駐車に関するトラブルは多い。そのひとつが、私有地に無断で駐車されたというもの。もちろん無断駐車は不法行為だが、それに腹を立てて仕返しをしてしまうと、さらなるトラブルにつながるケースがある。実際の法律相談に回答する形で、弁護士の竹下正己氏が解説する。

【相談】
 私有地に無断で自動車を駐車する人がいます。先日、あまりにも長時間止めているので腹が立ち、私有地に鎖を張って自動車が出られないようにしたところ、無断駐車をした人が「鎖が張ってあるから出られない」と文句を言ってきました。「無断駐車をする方が悪い」と言うと、「自動車が出られないようにされたと訴える」と逆ギレされました。もし訴えられたら、私の方が悪いと判断されるのでしょうか。(京都府、48才・女性)

【回答】
 いまの状態が膠着したまま継続すると、あなたの分は相当に悪くなります。他人の土地に無断駐車することは土地所有権の侵害です。駐車している場所が道路状態で個人の所有地とは思えないような場合を除き、無断駐車している相手は、故意または過失であなたの土地を侵害する不法行為をしていることになります。ですから、無断駐車の人物に対して、あなたは自動車の撤去を請求できます。もし無断駐車で損害を被っていればその賠償も請求できますが、実際には損害がいくらになるかの証明は難しいと思います。

 ここで重要なのは、あなたは自動車の撤去を請求できても、自動車の移動を禁じる権利はないということです。有料駐車場の場合であれば、駐車場経営者は駐車料金を支払うまで自動車を留め置く、留置権という権利を取得します。しかし、あなたは車を預かったわけではないので、仮に損害賠償を請求できるとしても、自動車を動かさないようにする権利はありません。

 現在の状態のそもそもの原因が無断駐車した相手にあったことは間違いありませんが、あなたが鎖で塞ぎ、相手の自動車が出られないようにすると、今度はあなたが他人の自動車を占有することになります。

 例えば、無断駐車者を特定するために必要な時間や、無断駐車を告げて今後の再発防止を求めるなどの行為に必要な時間など、合理的な範囲を超えてもなお自動車を出させない場合は、自動車所有者の権利を侵害する不法行為になります。出したいのに鎖で塞いで自動車を出させないと、あなたが出ることを妨害しているので、自動車があなたの土地を違法に侵害していることになるか疑問ですし、損害が継続するとしても、あなたの行為により発生するのですから、相手に賠償の請求はできません。

 その一方で、あなたが相手に自動車を使わせなくしたため、例えば相手がタクシーに乗ったり、代車を使ったりせざるを得なくなったとすれば、あなたの不法行為による損害として相手は賠償請求できます。無断駐車に比べてずっと証明のしやすい損害です。

 そこで、このままの状態が継続して、相手があなたに自動車の引き渡しと損害賠償を請求する裁判を提起してくると、反論は難しいと思います。一定の謝罪があれば、自動車を出してあげ、今後は無断駐車をしないと約束してもらうのがよいでしょう。自動車が自由に出られない鎖の設置ができるのですから、これからは、その鎖で無断駐車を防止してはいかがでしょうか。

【プロフィール 】
竹下正己 (たけした・まさみ)/1946年大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年弁護士登録。射手座・B型。

※女性セブン2021年7月15日号