コロナ禍になって以降、「お取り寄せ」が盛んになっている。過去に「ふるさと納税」を多数利用して地方の物産をお取り寄せしてきたネットニュース編集者の中川淳一郎氏は今、生産者が直接出品する「ポケットマルシェ(ポケマル)」や「食べチョク」などのサイトを利用することが増えたという。中川氏がそれらサイトを利用してお取り寄せする楽しさを紹介する。

 * * *
 これまでずっと「ふるさと納税」をやってきたのですが、人気の海産物などは数か月待ちだったりしましたし、私も昨年、セミリタイアをして年収が激減したので、税金面での優遇目当てでふるさと納税をするインセンティブはほぼなくなりました。

 そもそも、フリーだと毎年の年収がいくらになるか分からないので、「〇万円分までやれば節税になる」といったことが分からず過去に“寄付し過ぎ”てしまった思い出もあります。

 とはいえ、ふるさと納税をやったことで、地方の特産品を家で食べられる喜びに気づいたのも事実。もちろん通常の通販サイトでも食材は買えますが、なんだか「今だけ500g増量!」「限定〇個!」「満足度98%!」みたいな、とにかく「オラ、買え、買え、この貧乏人が!」的なあのデザインが苦手でして……。

 そんな中、ポケマルや食べチョクは「顔が見える生産者」から直接購入することができるので、ダサい言い方になりますが「どこかぬくもりがある」と感じられるのです。先日は、これらのサイトに出品している佐賀県の農家の男性と話す機会があったのですが、こう言っていました。

「これまでも通販サイトを使っていたことはありますが、クレームがポケマルや食べチョクの方が少ないです。かつてはサイズがバラバラだったりしたら『不揃いだ!』なんて怒られることが多かったです。こちらもバラバラであることは明記していたのですが……。しかし、それはお客さんからしても『きちんとしたサイトで買ったのに不良品を掴まされた』と思ってしまうのでしょう。

 一方、ポケマルや食べチョクでは『農家の人が手作業で箱詰めしているし、できるだけ新鮮なものを届けようと頑張ってくれているから文句を言う気にはなれない』と思っているのか、クレームは少ないです」

 両サイトを訪れるとありとあらゆる食材が揃っています。購入者もコメントでき、どのように料理したかの写真も投稿されているとともに、感謝の言葉も書かれています。もちろん、否定的な意見も時にあるものの、評判の良い生産者に対しては称賛の声が並んでいます。

「ひとたび口にすれば、幸福で満たされますよ!!」

 さて、私がこの度頼んだのは、佐賀県唐津市の「袈裟丸水産」(袈裟丸彰蔵さん)です。袈裟丸さんはウニ・サザエ・アワビ・カキを獲っていますが、佐賀の食通に「おいしいウニを食べたい」と言ったら「そりゃあ、袈裟丸さんでしょう! ミョウバンをあまり使わず、とんでもなく濃厚です!」と言われ、「【天然!超稀少!】生ウニ(滅菌塩水法)50g×2パック ※唐津 玄界灘産※(4536円)」をおススメされました。

 5月2日に注文し、5日に発送してもらって、家にやってきました! 通常、ウニって板の上に乗っかっているものですが、このウニは塩水の中に入っています。「極上うに丼の作り方」の紙も同梱されています。

〈【1】塩水に浸かった生うにを、同梱の水切り用トレーで大体の水分を取ります。
【2】キッチンペーパーをトレーの下に敷き、よく水気を切ります。
【3】炊き立てのご飯にのせます。
【4】お好みで刻み海苔やワサビ、醤油をのせてお召し上がり下さい。
 この度は袈裟丸水産の生うにをお選びいただきありがとうございます! ひとたび口にすれば、幸福で満たされますよ!!〉

 実際に作ってみましたが、こりゃあ確かに濃厚です! もう、わき目もふらずハフハフと食べてしまいました。今後、サザエやカキも注文するかもしれませんが、そうなると客と生産者の間でなんらかの繋がりができるようになるかもしれません。

 先日は、トマト農家を訪れたのですが、そのトマトが甘い! 生産者に「これ、ポケマルで頼みますよ!」と言ったら「いやぁ、そこで頼んでいただけたら中川さんの家まで持って行きますよ。僕、けっこう中川さんの家の近くまで、行くこと多いですから! そうしたら送料かからないですから」なんてことも言ってくれる。

 かつて「ふるさと納税」にハマってしまった私ですが、これからはこうした産直サイトにハマってしまうかもしれません。いつかその生産者の元を訪れることを楽しみにしながら。

【プロフィール】
中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう):1973年生まれ。ネットニュース編集者、ライター。一橋大学卒業後、博報堂入社。企業のPR業務などに携わり2001年に退社。その後は多くのニュースサイトにネットニュース編集者として関わり、2020年8月をもってセミリタイア。現在は佐賀県唐津市に在住。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)、『縁の切り方』(小学館新書)など。最新刊は『恥ずかしい人たち』(新潮新書)。