コロナ禍のステイホームで、とくに影響を受けたのが主婦なのではないだろうか。夫や子供が家にいる時間が長くなり、主婦の仕事は二極化しているという。これまで以上に亭主関白が浮き彫りになった家庭と、家事をシェアする機会が増え、主婦の負担が減った家庭に分かれたのだ。

 家事研究家で、『なぜ妻は「手伝う」と怒るのか 妻と夫の溝を埋める54のヒント』の著者、佐光紀子さんが語る。

「外出自粛を余儀なくされるようになったことで、それまでは日中は家にいない“お客さん”だった夫が家にずっといるようになった。そのせいで、家事のマネジメント業務が増えた主婦は少なくありません。

 一方で、この期間に家事に参加するようになり、“お客さん”からようやく“家族”に変わった夫も増え始めています」

 主婦が日々、家の中でこなさなければならない仕事は無数にある。事実、男女問わず多くの人が、コロナ禍で「家事の負担が増えた」と感じていることがわかった。

 その影響もあってか、掃除、洗濯、料理、買い物といった昔ながらの家事は、科学技術の発達やさまざまな家事代行サービスの登場によって様変わりしている。なかには、近い将来絶滅を迎えるものすらあるかもしれない。

 家事シェア研究家で、NPO法人tadaima!代表の三木智有さんが指摘する。

「5年後に専業主婦が完全になくなっているとは思いません。ただし、家事のハードルは年々下がっていて、5年もすれば主婦の負担が減ることは間違いない。“家事は女の仕事”などという古い価値観も減り、家事の分担や外注は当たり前になっているでしょう」

 家事はもはや「主婦の仕事」ですらなくなるかもしれない。

最新のロボット掃除機の驚くべき機能

 まっ先にやらなくてもよくなる家事は「掃除」だと語るのは、知的家事プロデューサーの本間朝子さん。

 一昔前まで、主婦は掃除機を片手に部屋の隅から隅まで移動して、それが終われば、雑巾やワイパーで床を磨き上げなければならなかった。

 だが、大ヒットしたアイロボットの「ルンバ」をはじめとするロボット掃除機の普及で、掃除にかかる手間はどんどん少なくなっている。

「最新のロボット掃除機は、吸引力が向上しているのはもちろんのこと、部屋の角のほこりやゴミもかき出して吸い込みます。掃き掃除だけでなく拭き掃除までこなし、清掃後のゴミは、充電器が自動で収集します。AI機能が進化して、花粉の時期やペットの換毛期に合わせた掃除の提案もしてくれます。

 唯一の弱点は、床が散らかっていると動線が確保できず、掃除ができないところ。しかし、いずれそれをカバーする機能や、整理整頓ができる家電が登場することは容易に想像がつきます」(本間さん・以下同)

 風呂やトイレ、台所などの水回りの掃除は「自動洗浄」が当たり前になりつつある。

「TOTOの『おそうじ浴槽』は、入浴後にボタンひとつで浴槽を洗剤で洗浄し、『床ワイパー洗浄』は、床面に除菌水を吹きつけて、皮脂や角質汚れを落として除菌します。一方、パナソニックのトイレ『アラウーノ』は、使用後、水を流すたびに泡と水流で便器を洗浄してくれる。

 また、同じくパナソニックの最新のシステムキッチンには、食器洗い乾燥機だけでなく、まな板に紫外線を照射し、わずか2分で除菌する機能や、ファンの掃除が10年間不要なレンジフードもあります」

 より身近なところでいえば、SCジョンソン社の「スクラビングバブル」のシリーズなど、水回りにスプレーして数分おき、水で洗い流すだけで汚れが落ちる洗剤は、どこでも手に入る。もはや、腰をかがめて、ゴシゴシ擦って掃除する必要はないのだ。

 新しい家やリフォームした家であれば、自動洗浄機能を取り込むことで、掃除の手間はとことん省ける。

新たな課題はごみ問題

 掃除だけでなく、洗濯の流儀も大きく変わりつつある。

「洗濯物は“天気のいい日に外に干す”のが当たり前でしたが、いまは花粉やPM2.5などの影響で屋外に干すメリットが少なくなっています。洗剤や洗濯機の除菌効果も上がっているので、今後は“外に干す方が危ない”という価値観になるでしょう。

 スチームや紫外線ライトで衣類を除菌できるホームクリーニングマシンも登場し、洗濯から除菌までのすべては、家の中で、ボタンひとつで行うのが、近未来の常識になっているかもしれません」

 すでに、襟や袖などの部分洗いや洗剤の計量・投入が自動でできる洗濯機は開発されている。かつて洗濯板や二槽式洗濯機で苦労したほろ苦い思い出は、追憶の彼方に消えていくのだ。

「さらに最近は、洗濯からアイロンがけまでを請け負う、クリーニングの進化系ともいえる『ウォッシュ&フォールド』という米国生まれのサービスが日本でも登場しました。家で洗うのは下着だけで、洋服などの洗濯からアイロンがけまで外注する未来は、そう遠くないかもしれません」(佐光さん)

 一方、コロナの影響で登場した新たな課題がゴミ問題だ。

「デリバリーや宅飲みが増え、家庭ゴミの量が激増しました。今後は、ゴミの体積を大幅に減らせる圧縮機能つきのゴミ箱や、ゴミを乾燥させて肥料がつくれる家庭用の生ゴミ処理機などが、環境保護の観点からも、より広く浸透していくはずです」(本間さん・以下同)

※女性セブン2021年4月29日号