東京パラリンピック開催中の8月26日午後、パラリンピック選手村を巡回する自動運転バスが、人身事故を起こした。T字路を右折しようとしたバスが、柔道(視覚障害)男子81kg級日本代表の北薗新光選手に接触。北薗選手は転倒し、頭に全治2週間の怪我を負い、28日の試合を欠場した。

 この自動運転バスの車両を提供し、運営していたのはトヨタ自動車で、豊田章男社長は8月27日、自社サイトの「トヨタイムズ放送部」に緊急出演して「多くの方々にご心配をおかけし大変申し訳ない」と謝罪した。この事故は、ロイターやニューズウィークなど海外メディアも報じ、世界に知られることとなった。

 経済ジャーナリストの小泉深氏はこう言う。

「自動運転車の事故自体は海外では何度も起きている。2016年5月にテスラの自動運転車で、2018年3月にはウーバーの公道試験中の自動運転車で死亡事故が起きていて、死亡にまで至らない事故はそれなりにあります。

 ただ、トヨタは社風として非常に慎重で、事故は一切起こしてはならないという雰囲気がある。

 2014年に初代の水素燃料電池車『MIRAI』を発売したときは、買い手がいるにもかかわらず、安全を期して生産を400台に抑えた。水素には爆発するというイメージがあるので、事故が起きないようにトヨタが管理できるユーザーだけに絞ったのです。そこまでやる会社なのに、今回の事故が起きてしまったのは痛手でしょう」

 選手村で運行していた自動運転バスは、決められたコースを巡回するだけで、自動運転といいながらオペレーターが搭乗して操作していた。安全最優先のシステムだったが、自動運転技術をアピールするつもりが、逆効果になってしまったのは間違いない。

 自動車ジャーナリストの佃義夫氏は、事故の影響は意外に大きいという。

「この自動運転車『e-パレット』は、トヨタにとって今後の自動車業界の最重要テーマであるCASE(コネクティッド・自動化・シェアリング・電動化の4つを示す)を象徴する存在でした。

 東京大会の選手村で実証実験を行ない、パリ大会では改善を加えた新『e-パレット』を披露し、その上で豊田社長肝煎りの『ウーブン・シティ』(完全自動運転の実験都市)が立ち上がるという展開を想定していたはず。しかし、今回の事故でこのスケジュールが根本的に見直されることもあり得ます」

 こうした新技術のお披露目では、何よりイメージが優先されるからだ。

 トヨタはこの件について「引き続き『安全』を最優先の課題として位置づけ、安全・自動運転技術の開発を進めてまいります」(広報部)と答えた。

※週刊ポスト2021年9月17・24日号