コロナ禍でおうち時間が増えたいま、趣味や学びへのニーズが高まっている。趣味を持つことで、生きがいを感じるようになった人も多いだろう。多彩な趣味を持ち、人生を謳歌している歌手の中尾ミエ(75才)に話を聞いた。

 日本語版ブロードウェイミュージカル『ピピン』(2019年上演)では、当時73才にして、空中ブランコに乗りアクロバットを披露した中尾。

「来年、再演が決まっていて、もちろん逆さ吊りで歌う場面もあります。おそらく私、最高齢の空中ブランコ乗りじゃないかしら」と笑う。

 中尾のパワフルさは仕事にとどまらず、趣味の多彩さにも発揮されている。特に、50才から始めた水泳は、ほとんど泳げない状態から始め、1年後には「ウーマンズ・マスターズ水泳競技大会」(18才以上上限なしの女性が競う大会)に出場。年々記録を伸ばし、世界大会にも参加するほどになった。

「大会を実際に見て、『私も出たい!』と思い、コーチについて特訓しました。私は目標があると頑張れるタイプなの。水泳は全身運動だから体にいいし、リゾートホテルのプールで優雅に飛び込んでみたいという願望もありました(笑い)」(中尾・以下同)

 多くの趣味を持つようになった動機は何なのだろうか?

「体が動くうちに楽しめることはやっておきたいと思って。“そのうちに”なんて言っていたら、間に合わないから」

仲間と一緒にどんどん新しいことに挑戦

 趣味を満喫する背景には、仲間の存在が大きいと言う。

「私がやってみたいことを『じゃあ一緒に習おう』といって20人くらいでやっているんです。最初は水泳、次は料理、水彩画、書道、フラワーアレンジメントもやったわね。水泳以外は、3年くらいで『はい、次』と、新しい習いごとに変えていくんです。趣味を続けるのも、やっぱり仲間が必要です。励ましたり、褒めてもらったりすると、頑張れるんですよ」

 いろいろなことを試していると、自分の意外な才能に気づくこともある。

「興味がないことでもやってみると、『私、こんな才能があったの?』と、新たな自分を発見することがあるんです。それもまた、うれしいのよ」

 現在は俳句で、例外的に5〜6年続いている。

「体が動かなくなったときに楽しめる趣味にと習い始めました。運動と違って『これまで使っていなかった脳を使っているな』と感じます。やり始めたら奥深くて、月1回の句会は当分続きそうです」

 俳句は難しそうですね、とつぶやくと、間髪入れずに「それを言ったら何も始まらない!」と、ぴしゃり!

「最初からできないのは当たり前。わからないから習うんです。まずは一歩踏み出してみること。いまさら人に教わりたくないという人もいるけれど、人生って恥をかくのがいちばん勉強になるのよ」

 中学を卒業してすぐにデビューしたこともあり、人から習うことは“快感”だという。

「私、習うことには素直ですよ(笑い)。それに、続けていれば必ず成長するのがわかるから、自分に自信が持てる。私だって、空中ブランコなんかできると思わなかったもの。1つできると来年の自分が楽しみになってきて、年を取ることが不安じゃなくなるんです。一度経験したら、芋づる式に『次はこれをやってみよう』と思えるようになる。

 人生には限りがあるんだから、どんどんやりたいことをやればいいのよ。極めなくたって、広く浅くでいいじゃない、プロになるわけじゃないんだから!(笑い)」

コロナ禍で生まれた新しいコミュニティー

 コロナの感染拡大で水泳やジムでの運動ができない間は自宅近くの公園の遊具で自主トレを行っていた。

「ぶらさがり運動やストレッチを黙々とやっていたら、ある日、同じ公園でラジオ体操をやっているご近所さんたちが、『私たちもミエさんみたいになりたいので、ご一緒させてください』と、参加するようになったの。通称『ミエ道場』(笑い)。いまは10人くらいに増えました」

 毎朝30分。はじめは鉄棒にぶらさがれなかった人が、1か月くらいでできるようになったり、筋肉がついて体が締まってくる。

「がぜんやる気が出て、みんな熱心にやっています(笑い)。いまでは料理好きの人が差し入れをしてくれたり、園芸が得意な人が庭の手入れ法を教えてくれるつきあいになった。同年代の人ばかりで、頼ったり頼られたりがうれしいんです」

 ミエ道場の仲間たちは、中尾の舞台にも駆けつける。

「たまにはおしゃれして都会に出るのもいい気分転換になるみたい。きれいにお化粧して舞台で歌う私を見て、また尊敬してもらえるしね。ミエ道場ではいつも私、スッピンだから(笑い)。参加者の1人が『家の近くでこんなに楽しいことがあったなんて!』と、喜んでいました。家に閉じこもりがちの人は、近くの公園でも出かけてみると、いい出会いがあるかもしれませんよ」

 ちなみに、次は空手の型を習おうか、と計画中だ。

「DIY(日曜大工)もいいし、まだまだやりたいことが、たくさんあるのよね」

【プロフィール】
中尾ミエ(なかお・みえ)/1946年生まれ。1962年、デビュー曲『可愛いベイビー』が大ヒットし、一躍スターに。豊かな表現力と話術で舞台やバラエティー番組でも活躍中。7月1日より『快決 中尾ミエ!悩みなんて歌って♪吹き飛ばしちゃいなさい』(J:COM)がスタート。

取材・文/佐藤有栄

※女性セブン2021年7月15日号