自己主張をしすぎると周りから敬遠されることもあるが、まったく自己主張をしないと人生で損をする機会は少なくない。「人生を楽しくするため、そして仕事で活躍するためには、自分が好きなもの・得意なものはバンバン言い続け、アピールするのが吉」というのは、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏だ。飲食店からビジネスシーンまで、「好き嫌い」を明言することで快適に暮らせるようになった具体例を紹介する。

 * * *
 自分の好きなもの・嫌いなものを伝えるだけで快適になる機会がもっとも多いのは飲食店でしょう。誰かのなじみの店に行った時などは、つい「お任せします」とその人に任せがちですが、その時は自分の好み・嫌いなものを言った方がいい。

 案外多いケースが「実はキュウリが嫌いなんです……」というものです。棒棒鶏や塩昆布キュウリなどを手軽なスターターとして頼むと箸をつけない人がいる。そうすると「実は……」と来ることがあります。こうした時に幹事の本音は「嫌いなもの言って下さいよ!」となります。あとは、辛いものが苦手なのにそれを言えない、ということもあるでしょう。

 こうした「配慮(笑)」はむしろ邪魔です。幹事からすれば、皆が楽しんでもらいたいわけで、苦手なものは最初から言ってもらいたいのです。私も何らかの会食がある時、「苦手なものはありますか?」と聞かれたら、「コース料理はやめてください」と言います。何しろ、コース料理って量が多過ぎて次から次へと自分が選んでもいないものがやってきて、個人的には「やっつけている」といった雰囲気になるからです。あとは「ロースカツが苦手」は言います。あの分厚い脂身が苦手なんですよ。

 飲食店以外で自分自身の好みを伝えるといいのが、「手土産」「お土産」です。誰かが会いに来てくれる時、かつては甘味やスイーツを貰うことが多かったのですが、正直、これはありがたいもののあまり嬉しくない。

 なにしろ、私は酒飲みなので、しょっぱいものが好きなんです。だから、常に「酒のツマミがお土産にはありがたい」と言い続けた結果、今や誰も甘味をくれなくなりました。そして、お中元やお礼がてらの贈り物は、今はビールのケースやビール券になりました。

 あとは「カエルが好き」と言い続けていると、ふとしたきっかけでカエルグッズをもらえることもあります。旅先でカエルの置物やぬいぐるみみたいなものを見つけると「そういえば、中川さん、カエル好きだったな」と思い出して、それらのグッズを買ってきてくれる人もいるのです。

関心の高い分野で成功を収めている3人の先輩

 かくして好きなものは言い続けたほうが人生を快適に過ごせる、というのは明白だと思うのですが、これは仕事でも同じです。私の場合、「インターネット上の諍いやら論調について詳しい」ということを言い続けた結果、それに関連した仕事が続々ともらえるようになり、今に至っています。

 自分の得意分野、やりたいことはバンバン言い続けた方がいいのです。それで思い出すのが、広告会社の会社員時代の同じ部署の先輩3人です。

 一人は「環境問題に関心がある」と言い続けた結果、環境関連の仕事がある時は、まず同氏がアサインされるようになりました。「ワークショップに関心がある」と言い続けた人は、広告や広報企画でワークショップを開く際は必ず呼ばれるようになり、ワークショップに関する書籍を出版するに至りました。

 現在、九州大学芸術工学研究院デザインストラテジー部門の教授を務める井上滋樹氏は、「ユニバーサルデザイン」の研究をし続け、関連部署を立ち上げた後に九大の教授にまでなりました。

「ゼネラリスト」的生き方もいいのですが、社会に求められやすいのは、とある分野に特化した人材でもあります。そうした意味では、私の先輩3人は、「環境」「ワークショップ」「ユニバーサルデザイン」という関心の高い分野で成功を収めていると思います。

 本稿で述べた「嫌いな食べ物を言え」「好きなものを周囲に吹聴しよう」は、ビジネスにも通じることなのです。ですから皆さんもぜひとも自分が好きなもの、得意なもの、嫌いなものは周囲に伝えておきましょう。ある時誰かが「そういえばアイツはこの分野に関心があったな……」と素晴らしい仕事を振ってくれる日が来るかもしれません。

【プロフィール】
中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう):1973年生まれ。ネットニュース編集者、ライター。一橋大学卒業後、大手広告会社に入社。企業のPR業務などに携わり2001年に退社。その後は多くのニュースサイトにネットニュース編集者として関わり、2020年8月をもってセミリタイア。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)、『縁の切り方』(小学館新書)など。