コロナ禍でのステイホームで自炊をする機会が増えている。その結果、“炊事”に対する価値観も変化しているようだ。たとえば、自宅のベランダでキャンプ気分を味わうための小さなグリルやホームベーカリーも人気を博した。これまで「母親の義務」とされていた料理は、「家族で楽しむレジャー」へと変わりつつあるのだ。

 また、共働き家庭が増えて時短が求められていることからも、料理のハードルを下げる家電は、日々進化している。その象徴が電子レンジだ。知的家事プロデューサーの本間朝子さんはこう話す。

「従来は、“温める”“解凍する”など、あくまでも調理の過程をラクにするためのものでしたが、最新の電子レンジは“調理を全部やってくれる機能”がついています」

 たとえばシャープの「ヘルシオ」のオーブンレンジは、切った材料に下味をつけて入れて、〈まかせて調理 網焼き・揚げる〉などのボタンを押せば、あっという間に完成する。家事シェア研究家でNPO法人tadaima!代表の三木智有さんがいう。

「ボタンを押すだけで、料理が苦手な人でもおいしい料理ができます。火加減の失敗など、料理が苦手な人なやりがちなミスも最小限に抑えられます」

 同じくシャープのヘルシオの『ホットクック』やT-falの『クックフォーミー』など、自動調理鍋も注目されている。

「材料を鍋に入れ、料理名を選んでスタートボタンを押すだけ。朝セットして夜に食べるときも、予約機能を使えば、食中毒にならない温度帯で調理や保存ができます」(本間さん)

 自動調理鍋を使えば、ぶり大根や肉じゃがなど、典型的な「母の味」も簡単につくれるようになる。

 食材をカットして下味をつけて加熱し、複雑な味つけを行うといった、自動調理鍋に入れる前のプロセスまで、ショートカットできるようになってきている。

「市販のカット野菜の種類が豊富になり、なかには“このひと袋で半日分の栄養が摂れる”とうたう、至れり尽くせりの商品も増えています。

 調味料をいくつも用意して計量しなくてもいいように、塩こしょうやごま、複数のスパイスや野菜の粉末などが調合されたシーズニングも、“タンドリーチキン味”“韓国風”など料理のテイストごとに売られており、簡単にプロの味に近づけることができます」(本間さん)

 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科附属SDM研究所の研究員である前野マドカさんは、自粛期間中、在宅勤務をしながら一家4人の食事を3食つくり続けた。

「カットされた食材と調味料が一緒になったミールキットやレトルト食品などをよく活用しました。メニューのバラエティーが豊富な『オイシックス』や、低糖質・低塩分の冷凍食品を選べる『nosh』は重宝します。冷凍品でも夫や子供からの文句はなく、おいしそうに食べていました」(前野さん)

 いまや「晩ご飯はレトルトでいい?」は手抜きではなく、豊かな食生活を送るための選択肢の1つなのだ。

※女性セブン2021年4月29日号