2020年の倒産件数が過去最多を記録したラーメン業界。コロナ禍で多くの店が経営難に陥るなか、昭和からずっとある「赤看板」の老舗チェーン「ラーメンショップ」(通称「ラーショ」)が人気を集めている。

 コロナ禍でも固定ファンをキープする要因は、“東京豚骨”と呼ばれるこってり系の豚骨醤油ラーメンの味もさることながら、朝早くからオープンし、駐車場の広いロードサイドに立地している店が多いため、トラックドライバーや建設作業員などに長年のファンが多いことなどが挙げられる。

 ネットやSNSでもラーメンショップに関する投稿が増えており、2019年末にフェイスブックを開設した「ラーメンショップ同好会」では、会員数が急増。ユーチューブのグルメ系動画でもラーメンショップはもはや「定番」。インスタグラムにも昨年2月に「ラーショ部」なるファン・コミュニティができている。

驚くほど緩いフランチャイズ形態

 フランチャイズの本部となっているのは「椿食堂管理有限会社」。さっそく電話してみたが、「取材には応じていません」と断わられてしまった。『東京ラーメン系譜学』(辰巳出版刊)の著書があるフードライターの刈部山本氏がいう。

「創業以来、取材拒否の方針を貫いています。本部がメディアに出たことは一度もありません」

 そこで『週刊ポスト』は都内の人気店舗・堀切店(葛飾区)に取材を申し込んだ。

「本部に断わられた? まあそうだろうねえ。取材拒否は何かこだわりがあるというより、各店舗で統一した営業ルールなんてないから、特別答えることもないんじゃないかな」

 そう言って苦笑いする店主の話を聞いていくと、ラーメンショップの「驚くほど緩い」フランチャイズ形態が明らかになってきた。

「フランチャイズ店といっても、売り上げの何%といったロイヤリティはなく、仕入れる材料費のなかに含まれているだけ。月々の報告みたいなものも一切ありません。本部と連絡を取るのは、仕入れの電話注文のときだけですよ。材料にしても本部から『これを使って』と言われたことは一度もないですね。

 基本の醤油だれと味噌だれ、それと辛みの効いた調味料の『クマノテ』。これを外したらラーメンショップの味にならないから、そこはちゃんと仕入れているけど、あとは独自に工夫してやっている。ウチは麺もオリジナルのものを使っています」(店主)

 クマノテとは、ラーメンショップの定番トッピングであるねぎの味付けに欠かせない粉末のこと。

「本部が『クマノテ』と名付けているんだけど、これがないと美味しくならないんですよ。成分がなんなのか、私にもわからない」(同前)

 大きくて底が浅い水色のどんぶりもラーメンショップの共通点だが、これにも決まったルールはない。

「どこで何を買って使っても本部には何も言われない。『かっぱ橋道具街でもっと安いのを買ってきてもらっていいですよ』なんて言われたこともある」(同前)

 堀切店の店主は父親の跡を継いだ2代目で、一度だけ契約書を見たことがあるというが、そこには「ラーメン以外のものを置かないように」と書かれていたそうだ。

 実際にはそれすら守られず、「ねぎ丼」などのご飯ものや独自のセットメニューを出している店も少なくない。

「勝手に周りがSNSで盛り上がってくれた」

「この自由さがSNS時代にマッチした」と語るのは、流通ジャーナリストの坂口孝則氏だ。

「一般的なチェーン店には厳格なレシピがあって、全国どこでも味は統一されているのに、ラーメンショップは店舗ごとにメニューがバラバラ。背脂がたっぷり入る店もあれば、鰹だしの透き通ったスープが売りの店まで千差万別です。

 同じチェーンなのに店ごとに個性があって、メニューも具材も全く違う。SNS上に『〇〇店が一番』とか『××店にはエビフライがあった』みたいな投稿を見て、“ラーショめぐり”をする人が出てきたんです。もともとラーメンは1人で食べに行けてスマホ1台で写真も撮れるから、相性がいいんですよね。

 同じグループ内でファンそれぞれに自分の“推し”店があるのは、AKBに共通する魅力かもしれません」

 堀切店の店主もこう話す。

「自分としては、何か特別新しい試みをやったわけではないんですよ。いつも通り営業していたら、期せずして周りがSNSで盛り上がってくれたというか。

 最近は同好会の人やラーショ部の人が来て、オリジナルのシールをくれたりするんです。とくにコロナに入ってからファンがますます増えて、朝店開けたら行列ができてたりするもんだから、気が抜けなくなっちゃいましたよ(笑)」

時短も禁酒も影響なし

 ラーメンショップのフランチャイズ店は関東圏を中心に北海道から九州まで約300店舗あるといわれているが、どこまでが直系なのか、それさえも曖昧だ。

「本部からのお叱りがないからなのか、ラーメンショップを名乗ったままフランチャイズから外れて独立しちゃったり、店名に『ニュー』を付けて独自に店舗展開したり、屋号を勝手に変えて営業する店もある。そんな“亜流”が全国に100店舗以上あるんじゃないかな」(刈部氏)

 それでも店が成立するのは、SNS上の話題性だけではない、人気の“土台”があるからだ。

「2000年以降、食材に非常にこだわった魚介系のラーメン店が注目を集めるようになり、テレビなどメディアで盛んに取り上げられました。しかし、凝りに凝ったラーメンが高額化していくなか、庶民的なラーメンを求める層も多かった。肩肘張らずに食べたいというニーズに、ラーメンショップは図らずも応えていた」(同前)

※週刊ポスト2021年8月27日・9月3日号