コロナ禍でビール各社が力を入れるのが家庭向けの“健康志向”ビールだ。なかでも2020年10月にキリンが開発した“糖質ゼロ”のビール「一番搾り 糖質0」が大ヒットとなった。そこにサントリーはこの4月、同ジャンルの「パーフェクトサントリービール」で参戦。熾烈なバトルが始まろうとしている。

 今後、糖質ゼロ戦争がどのような展開を見せるのか注目される一方で、アサヒやサッポロの動きも気になるところ。経済ジャーナリストの河野圭祐氏が言う。

「今後の市場が拡大していけば新規参入は十分あり得るでしょう。特にアサヒの『スーパードライ』のブランド力はいまだに強力。たとえば『スーパードライ糖質ゼロ』を発売すれば一気にトップに躍り出る可能性も秘めています。

 アサヒは過去に糖質50%オフのビール『アサヒ・ザ・ドリーム』を発売したこともある。すでに相当の技術力を持っているのではないか」

 アサヒに訊ねると、「今のところ(糖質ゼロビールを)出す予定はありません」(広報部)と回答した。アサヒ関係者が言う。

「ネックは、やはり“味の物足りなさ”です。糖質をカットすると、どうしてもビール本来のキレ味や飲み応えを実現することが難しい。発泡酒や新ジャンルに糖質ゼロの商品もあり、現状では静観の構えです」

 アサヒは缶の上部が全開する新容器で生ビールの泡立ちを再現した『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』(4月発売)と、アルコール分0.5%で「微アルコール」を打ち出した「アサヒ ビアリー」(3月末発売)の2つの新機軸で対抗していく方針だという。

 残るサッポロは「コロナ禍で糖質ゼロビールのような健康系のものが伸びているのは承知していますが、商品を発売する可能性や、検討しているかどうかについて現時点でお話しできることはありません」(広報部)と言葉少なだ。

「『黒ラベル』や『ヱビス』などサッポロのビールの質の高さは業界でも定評がある。クラフトビールの人気の高まりもあり、本格派ビールをより強めていくのではないか。コロナ禍で家庭向け商品の需要が高まるなか、各社が“次の鉱脈”を探っている状況です」(前出・河野氏)

 風雲急を告げる令和のビール戦争。勝利を勝ち取るのはどこだ。

※週刊ポスト2021年4月16・23日号