管理をしっかりしながら調理することを得意とするかたが多く、大きな戦力になっています」(篠原さん)

※女性セブン2021年4月15日