新型コロナウイルス感染の発生から、2回目の夏を迎えようとしている昨今。ワクチン接種も徐々に進んではいますが、緊急事態宣言が継続している地域もあるなど、油断のできない状況が依然続いています。コロナ禍によって生活を取り巻く様々な環境が変化しましたが、「キャッシュレス決済の浸透」もそのひとつでしょう。

 博報堂生活総合研究所が行っている「新型コロナウイルスに関する生活者調査」をみると、コロナ禍の発生を受けて「できるだけキャッシュレスで支払うようにしている」という生活者は65.7%(2021年5月調査)。さらに、今後コロナ禍が収束したとしても「できるだけキャッシュレスで支払うようにする」と考えている人は69.1%にのぼります。

 コロナ禍以前から、様々なキャッシュレス決済サービスが登場していたことに加えて、コロナの感染拡大に伴い、現金のやりとりによる「接触」を避けたい気持ちが強まったことが、上記の結果に現れているように感じます。

 一方で、上記調査にはちょっと気になる部分も。調査を始めた2020年から「できるだけキャッシュレスで支払うようにしている」の回答を時系列でみると、毎月の数値は概ね6割台で推移しています。コロナ禍の脅威が続いていることを考えれば、数値が徐々に右肩上がりになってもよさそうなものですが、実態はほぼ横ばい状態が続いているのです。

 ここから推察されるのは、コロナ禍などの切迫した状況下にあっても、「キャッシュレスには消極的」という層が一定数(調査からは3割強ほど)存在するのではないか、ということです。

 国の政策としては、目下のコロナ対策のみならず、経済活性化の狙いもあり、キャッシュレス化を推進する動きが数年前から続いています。とはいえ、容易にはキャッシュレス化に向かわない層の存在もうかがえる今の状況。この先、日本社会がさらにキャッシュレス化を進めていくにあたり、何がポイントになってくるのか。その手がかりを得るべく、夫と妻が「現金派」と「キャッシュレス派」に分かれているという都内在住の30代夫婦に話を聞きました。

キャッシュレス派になった夫、現金派を貫く妻

 夫のYさんは、これまで現金中心でやりくりする所謂「現金派」だったところ、コロナ禍を機に「キャッシュレス派」へと転向。一方で妻のMさんは、これまでと変わらず「現金派」とのこと。それぞれが、「キャッシュレス派」に変わった・変わらない背景には何があるのでしょうか。

――Yさんが、「キャッシュレス派」に変化したきっかけは?

Yさん:私は元々「現金派」で、財布も小銭がたくさん収納できるタイプのものを使って管理していたのですが、「キャッシュレス派」に変わったのは、去年の初夏くらいからです。

 これまで買い物は自転車に乗って10分くらいの商店街に行っていたのですが、コロナ禍で自宅中心の生活になったこともあり、徒歩2分で行ける距離のスーパーやコンビニにシフトしたんです。店が接触を避けるためにキャッシュレス専用のセルフレジを導入していて、それを利用したのがきっかけで、どんどんキャッシュレスで支払うようになりました。今では支払い機会の8割以上がキャッシュレスです。

――現在、決済手段は何を使っていますか?

Yさん:クレジットカード2枚と、交通系電子マネー、コンビニの電子マネーを持っていますが、素早く支払える電子マネーを使うことが多いです。以前は都度現金でチャージしていましたが、使う頻度が増えたのでクレジットカードからオートチャージする設定に変えました。モバイル決済は、いちいち起動するのが面倒なので、自分は好きじゃありません。

――割引や還元のメリットを得やすいモバイル決済もありますが、速さが重要だと?

Yさん:そうですね。昨年からレジ袋が有料化されて、コンビニとかだと買った商品を自分でエコバッグに詰める人も増えてきました。その影響もあってか、行列に並ぶ時間が以前よりも長く感じるようになって。現金払いの人は余計モタモタしているように感じるし、自分もまわりからそう思われたくないので、ササッと素早く支払えることが大事だな、と思います。

――他にキャッシュレス化してよかったことはありますか?

Yさん:確定申告が楽になりました! 個人事業主なので、毎年の確定申告が結構大変なんですけど、会計管理ツールにキャッシュレスの決済手段を登録しておくと、支払い内容が自動的に反映されるんです。「現金派」の時は、いちいち明細を手入力していたので、劇的に楽になりました。もう「現金派」には戻れないです。

――なるほど。Yさんはだいぶ変わったようですが……、Mさん(妻)は、いかがですか?

Mさん:私は相変わらず「現金派」です。クレジットカードも交通系電子マネーも持っていて、コロナのこともちょっとは気になりますけど、お金のやりくりは極力現金でやりたいんです。毎月の食費など、封筒に入れて減り具合を見ながら管理しています。

――そこまで現金にこだわるのには、どんな理由があるのでしょうか?

Mさん:一番大きいのは、現金は「モノとして確かにそこに存在する」ということだと思います。電子マネーとかデータのお金は数字が並んでいるだけというか……、使った感じがないから浪費しそうだし、自分がすぐに使えるお金が今いくらあるか、常に知っておきたい。災害の時は現金が強いというし、キャッシュレス決済はシステムの不具合や乗っ取りのような心配もあります。

――他にも何か理由がありますか?

Mさん:クレジットカードはまだしも、モバイル決済に関しては、私ちょっと機械が苦手なので、操作にもたついたりして、レジの人や後ろのお客さんを待たせてしまったら嫌だなと思う気持ちもあります。使うためには専用のアプリが必要だと思うんですけど、スマホのアプリをあんまり増やしたくないし、使うたびに自分の情報が取られることにもちょっと抵抗を感じます。

――キャッシュレス決済のポイントや還元を利用して、うまく家計のやりくりをしている人たちもいますが。

Mさん:そういうお得な仕組みやキャンペーンがあっても、誘惑に乗る気持ちは湧いてこないんですよね。職場の同僚でも「還元されたポイントを使ってランチを食べた」なんて話している人もいますが、「あ、そうなんだ」くらいにしか感じません。心の中で「自分には関係ないことだ」と線引きしているというか……。現金を使ってやりくりするのが、自分には一番合っていると分かっているので。

――今後Mさんがキャッシュレスに興味を持つとしたら、何がきっかけでしょうか?

Mさん:うーん。まさに今、子育てに追われていることもあり、「子育てママに〜」とか、自分のライフステージに即したキャッシュレスのメリット情報だったら、気になるかもしれません。

――なるほど。ちなみに、そんなMさんから見て、キャッシュレス派に変わったYさんはどう映りますか?

Mさん:すごいなと思う反面、正直、ちょっと冷めた目で見ている部分もありますね。「そんな不確かなものをなんで信じるの?」と思いますし、私をそっちの陣営に引き入れようと勧誘するのはやめてほしいです(笑)。

Yさん:そんなふうに思われているとは知りませんでした(笑)。いざやってみれば便利なんですけどね。

――現金派・キャッシュレス派の違いが夫婦仲に影響しないように祈っております。どうもありがとうございました!

現金派を動かすカギは付加価値を持たせることか

 いかがでしょうか。元々は「現金派」のお二人ですが、今ではだいぶ違う考え方になったようです。

 夫のYさんは、コロナ禍で利用店舗が変わったことと、非接触意識が高まってセルフレジを利用したことがきっかけとなり、キャッシュレス決済が習慣化されました。そこに「確定申告が楽になる」という思わぬ課題解決が加わったことで、一気に気持ちがキャッシュレスに傾いた様子が見てとれます。

 一方で妻のMさんは、コロナ感染を気にはしつつも、キャッシュレスという実体のないお金に不確かさを感じる気持ちは強く、「自分には現金が向いている」という信念を崩すには至っていません。ポイント還元など金銭的なメリットにも関心が薄く、態度を変えるにはかなりハードルが高そうです。

 ただ、Mさんのように、現金に対して「モノとして確かにあること」や「目に見える形で管理できること」に価値を感じる人は、案外多いのではないでしょうか。また、家計管理や節約術について情報発信しているブログやSNSを見ると、「封筒やケースを使って、現金を用途別に小分けにして管理する」ことを勧めているものも多く、これらの情報も「現金派」意識への後押しになっているように感じます。

 Mさんは、「子育てママなど自分のライフステージにマッチした情報訴求があれば、少し気になるかも」と話してくれましたが、その切り口でどこまでキャッシュレス移行の気持ちを喚起できるかは気になるところです。

 現実性は別としてジャストアイデアならば、

・還元されたポイントが、自動的に子供の教育資金用に積み立てられていく
・費目ごとにお金を仕分けでき、それぞれに設定した予算を超えると支払い時にアラートが出るなど、家計管理に特化した機能がある

……などいくつか考えられるところですが、いずれにせよ現金にはない付加価値性を持たせ、現金から得られる安心感を乗り越えられるかどうかが大きなポイントになりそうです。

 コロナ禍を機にキャッシュレス化が進んだ人。やっぱり現金中心でいきたい人。このあたりの意識がこの先どう変わっていくのか、あるいは変わらないのか。引き続き動向をみていきたいと思います。

◆レポート/三矢正浩(博報堂生活総合研究所 上席研究員)

【参考情報】
○博報堂生活総合研究所「新型コロナウイルスに関する生活者調査」
調査地域:首都40km圏、名古屋40km圏、阪神30km圏
調査期間:2020年3月から毎月上旬に調査実施
調査対象者:20〜69歳の男女1,500人
調査方法:インターネット調査
参考URL:https://seikatsusoken.jp/newsrelease/17275/