就職や転職をするために、「資格」は大きな武器となる。しかし、その資格を取得するのはそう簡単なことではない。勉強する時間の有無や年齢などにも左右されるだろう。そして、資格取得後は、いかにして資格を生かしていくかも問題だ。ここでは50代で社会保険労務士の資格を取得した女性の実例を紹介しよう。

退職して勉強に専念。3年かけて資格を取得

 簿記や税理士などの資格を生かして証券会社などで約30年、経理事務に従事してきた木村真珠さん(仮名・59才)だが、50才を前に、「これからは、困っている人の力になれる、労務の仕事もしてみたい」との思いが芽生え、合格率約7%の難関国家資格「社会保険労務士」に挑戦することにした。

「50才で勉強を始めて、大きな2つの壁に直面しました。1つは老眼。マークシートの模試を受けたとき、目がちかちかしてマークが見えなかったんです」(木村さん・以下同)

 もう1つは、記憶力の壁だ。

「20代で税理士の勉強をしていた頃は、どんなに分厚い本でも暗記できたのに、全然覚えられなくなりました」

 フルタイムで仕事をしながら勉強をしていたが、結局1回目の受験は失敗。このままでは合格できないと退職し、2年目からは週5日、専門学校に通って勉強に専念した。

「学校がない日は近所のファミリーレストランで1日12時間くらい勉強しました。そうして3度目の正直でようやく合格証書を手にしました」

 合格できたのは、夫の理解や支えのほか、勉強仲間の存在も大きかったという。

「通っていた学校で、4人の友人ができ、“ここが苦手。教えて”などと切磋琢磨して勉強しました。それがなければ、3年も続けられなかったかもしれません」

就活は全滅…、そして開業を決意

 合格はゴールではない。ここからようやく、念願の社労士として働けるというわけだ。しかし、再就職は厳しかった。

「最初は企業内社労士を目指したのですが、受けた企業5社すべてから “経理だったら雇うんだけどね”と言われました。経理の実務経験は長いけれど、労務の経験はゼロでしたから」

 そんなとき、ある社労士から思わぬ提案を受けた。

「開業したらどうだろう。旦那さんの給料で生活ができているいまのうちに開業して下積みをする。仕事が増えてきた頃、旦那さんは定年を迎えるだろう。そうしたら、バトンタッチして、経済的に支え合えるよ」

 その言葉に納得し、すぐに開業に向けて動き出した。勉強仲間からの紹介で、会員制の異業種交流会に入会し、開業や集客のノウハウを学びながら、自宅で個人事務所を始めた。

「交流会には1年半通って情報交換をし、人脈を作りました。その甲斐あって、食べられるようになるまで3年かかるといわれるところ、1年で売り上げが300万円ほどに達し、生活ができるようになりました」

 そしていま、開業6年目にして売り上げは1000万円台に。駅前のビルに事務所を移転して従業員を増やし、規模を拡大している。企業内社労士ならそろそろ定年を迎える年齢だが、50代の10年で、60代以降も働ける下地をつくったといえる。

「苦労して資格を取ってよかったと思うのは、お客さまから、喜んでもらえたとき。役に立てている実感を得られるのが、モチベーションになっています」

 70才くらいまでは仕事を続けたいと朗らかに笑う木村さん。最後にこう話してくれた。

「自分を変えたくて資格を取りたい。でも、本当に稼げるのかわからないなど、ネガティブな情報に惑わされる人もいるでしょう。それで何か月も悩むよりは、何才だろうと踏み出した方がいいと思います。万一ダメでも、努力した自分がいる。その後は違う景色が見えてくるはずです」

 いま、迷っている人のエールになれば……。

【プロフィール】
木村真珠さん(仮名・59才)/経理の専門学校で簿記などの資格を取得後、企業で30年近く経理の仕事に携わる。その間、税理士、年金アドバイザーなどの資格も取得。子供が独立した現在、夫とふたり暮らし。

■社会保険労務士(社労士)の仕事

 企業や個人事業主に対し、社会保険や雇用保険の加入手続き、労務トラブルを回避するための就業規則の作成、雇用調整助成金などの申請手続きなどを行う。

取材・文/桜田容子

※女性セブン2021年4月29日号