史上最多となる27個の金メダルを獲得し、総メダル数58個という記録を打ち出した東京五輪の日本選手団。その一方で、日本の最先端技術や、便利な製品にも注目が集まっていた。

「空港に着いた瞬間から、感動の連続でした。移動中のバスの車窓からは、サムライが住んでいそうな古い家屋やアニメの未来世界のような高層マンションが見え、交差点ではわれ先にとクラクションを鳴らす車がなく、誰もが道を譲り合っていて驚きました。コロナ禍での日本滞在は、外国人への反感の高まりなど不安なこともありましたが、五輪の期間中に出会ったあらゆる日本人がフレンドリーに接してくれたことに感謝しています。コロナ禍が過ぎ去ったら、必ずまた日本に来たいです」

 声を弾ませてそう語るのは、東京五輪に参加するために来日したトリニダード・トバゴ選手団のマリ・トゥサンさん。1年遅れの開催となった今年、7月23日に開会した東京五輪が8月8日に閉会し、東京パラリンピックが8月24日に開会。9月5日まで開催される。新型コロナウイルスによるパンデミックの渦中という前代未聞の時期の五輪開催に、世間の声はそれぞれの立場から真っ二つに分かれた。

 だが東京五輪が終わったいま、来日した海外の選手やスタッフ、関係者などから上がっているのは、日本を称賛する多くの声だ。いま一度、そうした声に耳を傾けてみよう。

ドラえもんの世界のような最新技術とオリジナリティーに驚嘆

「試合会場の環境は、いままでの中でいちばんでした」

 そう振り返るのは、ウエイトリフティング男子61kg級に出場した台湾の高展宏選手(27才)。高選手の言葉が示すように、東京五輪ではさまざまな企業が最新の技術を投入し、スムーズな競技の進行に貢献した。

 なかでも選手や関係者からの驚きの声が大きかったのが、自動運転バス「e-Palette」だ。全国紙五輪担当記者が語る。

「トヨタが独自に開発した自動運転の電気自動車で、広大な選手村を巡回し、選手や関係者の移動をサポートしました。トヨタが新型コロナ感染拡大に配慮して五輪関連の自社CMを放映しなかった影響もあり、日本のメディアで紹介されることは少なかったようですが、近未来を感じさせる仕事ぶりが海外の選手たちに大ウケでした」

 男子3m飛板飛込メキシコ代表のロメル・パチェコ選手(35才)は、選手村を軽快に走るバスに搭乗し、タッチ式の操作パッドやモニターの様子などを撮影して、「未来の乗り物だ」と本人のTikTokに投稿した。

 ほかにも多くの選手やスタッフが選手村をぐるぐる回り、通行人がいたら自動的に一時停車するバスの内外の様子をSNSにアップ。そのSNSを見た世界の人が「日本は別次元だ」「ドラえもんの世界のようだ」と感嘆した。アーチェリー女子台湾代表の譚雅テイ(テイは女偏に亭)選手(27才)も、本誌・女性セブンの取材に対し「選手村を走っていた自動運転バスは素晴らしかった!」と興奮気味に答えた。

 海外から訪れた選手やスタッフをビックリさせたのは最先端の技術だけではない。普段、私たちが何気なく利用している身近な乗り物にも好奇の目が向けられた。それが「ママチャリ」だ。カナダ紙『トロント・スター』のコラムニスト、ブルース・アーサーさんは、自身のTwitterに、前部と後部に1人ずつ子供を乗せ、ママチャリのペダルをこぐ母親の写真を投稿した。

 すると、同じカナダ人で日刊紙『ナショナル・ポスト』のコラムニストであるスコット・スティンソンさんが、

《Very efficient transport(とても効率的な移動手段)》

 と絶賛。海外に住む彼らのフォロワーたちからも、「私もこの乗り物がほしい」と多くの意見が寄せられた。日本人には当たり前のママチャリが海外の子育て世代に強烈なインパクトを与えたようだ。

 また、日本の温水洗浄便座や自動販売機についても褒め称えるコメントが相次いだ。前出の記者が言う。

「自由に外出や観光ができないからこそ、身近にあるものが注目を集め、SNSを通じて発信されるケースが目立ったと思われます」

※女性セブン2021年9月9日号