「人生の最後」がなかなか訪れないことが、時に悲劇につながることもある。高齢で老い先短いのだから……そう思って面倒を見始めた結果、“予想外の事態”に直面するケースが後を絶たない。

 多くの人が直面するのが、介護費用の問題だ。愛知県に住む60歳男性は、15年前に父親が他界。その後に認知症を発症した母親を住宅型有料老人ホームに入居させた。

「うちは商売をしているので、自宅で面倒を見るのは無理だと判断したんです。当時、母は82歳。老人ホームの職員の話では『環境が変わることで、早くて1〜2年、平均で4〜5年で亡くなる人が多い』とのことでした。食費や諸経費を含めると月15万〜16万円ほどかかる。母の年金は8万円程度なので、月に7万〜8万円の持ち出しになりますが、『5年くらいならウチが負担すればいい』と考えていました。

 ところがホームに入ってからもう10年を超えました。兄弟に費用の分担を頼んでみたものの『自分が勝手に老人ホームに入れたくせに』と取り合ってくれない。母が100歳まで長生きしたら、自分たちの老後資金はどうなるのか……いまは不安しかありません」

『老後はひとり暮らしが幸せ』の著者で、高齢者の生活満足度調査を行なってきた医師の辻川覚志氏(つじかわ耳鼻咽喉科院長)が語る。

「親世代が言う“オレはあと1〜2年で死ぬから”という言葉を真に受けてはいけない。今の医療水準では、10〜20年は覚悟が必要です。介護施設の入居費用は、認知症だと月25万円ほどかかる場合もあり、それだけの金額を年金で払える人はほとんどいない。結局家族の持ち出しになってしまいます。ゴールが見える子育てと違い、“何年先まで続くかわからない”のが介護。いつか経済的な限界が訪れるリスクがあるのです」

俺だってもう老人なのに

 介護が長引けば、当然、介護する側も歳をとる。神奈川県に住む72歳の男性は93歳の義母の介護に追われている。

「13年前に妻の母を自宅近くの賃貸ワンルームマンションに呼び寄せました。家内は一人っ子なので、面倒を見るのは当然だと私も納得したうえでの決断でした。当時義母は80歳で我々夫婦は50代。家内が食事を作って運び、洗濯や入浴も手伝っていました。

 ところが10年前、家内が脳卒中で急逝してしまった。以来、私が面倒を見続けています。入浴はデイサービスに頼んでいますが、介護費用のこともあり食事の世話や掃除、洗濯は私がしています。仕方がないと諦めているが、自分の体がいつまでもつかが心配です」

 介護する側が60代、70代ともなれば、いつ健康面でのトラブルに見舞われても不思議はない。

「母親を抱きかかえて車に乗せようとした時に、腰に激痛が走って動けなくなってしまった。急いで介護タクシーを呼び、母をデイサービス施設で降ろしてもらった後、私はそのまま病院へ。腰椎圧迫骨折と診断され、手術はせずに済んだもののコルセットを巻きながらの生活です」(広島県に住む68歳男性)

 前出・辻川氏が話す。

「介護は親世代が動けなくなるまで続く場合も稀ではありません。親の面倒を見るのが長期化すると、経済的のみならず、心身共に疲労してしまいます」

※週刊ポスト2021年5月7・14日号