日々進化するコンビニの中華麺。最近は有名店とのコラボメニューも増え、なかでも“二郎インスパイア系”と呼ばれる、太麺でニンニクの効いた醤油ラーメンが人気となっている。コンビニグルメに詳しいライターの小浦大生氏が説明する。

「これまでも、セブン?イレブンが千葉県松戸市の有名店『中華蕎麦とみ田』とのコラボ商品を発売し、ローソンも人気店『麺屋一燈』が監修するラーメンを発売、ファミリーマートは東京駒場の『千里眼』監修の商品を発売しました。もちろん実店舗のラーメンを完全に再現できているわけではないですが、実際のラーメンの魅力を上手く落とし込んだコンビニラーメンとなっています。実店舗にはなかなか行けないというラーメンファンにとっては、家で手軽に“二郎インスパイア系ラーメン”を食べられるということで、とても人気の高い商品でした」

 この夏には、ローソンとファミリーマートが、それぞれ二郎インスパイア系と捉えることができる名店監修の“冷やし麺”を販売。今回は、その2つの商品をマネーポストWEBのコンビニグルメ担当記者Aが実食した。

ローソンは『麺屋武蔵監修 冷し真剣そば』

 ローソンは、都内に15店舗を構えるラーメン店『麺屋武蔵』が監修する『麺屋武蔵監修 冷し真剣そば』(598円)を販売している。

「麺屋武蔵は、店舗ごとに個性豊かなラーメンを販売するお店で、いわゆる“二郎インスパイア系”のお店というわけではありません。しかし、ローソンから発売された『麺屋武蔵監修 冷し真剣そば』は、極太麺、刻みニンニク、もやし、キャベツという要素が揃っている点で、二郎インスパイア系に近い雰囲気があると思います」(小浦氏)

 極太麺には煮干し粉が掛かっており、刻みニンニクとゆず入り七味がトッピングされている。具材は、もやしキャベツ胡麻和え、ゆで卵(1個)、チャーシュー1枚。ニンニク入りの豚骨白湯魚介スープをかけて、よく混ぜてから食べる。カロリーは626kcal。具材とスープを含めた総重量を実測したところ、464gだった(容器を除く)。

「スープは見た目からしてかなり濃厚そうですが、実際に麺と一緒に食べてみると、ほんのりとした甘みがあって、意外と食べやすい。魚介のパンチは効いているものの、味も濃すぎず、一気に食べられます。麺は極太で噛みごたえ十分です。この弾力ある食感と刻みニンニクの風味は、まさに二郎インスパイア系の雰囲気そのものです」(記者A)

 具材では、ゆで卵が圧倒的な存在感を発揮している。

「茹で加減は、ちょっと硬めの半熟といったところ。半分に割って、黄身がギリギリとろっと出てこないくらいです。これが、本当においしい。スープとの相性もバッチリで、何より1個まるごとというのもうれしい点です」(記者A)

【ローソン】
『麺屋武蔵監修 冷し真剣そば』
価格:598円
カロリー:626kcal
具材:刻みニンニク、ゆず入り七味、もやしキャベツ胡麻和え、ゆで卵(1個)、チャーシュー1枚、煮干し粉
総重量(具材含む、計測値):464g

ファミマは千里眼監修の『マシマシにんにく冷し中華』

 ファミリーマートは、東京駒場の超人気店『千里眼』が監修する『マシマシにんにく冷し中華』(598円)を発売した。

「ファミリーマートの千里眼コラボラーメンは、コンビニの二郎インスパイア系のなかでも特にクオリティーが高いと言われています。そして、冷やし中華は『千里眼』の夏場の定番メニューとして、大人気の商品です」(小浦氏)

 極太麺と、ニンニクがしっかり効いた白湯ベースの醤油スープを合わせた冷やし中華。細切りの長ねぎ、玉ねぎ、きゅうり、にんじんなどからなる生野菜と、4枚の鶏チャーシュー、そして千里眼おなじみの辛口揚げ玉がトッピングされている。さらにマヨネーズが別添されている。カロリーは、728kcal。スープ・具材を含めた総重量は505gだった(容器除く、実測値)。

「これまでのコンビニラーメンのなかで、トップクラスにパンチが効いていますね。とにかく、スープが濃厚で、味も濃い。とてつもない食べごたえで、最初はちょっと驚いてしまいましたが、これが何ともクセになってくるから不思議です。

 そして、別添のマヨネーズと生野菜の爽やかさが見事にマッチして、濃厚すぎるくらいのスープを上手くマイルドにさせていくのも面白い。スープのパンチが効いているにも関わらず、時折揚げ玉がしっかりと主張してくるのもいいですね。具材のバランスが完璧です」(記者A)

 極太麺もつるつると食べられるという。

「麺は太くて噛みごたえ十分ですが、つるっとした食感が強い印象です。まさに冷やし中華という感じで、夏場でも食べやすい二郎インスパイア系ですね。あと、鶏チャーシューも“冷やし中華感”が強くて、ベストマッチです」(記者A)

【ファミリーマート】
『マシマシにんにく冷し中華』
価格:598円
カロリー:728kcal
具材:生野菜(長ねぎ、玉ねぎ、きゅうり、にんじん、紫玉ねぎ)、鶏チャーシュー4枚、辛口揚げ玉、マヨネーズ(別添)
総重量(具材含む、計測値):505g

 夏に販売されるコンビニの“二郎インスパイア系冷やし麺”の今後ついて、小浦氏がこう分析する。

「コンビニの“二郎インスパイア系ラーメン”は、有名店とコラボすることで、どんどんクオリティーが高まり、現在では定番になりつつあります。夏場の“二郎インスパイア系冷やし麺”についても、同様に人気商品となり、定番化していきそうな勢いがあります。暑くて食欲が出ない時期だからこそ、冷やし麺でガッツリ食べられるというのも大きなメリットです」

 この夏、濃厚でボリューミーなコンビニの“二郎インスパイア系冷やし麺”に挑戦してみる価値はあるかもしれない。