昨今、「FIRE(Financial Independence, Retire Early)」という言葉が注目を集めている。若いうちから資産形成して「経済的に自立」して「早期リタイア」を実現する、という意味だ。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏(47)は、2020年夏にそれまで続けていた多くの仕事を整理して、現在は佐賀県唐津市に移住し「ストレスのない範囲で適度に働く、快適な生活」を送っているという。中川氏はいかにしてそうした生活を手にしたのか、自身の経験を振り返る。

 * * *
 私は2013年以降、「2020年、47歳の時にセミリタイアをする」と言い続け、2020年8月31日をもってそれを実行しました。「セミリタイア」の意味としては「定期的に職場に行くなど、がっつり関わっていた本業は辞めて、それ以外の偶発的な仕事はやる」というものです。

 だから、厳密には「FIRE」ではありません。強いて言うなら「プチFIRE」といったところでしょうか。相変わらず仕事はしていますが、仕事量も収入も激減しています。この生活を選んだ正直な理由は、「過度に働く人生はもう47歳までやったからこれ以上はイヤだ。適度に働き、快適な生活を送りたい」と考えたからです。

 さて、「FIRE」といえば、若いうちにお金を貯めることができた人が実践するもの、というイメージがあるでしょう。まぁ、それはそうです。やはり先立つものがなければ、セミリタイアすらできませんから。その際に大事なのは、そのお金をいかにして手に入れるか、です。

 そんな私も、今のような状況になるまでには、色々と諦めたことも多いんですよ。

 最初は新卒で広告会社に入社したわけですが、まず「会社員として安定した仕事を定年まで続ける」ということができなかった。私みたいなスーダラな人間が、定年まで仕事を続けるのはキツいだろうな……と、サラリーマンからフリーランスになりました。そうなると、次のような事実に直面します。

「フリーランスは社員より収入が少ない人がほとんど。一方で、少数派だが社員よりも稼げる人もいる」

 私はこの後者たる「社員よりも稼げる少数派」を目指しました。もちろん上場企業の役員報酬なんかとはレベル違いますが、20代後半の会社員時代から、早くお金を貯めるにはフリーがいいかな、と思っていた次第です。実際、フリーランスとして社員時代より稼げるようになったものの、そこまでの過程で私は以下の3点を諦めました(最初から求めていなかったものもありますが)。

【1】マイホーム
【2】子供
【3】社会的信用

 個人的には、これらを諦められることができれば、40代にして「FIRE」を実現する近道になるのではないか、と考えています。もちろん、お金を稼ぎまくっている外資系コンサルや投資銀行の社員や、株やFX、仮想通貨(暗号資産)なんかで一発当てた人は別かもしれませんが、あくまでも一般的な仕事をしてきた方は、この3つを諦めると案外「FIRE」(に近いこと)を実現できるのではないでしょうか。その実例が私です。

 セミリタイア後は東京を離れ、今は佐賀県唐津市に住んでいますが、40代ぐらいの男性で、仕事以外で平日の昼間から商店街をぶらぶらしている人間なんて、多分私ぐらいのものだと思います。

 はたから見ればあの人はなんなんだろう、と思うかもしれませんが、こうした気ままな生活を手に入れることができたのは、上記【1】【2】【3】を諦めたことからもわかるように、まったく他人様からの評価を気にしなかったからというのが大きいです。

「もういい年なんだから、マイホームぐらい買え」
「子育てをしない人生なんて、人生をかなりの部分、損している」
「安定した仕事ではないフリーランスなんて馬鹿な人生だ」

 今まで散々、こうした意見を聞かされてきました。しかし、私はいずれも「うるせぇよ。オレはオレ、お前はお前」とスルーしてきました。そしてお金を貯めて、従来からの目標のひとつであったセミリタイアを実現したところ、なぜか47歳にして“今、流行りの「FIRE」を実現した人”と、他人から見られるようになったわけです(まぁ、この評価もどうでもいいんですけど)。

 今は、私は私で、好きに唐津でビール飲んで、魚釣ってクワガタ獲る生活を楽しんでいます。ここまでに諦めたものも多数ありますが、その代わりに手にした今の生活は快適そのものです。もちろん人によって選ぶべきライフスタイルは様々だと思いますが、私は自分の選択は間違っていなかったと感じています。

【プロフィール】
中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう):1973年生まれ。ネットニュース編集者、ライター。一橋大学卒業後、大手広告会社に入社。企業のPR業務などに携わり2001年に退社。その後は多くのニュースサイトにネットニュース編集者として関わり、2020年8月をもってセミリタイア。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)、『縁の切り方』(小学館新書)など。最新刊は『恥ずかしい人たち』(新潮新書)。