他人の家や店舗のコンセントから勝手に電力を拝借することは、窃盗にあたるという。では無断で水道を使われた場合も窃盗の罪に問えるのだろうか。弁護士の竹下正己氏が実際の相談に回答する形で解説する。

【相談】
 驚きの事件です。コンビニの駐車場に設けられたコンセントを使い、持参のポットで湯を沸かし、焼きそばを食べた男が捕まったとか。電気を無断で使用すると泥棒になるそうです。となると、私の住む公団の共用の水道場でも、何者かがバケツ2杯分の水を持っていくのですが、それも罪になりますか。

【回答】
 刑法235条では「他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、十年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する」と定められています。

 窃盗は他人の財物を窃取することです。窃取とは、他人が占有している他人のモノを、占有者の意思に反して占有を奪い、自分の占有下に置くことをいいます。

 窃取の対象は財物ですから、常識的に考えて財産価値のあるモノ、すなわち有体物を指しているように見られます。電気をモノというのは不自然ですが、窃盗の規定が置かれているのは刑法第36章の「窃盗及び強盗の罪」という章で、同章245条では「この章の罪については、電気は、財物とみなす」と定められているのです。

 そのため、電気を盗むと窃盗になります。

 刑法は明治40年に制定され、その後、現在の口語体になったのですが、この刑法制定前の旧刑法には、同種のみなし規定はありませんでした。しかし、明治36年での大審院(今の最高裁)は、可動性及び、管理可能性があるものが窃盗の目的物になるのであり、形が見えなくても、電気は五感で存在がわかり(確かに、感電すれば、痺れます)、蓄電すれば、移動できるので窃盗の対象になるとしました。

 これが有名な「電気窃盗判決」です。法文の拡張解釈の典型として知られていますが、反対論も多くあり、今の刑法制定時に、前記245条が設けられた──という経緯があります。

 電気と違い、水道の水は目に見えるモノです。料金が支払われる財産的価値もあるので、財物なのは間違いありません。公団で共用される水道であれば、公団が管理し、占有しているモノといえます。

 したがって、公団に無断で水道の水をバケツに汲んで持ち出すのは、他人の財物を窃取したことになります。よって、窃盗です。

【プロフィール】
竹下正己(たけした・まさみ)/1946年大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年弁護士登録。

※週刊ポスト2021年8月27日・9月3日号