数あるテレビCMの中で印象的なのが、社長やスタッフ自ら自社商品を紹介するCMだ。あえて有名タレントを起用しない理由や撮影時の苦労、CMの反響などについて、『カーポートマルゼン』社長の米岡功二さんに話を聞いた。

 イケメン3人が横に並び、笑顔でタイヤを転がしながら、「タイ〜ヤマルゼン♪タイヤマルゼン」と歌うCMが誕生したのは、2009年のことだ。

「放送後すぐに話題になって、会社のホームページにアクセスが殺到。サーバーを強化したにもかかわらず、半日でパンクしました。いまで言う、バズったってことですよね」

 そう懐かしそうに笑顔で話すのは、“タイヤマルゼン”こと、『カーポートマルゼン』の社長・米岡さん。

 1960年に『丸善タイヤ商会』としてタイヤのパンク修理からスタートし、1981年にタイヤやホイール、車のオーディオ、シートなどのパーツを販売する小売業として創業。だが、家族規模の小さな店舗で大型量販店と勝負するのは難しいと判断し、1988年にタイヤとホイールを中心に扱う販売店となる。

「2007年に埼玉店を開店させたのを機にCMを作ることになり、芸人さんが登場するバージョンを作りました。これは話題になりましたが、放送開始から半年でそのコンビが解散。放送できなくなってしまったんです。芸能人を起用するのは、リスクもあるし、放送権利料が高額になってしまう。それならスタッフが出演しようと、決意したんです」(米岡さん・以下同)

 撮影場所に選ばれた枚方店の販売スタッフが出演することになり、メインは社長を含む3人が選ばれた。

「あのフレーズは、制作スタッフらと協議を重ねる中で生まれたものです。最初の撮影は、カメラ目線で笑顔をキープしながらタイヤを転がすのに一苦労。テイク40を重ねてようやく納得するものが撮れたんです」

 このときの制作費は、前回の芸人起用時の約半分だったが、YouTubeなどで「タイヤを転がしてみた」など、CMを真似た動画が多数投稿されるなど、予想を大幅に超えた反響があったという。

「CMからイメージされる店舗のフレンドリーな接客が好評で、店だけでなく、コンビニなどでも声をかけられることが増えました。一気に認知度が上がり、お客さんが増えた半面、丁寧な接客や専門店としてのより充実した品ぞろえなど、それまで以上に店とスタッフの質の向上が求められるようになりました」

 現在は関西4店、関東1店の計5店だが、インターネットでの全国販売や、約3500店舗の取付店もあり、全国どこでも店と同じ値段で購入でき、装着サービスが受けられるようになっている。

 CMを始めた頃の年商は約80億円だったが、現在では約200億円と大幅に増え、米岡さんは2020年1月に社長に就任した。

「CMは30種類くらいあり、50人でタイヤを転がしたり、女性や子供が出演するものもあります。出演するのは成績優秀なスタッフばかり。スタッフにとってもCM出演は頑張るモチベーションのひとつになってくれているようでうれしいです」

【プロフィール】
米岡功二/1985年、大阪府大阪市に、『マルゼンホールディングス』社長・米岡秀高氏の次男として生まれる。幼い頃から正義感が強く、高校時代は消防士を目指していたが、担任の先生から「間接的に人を助ける仕事もある」と諭され、兵庫県立大学工学部に進学。卒業後に同社に入社し、販売、仕入れ部署などを経て副社長に。2020年1月から社長を務める。

※女性セブン2021年9月2日号