今年も全国的に雨の多いシーズンがやってきた。一日中雨が降っているようなら傘は必須アイテムだが、降ったり止んだりを繰り返すことが多い日は厄介だ。よく置き忘れたり失くしたりする人たちにとっては、試練の季節でもある。

「家や職場を出る時に傘を持たず、外で雨に降られてしまってしょっちゅうコンビニで購入しています。しかもその傘を、数日後には電車や飲食店に忘れてしまい、結局失くすという感じ」

 そう話すのは、メーカーに勤める30代の男性・Aさん。ビニール傘であれば、コンビニで1本約500円はするだけに馬鹿にならない出費だ。

「突発的に傘が必要になって購入する、ということが重なると、一人暮らしなのに、家にビニール傘が10本近くある時期も。一度、折りたたみ傘を持ち歩く習慣をつけようと思ったんですが、かばんに入れておくのも邪魔だし、結局身につきませんでした」(Aさん)

 人材業界で働く40代の女性・Bさんは、「高級な傘」を買った時ほど、その傘を忘れたり盗まれたりするという、いわば“マーフィーの法則”のようなものがあった。過去に1500円、3000円、6000円、1万5000円の4本を紛失してから、今ではビニール傘以外の傘を買わなくなったという。

「おしゃれな傘を買った時に限って失くすので、本当にへこみます。一番ショックだったのは、職人による手作り傘を失くした時です。雨傘にも日傘にも使えるし、気に入っていたのですが、それを失くして以来、もうビニール傘か、安い折りたたみ傘しか使っていません」(Bさん)

傘がなくても意外に困らない?

 そんなBさんは、ビニール傘に変更後、気の緩みなのか、高級傘を持っていた時よりも、さらに頻繁に忘れることが増えたというが、「傘は消耗品と割り切ることにしています」と気にしない。

「ビニール傘にしてみたら、もう元の傘には戻れなくなりました。そもそもビニール傘のほうが視界が広くていいし、なんだかんだで傘は骨が曲がったりする。使い棄てとまでは言いませんが、消耗品と割り切っています。ただ、ビニール傘は使っている人が多いので、お店の傘立てに入れていると、帰りに私の新しいビニール傘が持ち去られて、誰かの古いビニール傘が残っている……なんていうこともしょっちゅうです。最初は嫌でしたが、今はもう『そんなものかな』って気にしません(笑)」(Bさん)

 少数派かもしれないが、「傘を持たない」という選択をした人もいるようだ。フリーランスの30代男性・Cさんは、前出のAさんのようにコンビニでのビニール傘の購入と紛失を繰り返していた。そのループから抜け出したい気持ちから、ついには傘を持たないようになったという。

「真夏以外は、マウンテンパーカーを着ていることが多いので、どしゃぶり以外はフードで対応します。家から最寄り駅までは徒歩8分程度、コンビニもスーパーも近いので、傘がなくても意外に困りません。できれば、自転車みたいに傘をレンタルできるサービスが近くにあれば最高なんですけどね。買うよりも借りるのが当たり前、という時代が早く来てほしいです」(Cさん)

 たとえビニール傘でも積み重なれば痛い出費。他の節約をしていても、傘ばかり購入していてはせっかくの努力が水の泡。雨の多い季節こそ傘の扱いに気を付けたい。