最後は子供が親の面倒を見るもの――そんな“常識”は、とうに時代遅れのものになっている。独立した子供たちには、それぞれの家庭と生活があり、年老いた親が頼りにしようとしたところで、ろくな結果にはならない。むしろ、子供に相談したことが、取り返しのつかない悲劇を招くこともある。尊重されるはずの「故人の遺志」も、子供の勝手な判断でないがしろにされてしまうことがある。

「夫は長期の入院の末、病院で亡くなりました。『死んだ後、一度は自宅に帰りたい』と言っていたので、私も自宅安置が当たり前だと思っていました。

 ところが、葬儀社との窓口だった長男が『家だと狭いし、ドライアイス交換も大変だから』と、勝手に葬儀社の安置所に運ぶ手配をしてしまったんです。私が『せめて、自宅の前を霊柩車で通ってあげて』と懇願して遠回りしてもらいましたが、夫はどれだけ寂しい思いをしたことか……」(愛知県在住の70代女性)

 希望していた葬儀の形を、子供が勝手に変えてしまうケースもある。悲しそうに話すのは栃木県に住む80代女性だ。

「3年前に亡くなった夫は家族葬を望んでいました。子供たちも同意してくれると思っていたら、長男が『盛大にしたい』と言い出した。夫とは面識のない自分の会社関係者や友人にも声をかけ、参列者は200人近くに。『親戚に“寂しい葬式でお父さんが可哀相だ”と言われたくない』とか、自分本位の話ばかりしていた。それなのに葬儀費用は『親父の遺産から出して』と、当然のように言うから呆れました」

 本人が死んだ後の話だからいいだろうと片付けてはいけない。子供がよくても、妻や友人・知人が悲しむケースがあるからだ。

「子供たちだけで話し合い、私には『家族だけで見送ることにしたから』と事後報告。夫が残していた、親しい友人などの参列者リストは完全に無視されてしまった」(東京都在住の80代女性)

「次男が葬儀代に納得せず、値切ること値切ること。遺影は『写真を加工するだけでなぜこんなにかかるんだ』とか、『骨壺の原価はいくらか教えてほしい』とか、業者に詰め寄っていました。祭壇のお花も減らし、空いたスペースはレースで補うことに。さすがに胸が痛みました」(長野県在住の80代女性)

 子供に大まかに希望を伝えておくだけでは不十分ということだ。相続・終活コンサルタントで行政書士の明石久美氏はこうアドバイスする。

「親子の話し合いの場で、希望をしっかりと述べたうえで一緒に葬儀社で見積もりを取ることです。参列者の数や祭壇、お清めの料理やお返しなど、葬儀社に相談しながら詳細に見積もりを取ることで、葬儀の知識がない子供の側にもイメージが共有されて、親の願いが叶いやすくなると思います」

 お墓にも親子トラブルはつきものだ。

「たとえば、菩提寺に墓があるのに、遠くて墓参りが大変だからと子供が自分の家の近くに新たにお墓を建て、菩提寺の墓を放置し菩提寺や親戚ともめるケースもある」(明石氏)

 自分たち夫婦の望みを叶えたいなら、子供任せにしないことが肝要だ。

※週刊ポスト2021年7月16・23日号