様々な男女トラブルの中でも、「結婚」にまつわる問題は双方の人生に大きく影響するだけに、争いに発展しやすいもの。たとえば、結婚を約束した相手と長い年月を費やした後、一方的に別れを告げられたらどうするか。身勝手な別れを切り出した相手に慰謝料を請求することはできるのか。実際の法律相談に回答する形で、弁護士の竹下正己氏が解説する。

【相談】
 娘のことで相談です。最近、娘は結婚の約束をした男性と別れました。その男性とはつきあった当初から「結婚しよう」と言われていたので、それを信じて7年間ずっとつきあってきました。それなのに突然、「別に好きな人ができたから別れてほしい」と言われたそうです。結婚のことは口約束とはいえ、私も娘も納得できません。相手に婚約破棄の慰謝料を請求することはできますか。(三重県・55才・パート)

【回答】
 結婚は強制できませんが、結婚する約束、すなわち婚約をしたのに、相手が正当な理由なく婚約を破れば、婚約の不当破棄となり、蒙った精神的苦痛に対する慰謝料を請求できます。もし交際期間中、同棲して事実上夫婦同然に暮らしていれば、すでに内縁関係が成立しており、その解消を求めることは正当な理由がない限り、内縁の不当破棄になるでしょう。その場合は、慰謝料だけでなく、法律上の夫婦の場合と同様に、ふたりで築いた共有財産の財産分与を求めることができます。

 しかし、そこまでの関係ではなく、結婚を前提にした交際をしていただけだとすると、そもそも婚約していたといえるかが問題です。単に交際していただけでは、婚約にはなりません。婚約は、結婚しようという合意で成立します。娘さんは7年間交際し、最初から結婚しようと言われて信じたとのことですが、例えば男性からの結納や婚約指輪の交換があったり、お互いの親や親戚などに婚約者として披露したようなことがあれば、婚約が成立したと考えられます。

 こうした外形上はっきりした行為や出来事がなかった場合、「結婚しよう」という発言だけで婚約になるかは疑問です。というのは、婚約とは夫婦になる身分関係を成立させることを約束する行為であり、これが成立したというためには、将来婚姻することについての確実な合意が客観的に認められる必要があると考えられるからです。

 当事者間だけで結婚しようという話がされただけで、結婚に向けての具体的な計画が立てられないまま、7年も経過したとすると、その間結婚できなかった合理的な事情がなければ、男性の「結婚しよう」が真剣な結婚の申し出になるかは疑問に感じます。せいぜい、順調に交際が進んで条件が煮詰まれば結婚する趣旨と解釈される可能性もあります。

 とはいえ、娘さんの落胆は大きいようです。単なる大人の交際を超えた期待があったものと思います。もし最初から娘さんを騙していたとすれば、婚約の不当破棄というより、結婚するような言動自体が不法行為になる可能性もあります。

 そこで、婚約成立と客観的にいえる状況を裏付ける事情として、交際の具体的な経過、双方の親や親戚との交流、婚姻生活の準備、7年間結婚しなかった理由、結婚意思が読み取れる男性からの手紙やメールなどを整理して、弁護士会の法律相談を受けることをおすすめします。

【プロフィール 】
竹下正己(たけした・まさみ)/1946年大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年弁護士登録。射手座・B型。

※女性セブン2021年7月1・8日号