子育てにはいろいろな悩みがつきもの。その悩みを相談したり、助け合ったりできる“ママ友”はとても重要な存在だ。しかし、ママ友グループのなかには難しい力関係があり、様々なトラブルがつきものである。そこで、42才パート女性が体験したママ友トラブルをもとに、いかにして対処すべきかを専門家がアドバイスする。

特別な友達感を出して高額商品を買わせてくる

「私、あなたがみんなの分のベルマークも仕分けしていたの、知っているわ。大変だったわね」

 そう声をかけてくれたのが、PTA副会長のE美でした。それから私たちはすぐに仲よくなり、お茶会にも頻繁に誘われるようになりました。あるとき、ママ友の間で、

「子供のために口に入れるものには気をつけたいよね」

 という話題になり、私も深くうなずいていると、E美が私にしか聞こえないような小声で、

「実は、おすすめのお水があるの。希少だから人には教えたくないんだけど、口の堅いあなただけに、おすそ分けしたいの」

 と誘ってきたんです。“私だけ”と言われた優越感のせいか、私は深く考えず、そのまま彼女の家に行くことに。

 ところが、彼女の自宅の前には、待ち合わせていたと思われる2人の別のママ友がいるではありませんか。ここで違和感を覚えたのですが、帰るとは言いにくく、そのまま部屋へ。すぐにキッチンへ通されると、謎の液体にオレンジをつけたものを見せられたのです。その液体には、ギトギトした油のようなものが浮いており、

「これが発がん性物質。怖いわよね。でもこの水で野菜や果物を洗うとね、浄化されるのよ」

 などと言い出したんです。その液体は500mlで5000円。でも市販されておらず、紹介でしか買えないのだとか。すると、ママ友たちが口々に、「紹介して」などと言い出し、その場にいる全員が買わなくてはいけない雰囲気に……。5000円でこの場を切り抜けられるならと、私も泣く泣く1本だけ購入。でもこれで、E美の本性がわかったので、二度と近づかないことにしました。

 その後、彼女の家に招待されたママ友たちが40万円の水素発生装置やら30万円のサプリメントまで買わされていると聞きました。本人が満足ならいいんですけど、私は早々に距離をおいてよかったと、心から思いましたね。
(42才・パート)

しつこく勧誘されたら「反射の戦術」で応戦

 高額なものを売りつけようとするママ友への対処法について、精神科医・ゆうきゆうさんがアドバイスする。

「強引に勧誘されたら、相手の発言を要約して返す『反射の戦術』がおすすめ。たとえば、いいものなのだとすすめられたら、“いいものなのね。だから私に40万円で買わせたいのね”と返す。すると相手がひるむ。そのすきに、“高額だから買えないわ”と断ればいいのです」

取材・文/前川亜紀

※女性セブン2021年4月22日号