昨年3月、ツイッター上で完結した4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』は、国内歴代最多の214万「いいね!」を獲得。そして今年5月28日には映画『100日間生きたワニ』が、全国ロードショーされる。コロナ禍で生活は大きく様変わりし、もしもに備えて生命保険や医療保険を検討する人が増えている。とはいえ、焦って加入すれば、保険料によって生活が逼迫しかねない。そもそも「保険」とは何なのか。ワニくんの描き下ろしイラストとともに解説しよう。

 ご存じの通り、生命保険とは「保険料を払って保障を得る」もの。亡くなったときに遺族が保険金を受け取る死亡保険、病気で入院した場合などに給付金を受け取る医療保険などが代表的だ。ファイナンシャルプランナーの横川由理さんが説明する。

「“何かあったときにお金が受け取れる”ということは、裏を返せば“何もなければ、月々の保険料は、自分ではなく、ほかの困っている人のために使われている”ということ。つまり、いくらたくさん保険に入っても、得することはありません」

配偶者や子供がいないなら保険に入らなくていい

 まず考えるべきは、“何のために保険に入るのか”だ。保険評論家の長尾義弘さんが言う。

「自分にもしものことがあったときに経済的に困る人がいないなら、保険には入らなくてもいい。学生やフリーター、未婚の人、子供がいない人も、保険は必要ない」

 お金を残しておきたい家族がいても、毎月高い保険料だけ払って、もしものときに家計が苦しくなってしまうなら本末転倒。「保険料が高いかも」と思ったときこそ、ムダな保険に入っていないか見直すチャンスだ。

「積立」と「掛け捨て」は月々の保険料と保障額が違う

 保険には、必ず保険金が受け取れる「積立」型保険と、一定期間だけが保障される「掛け捨て」型保険がある。横川さんの試算によると、50〜70才の20年間、500万円の死亡保障を得ようとした場合、積立型保険の保険料は月々1万7855円。20年間で支払う総額は429万2400円にもなる。

 一方、同じ保険会社で掛け捨て型保険にすると、月々1946円、20年間の総額は46万7040円になる。多少高いお金をかけてでも、もしものときに、あなたの大切な人が手厚い保障を受けられるようにするのか、できるだけ少ない保険料で、短期間のリスクに備えるのか。自分に合ったものを選びたい。

※女性セブン2021年5月20・27日号