訪れた“人生の転機”で、どう行動するかによって人生は大きく変わる──。新たな一歩を踏み出して「人生を変えた」ひとり、シンガーソングライターの庄野真代(66才)にこれまでの人生の歩みを振り返ってもらった。

 1978年に『飛んでイスタンブール』が大ヒットし、一躍その名が知られることとなった庄野真代。

 高校時代から作詞作曲を始め、22才でアルバムデビュー。昔から音楽一筋だったのだろうと思ってたずねると、意外な答えが返ってきた。

「全然。本当は大学で法律の勉強をしたかったんですが、第一希望の大学に落ちたの。浪人するつもりで大阪から東京に来たら、歌の比重が大きくなりまして(笑い)。『大学はいつでも行けるから、いまは歌をやってみよう』と、そのときの優先順位で決めただけ。歌手でやっていく明確な目標はなかったですね」(庄野・以下同)

 ヤマハボーカルタレントオーディションに受かり、歌手としてのレッスンを始めるも、デビューの話は来ず。

「20才でやめようと決意し、私が歌をやっていた証を残すため、最後に『全国フォーク音楽祭』に応募したところ、予選でグランプリを獲得。歌い納めのつもりで行った本戦でスカウトされたんです」

 デビュー作は、高校時代から書きためてきた曲を集めたアルバムだった。

「このときもまだ、記念になるアルバムができたらいいなというくらいの感覚でしたが、これを売るためにたくさんの人がかかわっていることを知り、いま持っている力の200%で取り組まないと申し訳ないと、責任の重大さを実感したのです」

 そして、24才で『飛んでイスタンブール』と出合い、その後の活躍は周知の通りだ。

タイで出会ったバスの運転手の言葉

 仕事が絶好調だった1980年、25才の彼女は2年間休業して世界一周の旅に出る。

「帰ってきたときに、いまのポジションはないかもしれないという覚悟はありました。でも、歌は何才になってもできるけれど、25才の旅はいましかできないから、旅を選ぶ方が私にとって意味がある、と思ったんです。

 そのかわり、旅立つ前の1年間は全国ツアーを回り、自分の作詞作曲のアルバムを作るなど、悔いのないように全力で取り組みました」

 世界一周は当時の夫(作曲家の小泉まさみ氏)とのふたり旅。28か国132都市を1年かけて回り、残りの1年は米ロサンゼルスで暮らした。

 この旅で最も印象に残る出来事が、その後の人生の大きなヒントとなった。

「タイで出会ったバスの運転手の言葉に衝撃を受け、深く考えさせられました。『タイはいま、主要産業であるえびの養殖場を各地に増やしています。そのためにマングローブの森が減少し、環境破壊が起きています。タイのえびをたくさん食べている日本から来たあなたはどう思いますか?』と聞かれて、何も答えられなかった。『地球で起きていることになんて無知だったんだ』と痛感し、この旅を、地球を知る旅にしようと決めました」

 旅から戻ると、初のエッセイを出版。ミュージカルの出演や、シンガポールでのデビューなど、仕事の幅を次々と広げていった。ところが1999年、44才の庄野は事故と病気で、立て続けに入院することになる。

「人間の命には限りがある。その中で、自分はどれだけ夢を実現してきただろうと、ベッドの中で考えました。そして、やれていないことをノートに書き出してみたんです。小学校ではバレエ、芸能界に入ってからは隠し芸大会、とかね(笑い)」

 そこには「環境の勉強をする」「歌手を選んで実現できていないキャンパスライフを送る」という2つもあった。

「退院後、法政大学が人間環境学部を創立し、社会人入試を行うという新聞記事を見つけ、『これはやるしかない!』と、にわか勉強を始め、2000年、45才で大学生になりました。念願のキャンパスライフも、最初は『おばさんだし……』なんて遠慮していましたが、すぐに同化できました(笑い)。上下関係がなく、全員均等の環境にいるという体験もよかったですね」

 ボランティアの授業の一環で、歌を聴きに行けない人に歌を届ける『TSUBASAミュージックデリバリー』というプロジェクト案が採用され、サークル化されたこともある。

「その数か月前、脳腫瘍のため、母が73才で亡くなりました。実は生前、『ホスピスにいる患者さんたちに音楽を聴かせてあげたいんだけど、何か方法はないかしら』と相談を受けていたんですが、忙しくて何もできなかった。そのことを思い出して立案しました」

 イベントは大盛況。聴衆の満面の笑みに、母の願いを少しだけかなえてあげられた思いがしたという。

英国留学でボランティアのあり方を考える

 その後、学費免除の奨学生に応募し、英国ウエストミンスター大学への1年間留学を果たす。

 英国では、国際的なボランティア団体の『オックスファム』で、ボランティアのあり方についての意識を新たにしたという。

「たとえば、リサイクル品を扱うチャリティーショップでは、元図書館司書はきれいに本を仕分けし、掃除が大好きなおばあさんは棚の裏をピカピカに磨き、元ブティック店員はディスプレーに励む。それぞれが自分のスキルを提供することで、誰もが無理なくボランティアを実践していたのです。

『私のスキルを生かすならチャリティーコンサートかな』とつぶやいたら、周りの仲間が手助けを申し出てくれて、結果的にロンドンのセントジェームズ教会でのコンサートが実現。寄付もたくさん集まりました。私の行動って、いつもなりゆきなんです(笑い)」

 こうした経験が基盤となり、2006年にNPO法人『国境なき楽団』(現・市民団体『国境なき楽団PLUS』)を設立。音楽を軸とした障害児などへの支援活動を続けている。

「これまでずっと、歌手という職業にとらわれず、興味の向く方向に突き進んできました。興味を持つきっかけは周りにたくさんあるから、何を、いつ、キャッチするかが大切なんだと思います。自分はいま何に興味があるの? 何を知りたいの?と、常に自分に対する問いをたくさん持っておくと、必ずそれに結びつくものが見つかると思います」

 岐路に立つたび、「いましかできないことをする」を判断基準にしてきた庄野。その決断が、彼女の柱となる歌とボランティア活動に大きな影響を与えている。

取材・文/佐藤有栄

※女性セブン2021年7月29日・8月5日号

[caption id="attachment_811428" align="aligncenter" width="650"] 『国境なき楽団PLUS』のボランティア活動の1つ、『子ども食堂しもきたキッチン』にて
[/caption]