近頃コンビニやスーパーなどで見かけることが増えているのが、プロテイン飲料だ。トレーニングやダイエットに伴う栄養補給のために摂取されることが多いプロテイン。粉末タイプのものが一般的だが、より手軽に摂取できる商品として、プロテイン飲料も人気となっている。

 4月には森永乳業が、森永製菓の「inブランド」とコラボして、『inPROTEINココア風味』、『inPROTEINカフェオレ風味』、『inPROTEINストロベリーヨーグルト風味』、『inPROTEINのむヨーグルト』の全国発売を開始。これをきっかけに、プロテイン飲料に挑戦する人も増えているという。コンビニ事情に詳しいライターの小浦大生氏はこう話す。

「『inPROTEINココア風味』と『inPROTEINカフェオレ風味』は、コンビニで販売されているカフェオレやヨーグルトと同じ240mlの小さいカップサイズで、容量的にも飲みやすい。モデルやアイドルなどが、これらの商品を飲んでいることをSNSに投稿することも多く、そういったものを見て、手にとっている人も多いようです。『inPROTEIN』シリーズが、初心者向きのプロテインドリンクの市場を開拓しているという印象もあります」

 そこで、この『inPROTEIN』シリーズと、同じくコンビニやスーパーで人気となっている明治の『SVAS MILK PROTEIN』シリーズについて、成分や実売価格などを調査した。

『inPROTEIN』シリーズは4種類

 まずは『inPROTEIN』シリーズのラインナップから紹介しよう。現在販売されているのは、前述したとおり『inPROTEINココア風味』、『inPROTEINカフェオレ風味』、『inPROTEINストロベリーヨーグルト風味』、『inPROTEINのむヨーグルト』の4種類。それぞれの含有タンパク質量(1本あたり、以下同)、実売価格(税込み、2021年5月上旬時点。以下同)は以下の通りだ。

『inPROTEINココア風味』、『inPROTEINカフェオレ風味』240ml
タンパク質:15.5g
実売価格:都内コンビニA店→162円、都内スーパーB店→160円、都内スーパーC店→149円

『inPROTEINストロベリーヨーグルト風味』450ml
タンパク質:20.5g
実売価格:都内コンビニA店→237円、都内スーパーB店→214円、都内ディスカウントストアD店→214円

『inPROTEINのむヨーグルト』190ml
タンパク質:12.0g
実売価格:都内コンビニA店→178円、都内スーパーC店→149円、都内ディスカウントストアD店→160円

 含まれるタンパク質の1gあたりの最低価格を計算すると、

『inPROTEINココア風味』、『inPROTEINカフェオレ風味』→9.6円
『inPROTEINストロベリーヨーグルト風味』→10.4円
『inPROTEINのむヨーグルト』→12.4円

 となる。タンパク質の“単価”を目安にした場合、240mlの『inPROTEINココア風味』、『inPROTEINカフェオレ風味』が、もっともコスパがいいと言えそうだ。

ラインナップが豊富な『SAVAS MILK PROTEIN』

 続いて、明治の『SAVAS MILK PROTEIN』のラインナップを紹介する。430mlの商品は、『SAVAS MILK PROTEIN脂肪0 すっきりフルーティー』『SAVAS MILK PROTEIN脂肪0 ココア味』『SAVAS MILK PROTEIN脂肪0 ヨーグルト風味』『SAVAS MILK PROTEIN脂肪0+SOY』の4種類。

 常温保存が可能な200mlのタイプは『SAVAS MILK PROTEIN脂肪0 ココア風味』『SAVAS MILK PROTEIN脂肪0 バニラ風味』『SAVAS MILK PROTEIN脂肪0 バナナ風味』『SAVAS MILK PROTEIN脂肪0 ミルク風味』の4種類。

 さらに『SAVAS for Woman MILK PROTEIN脂肪0ミックスベリー風味』『SAVAS for Woman MILK PROTEIN脂肪0ミックスフルーツ風味』は、それぞれ200mlと250mlの2タイプが販売されている。それぞれの含有タンパク質量、実売価格は以下の通りだ。

『SAVAS MILK PROTEIN脂肪0』430ml
タンパク質:15.0g
実売価格:都内コンビニA店→167円、都内スーパーB店→149円、都内ディスカウントストアD店→150円、都内ドラッグストアE店→159円

『SAVAS MILK PROTEIN脂肪0』200ml
タンパク質:15.0g
実売価格:都内コンビニA店→163円、都内スーパーB店→138円、都内スーパーC店→149円、都内ディスカウントストアD店→117円、都内コンビニE店→152円、都内ドラッグストアF店→127円

『SAVAS for Woman MILK PROTEIN脂肪0+SOY』200ml
タンパク質:12.5g
実売価格:都内スーパーC店→138円、都内コンビニE店→152円

『SAVAS for Woman MILK PROTEIN脂肪0+SOY』250ml
タンパク質:12.5g
実売価格:都都内ディスカウントストアD店→139円、都内コンビニE店→162円

 含まれるタンパク質の1gあたりの最低価格を計算すると、

『SAVAS MILK PROTEIN脂肪0』430ml→10.0円
『SAVAS MILK PROTEIN脂肪0』200ml→7.8円
『SAVAS for Woman MILK PROTEIN脂肪0+SOY』200ml→11.0円
『SAVAS for Woman MILK PROTEIN脂肪0+SOY』250ml→11.1円

 となる。タンパク質の“単価”を目安とした場合、『SAVAS MILK PROTEIN脂肪0』200mlがもっともコスパがいいと言える。

選択肢が増えたことがメリット

 より“安く”タンパク質を得たいのであれば、明治『SAVAS MILK PROTEIN脂肪0』の200mlパックが有力選択肢となるが、この結果について、小浦氏が分析する。

「『SAVAS MILK PROTEIN脂肪0』のほうが先行商品で、ラインアップが豊富かつ販売されている店舗も多いため、価格の幅も広くなっています。また、『inPROTEIN』シリーズにはプロテインの働きを強める“Eルチン”という成分が配合されているという付加価値もあり、そういった部分の影響で『SAVAS MILK PROTEIN』よりも価格が高くなっているのでしょう。

 また、食事の代わりにプロテイン飲料を飲むという人もいると思いますが、そういった場合は容量が多いほうが満腹感が得られるというメリットもあります。ただ、容量が多いとその分カロリーも多くなることには注意が必要です」

 目的や用途、ライフスタイルに合わせて選択できるのもプロテイン飲料の大きなメリット。フレーバーも含めて、自分に合った商品を選ぶことが重要となるだろう。