コロナ禍で就職活動のオンライン化が進む中、多くの企業が採用試験の一部として課すウェブテストの“替え玉受検”が問題視されているという。株式会社アッテルが企業の採用担当者300人を対象にアンケート調査を行ったところ、「採用選考時のwebテストにおいて、なりすまし受験(替え玉受験)を課題に感じているか?」の問いに、66%が「はい」と回答している。学力に自信がない就活生の中には、友人に頼む人もいれば代行業者に依頼するケースもあるようだ。ウェブテストの替え玉受検を「考えたことがある」という人たちの言い分と、その実態を探った──。

「就活ウェブテストの替え玉受検は、最近の問題ではありませんよ。私が就活をしていた10数年前にもすでに一部の就活生の間で行われていました」

 そう実情を明かすのは、中堅私大卒で都内在住の30代男性・Aさん(メーカー勤務)だ。Aさんが就活をしていた当時は、勉強のできる知り合いに頼むか、複数人で協力して受検するというスタイルが横行していたという。

「僕はやっていませんが、いろいろと悪い噂は耳に入ってきました。感じたのは、替え玉受検をする人はゲーム感覚で『悪い』と思っていないこと。事実上、問われるのは学力より人脈でした。大学でぼっちな奴は負け、リア充が協力プレイで勝つみたいなイメージ。女子学生の中には、難関国立大の彼氏に解いてもらったと吹聴する人もいました。そうした学生たちには、『企業だって人脈やチームワークの力を求めているんだから』という言い訳の常套句がありましたね」(Aさん)

東大・京大は学生に向け代行業への加担に注意喚起

 最近の替え玉受検事情はどうなのか。有名私大卒で埼玉県在住の20代男性・Bさん(IT企業勤務)は、知り合いや友人に頼む以外に、「代行業者」の存在を挙げる。

「友人の間で話題になっていたので、どんなものなのか調べてみたことがあります。代行とはつまり、難関国立・難関私大の現役学生や院生、その出身者を名乗る人に解いてもらうことで、料金は1テストにつき個人だと数千円程度、業者だと1万から1万5000円くらいのようでした。基本的にはSNSやメール、LINEでやりとりして、IDとパスワードを渡せば終わり。支払い方法、対応するテストの種類、納期や得点調整なども業者によって異なるみたいです」(Bさん)

 こうした替え玉受検の問題を重くみたのか、東京大学は7月30日にホームページ上で〈【注意喚起】本学学生を名乗るwebテスト代行について〉という文章を掲載。「仮に本学学生が当該行為に加担している事実を確認した場合は、大学として所要の対応をいたします」と警告している。京都大学も8月11日に同様に警告を発出している。

 Bさんの話によると、代行業者の中には大手広告代理店や総合商社、外資系メーカーなど名だたる企業の内定実績をアピールするものもあるという。就活がなかなかうまくいかなかったBさんは、「思わずそうした業者の中の1つに依頼してみようかと真剣に悩んだこともある」と明かす。しかしBさんは、結局踏みとどまった。その経緯と理由をこう語る。

「面接にさえ進めば、受かる自信はありました。企業研究、OB訪問、インターンもしっかりしてきたので。でも、数学が苦手だったので、確実に面接に進む“保険”として代行業者に依頼しようかと悩んだんです。でも、仮にそんなことで会社に入っても嬉しくないし、ずっと後ろめたいままなのではないかと思い直し、やめました」(Bさん)

「仮に受かって、実力以上の仕事任されたらどうするの?」

 替え玉受検は新卒だけの問題ではない。自分で「Fラン卒です」という都内在住の20代女性・Cさん(小売業)は転職を考えていた時、大手企業に勤める友人に代行を頼めないか頭をよぎったことという。理由は社会人特有の事情からだった。

「働きながらだと、テスト対策をする時間がなかなか取れません。むしろ、勉強するなら面接対策にあてたい気持ちでした。転職者用のテストは、ほとんどの場合“言語”と“非言語”の分野に分かれていて、言語は語句の用法や分の並び替えなど。非言語は割合の速度の計算、集合などが出題されます。友人からは中学受験の内容に近いと聞きました。私は公立小・中・高校だったし、しばらくなんの勉強もしていないこともあり苦痛でした。しかも、表の読み取りや暗号や図形・パズル問題などもあるので、もう無理だと泣きそうだったんです」(Cさん)

 しかし結局Cさんも、友人には頼まなかった。友人に「別にいいけどさあ、私が受けたテストがうっかりCの力以上の結果で、入社後にCがすんごい大変な仕事を任されちゃったらどうするの?」と冗談交じりながら素朴な疑問を呈されたことで、目が覚めたという。

「そもそも、代行してもらって受かるという保証もないわけですが、確かに他人の力で受かって、できるわけもない仕事を頼まれても困る。そうなったらまた転職することになりかねませんし……。友人の言葉にハッとしました。結局、コロナ禍ということもあり、まだ転職できていません。テストに意味があるのかとキレたくなる気持ちはありますが、それが嫌なら、テストのない会社を探すしかないですよね。苦手でもやってみよう、と思えない時点で私には何かが足りないんだなとしみじみ思います。ふるい分けってそういうことだな、と思うようになりました」(Cさん)

 企業側も大学側も問題視している“替え玉受検”。オンライン化が進んだがゆえに浮上してきた問題だが、その後の人生を左右するものだけに、就活生には正々堂々と挑んでもらいたいものだ。