スーパーやコンビニでのレジ袋有料化が義務付けられてから1年。レジ袋にお金を払ったり、エコバッグを使ったりする生活も徐々に定着してきているが、それでもやはり煩わしさを感じているという人は少なくないかもしれない。そういった煩わしさを解消するものとして利用者が増えつつあるのが、セルフレジだ。コンビニ事情に詳しいライターの小浦大生氏は、こう話す。

「セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートなど、コンビニ各社がセルフレジを導入しています。自分で商品のバーコードを読み取って、各種電子マネーなどで決済します。セブン-イレブンでは、現金も利用できます。

 セルフレジは使い方がわからないという人も多いかと思いますが、基本的に端末に表示される指示通りに、タッチパネルを操作すれば問題ないようにできています。ポイントカードの利用などもできます」(小浦氏)

「自分のペースで袋詰めできる」メリット

 昨年のレジ袋有料化以降、コンビニではセルフレジしか利用しなくなったというのは、都内に住む男性・野中さん(仮名、40代/自営業)はこう話す。

「セルフレジは自分で操作をしなくてはならないので、最初は面倒くさいという認識でした。でも、エコバッグを利用するようになってからは、自分のペースでスキャンも袋詰めもできるので、断然セルフレジのほうが快適です。

 有人レジの場合、後ろに待っているお客さんをプレッシャーに感じて、袋詰めをしている間の時間がストレス。でも、セルフレジはそれが一切ありません。割り箸やスイーツ用のスプーンなどもすぐ横に置いてあり、いちいち『どうしますか』『ください』といったやりとりがなく、自由に持っていけるのもいい。有人レジで会計をしてスプーンが入っていないと“店員さんが忘れた”という感じがして腹が立つこともありますが、セルフレジなら、スプーンを取り忘れても“自分が悪い”と納得できて、精神的にラクです」(野中さん)

 また、コロナ禍でマスクをつけた生活が続くなか、店員とのコミュニケーションを煩わしく感じる人もいるようだが、その点、セルフレジはコミュニケーションも必要ない。

「マスク生活になってから、コンビニのレジで店員さんに電子マネーの種類を伝えるときに間違って伝わってしまったり、店員さんが何を言っているか聞こえづらかったりして、地味にストレスでした。セルフレジなら自分で利用する電子マネーを選ぶので、間違いがない。あと、店員さんがレジにいない時にわざわざ呼ぶ必要もなく、セルフレジで全部できるのもうれしいです」(野中さん)

 とはいえ、セルフレジでは購入できない商品や利用できないサービスもあるので、注意が必要だ。前出・小浦氏が語る。

「セルフレジでは、たばこやプリペイドカードなど、有人レジでのスキャンが必要な商品は購入できません。他の商品を買おうとしていて、ついでにたばこも…と思っても、セルフレジでは購入できないので注意が必要です。また、領収書をもらうには店側の押印が必要となるため、やはり店員を呼ぶ必要があります」

 買い物時のストレスを軽減するコンビニのセルフレジ。今後、その需要はどこまで高まるか。