社長自らが自社商品を紹介する“社長CMにはインパクトが強いものが多い。なかでも、「やっぱりイナバ。100人乗っても大丈夫」という掛け声が印象的なイナバ物置のCMは、多くの人が一度は目にしたことがあるのではないだろうか。『稲葉製作所』(東京・大田区)の社長・稲葉明さんに、CM出演の経緯や撮影舞台裏を聞いた。

 自社製品のガレージに乗った100人の中で、唯一青いスーツを着ているのが、稲葉さんだ。1987年から続くCMは、数あるCMの中でもシンプルさとインパクトで際立っている。

「トヨタの車が水しぶきを上げながら海岸線を走るCMを見た先代社長が、『なんてサビに強い車を造ったんだ』と感動しました。で、そんなふうに製品のメリットを瞬時に訴えられるCMを作ろうということになったんです」(稲葉さん・以下同)

 当時、他社では棚板をオプションにすることが多かったが、同社では標準装備にして、しかも頑丈であることを訴求するため、モデルが棚板に座るCMを制作した。その後、自社製品の屋根の強さを訴求するため、現在のスタイルのCMが作られた。

「あのキャッチコピーは社内公募から選ばれたものです。最初は、物置のいちばん大きいものでも60人乗るのがやっとでしたが、豪雪地用ガレージを使って100人乗ることに成功しました。

 CM出演は、最初の4回は先代が、それ以降は、私が先頭を務め、撮影回数はかれこれ29回に及びます。例年、年1回、決算後の8月にCM撮影を行うのですが、去年と今年はコロナ禍のため、『密になる』という理由で、2年連続で撮影中止となっています」

 コロナ禍の影響はこの名物CMにも及んでいたのだ。

『稲葉製作所』は、物置のほか、オフィス家具なども手がけている東証一部上場企業だが、物置メーカーとしては最後発。それを一気に国内シェア4割にまで押し上げたのはCMの力が大きいという。

「実は、ガレージの上に座る99人の位置は、代理店の営業成績で毎年変わります。彼らが着ている法被の色も毎年変わり、直近のCM(2019年)では、黄色を着ているのは売り上げ1〜29位の上位者、青が30〜59位、赤がそれ以外の関係先でしたね」

 このため、代理店間では「お宅はどこにいるの?」などと競争意識が芽生え、来年こそは頑張って社長の近くの“いい場所”に座ろうという励みになっているそうだ。

「約30年前に自分が社長になったとき、こういう泥臭いCMはやめようとしたこともありました。でも、これだけ浸透すると、やめたくてもやめられませんね(笑い)」

 イナバ物置の上は、代理店の競争の場でもあったのだ。

【プロフィール】
稲葉明/1948年、東京都生まれ。1970年同社入社。経理部長、常務、専務、副社長を経て、1991年2代目社長に就任。今年10月21日には会長に就任する。『稲葉製作所』は先代の稲葉庄市氏が、1940年にプレス加工業として創業。その後、1961年から鋼製事務用机を、1975年からはCMでおなじみのイナバ物置の製造と販売を開始した。

※女性セブン2021年9月2日号