カップ麺の代名詞ともいうべき『カップヌードル』が今年、発売開始から50周年を迎え、同ブランドで世界累計販売500億食を達成したと発表された。子供のおやつに、忙しくてご飯が作れないときに、受験勉強の夜食に、災害時の保存食にと、多様なシーンで食べられてきたこの“国民食”。あなたはどんな思い出を持っているだろうか。

『カップヌードル』の思い出を、46才女性(パート勤務)はこう語る。

「カップヌードルといえば、試験勉強中の夜食にしていました。親に内緒で夜中にラーメンを食べるという背徳感から、“青春時代の秘密の味”という印象があります。いまも家族がいないときに無性に食べたくなります。ちょっと悪いことをしているというドキドキ感が、いいスパイスになるんですよね」

発売当初は“未来の食べ物”という印象

 湯を注ぐだけでできる『カップヌードル』は、わずか3分で、誰にでも簡単に作れるという手軽さ、そして長期保存できるという点から、常備している家庭も多いようだ。現在は、世界100か国以上で販売されており、多くの人々に受け入れられているが、発売当初はセンセーショナルだったと、即席麺評論家の大山即席斎さんは言う。

「『カップヌードル』が登場する前のラーメンといえば、どんぶりに入っているのが普通でした。そんな時代に、カップに入った麺をフォークで食べるという、スタイリッシュなカップヌードルが登場したので、“斬新だ”と話題になりました。発売の前年の1970年に開催された大阪万博では、未来を感じさせる展示にワクワクしたものですが、カップヌードルもまた“未来の食べ物”という印象を与えてくれたんです」(大山さん)

 麺を“ヌードル”と表したのも即席麺では日本初。聞きなれない言葉に多くの若者が心を奪われた。

麺もスープの味も50年前からほとんど変わっていない

 当初は、「若者向けの未来食」というイメージを持たれていたカップヌードルが、老若男女問わず食べられるようになり、50年間も不動の人気を守り続けてきた理由は何か。

「レギュラーのしょうゆ味は、麺もスープの味も50年前からほとんど変えていません。よりよい商品にするために、議論や検証を重ねてきましたが、味はもちろん、具の大きさ、ふたを開けた際の彩りといった印象まで、ファンが求める『カップヌードル』らしさを追求すると、発売当時と変わらない形に落ち着くんです」(日清食品マーケティング部・白澤勉さん)

 いつ食べてもあのときのまま、というのが、人気の礎になっていたのだ。“定番の味は、変えない”という姿勢を貫く半面、個性的な商品も開発しており、現在は約30種類も販売している。

「私はチリトマト味が好き。アレンジして食べているのですが、おすすめは、鍋に水と角切りにしたトマトを入れて熱し、トマトが少し煮崩れたところで、湯ごとカップに注ぐレシピ。セロリを入れてもおいしいですよ」(大山さん)

 さらに近年は、減塩や低糖質タイプも発売されたことで、高カロリーで体によくなさそうというイメージも薄れ、女性ファンも増えているという。時代の変化を意識しつつ、さらに50年先を見据えた提案を続けているのだ。

取材・文/上村久留美

※女性セブン2021年9月2日号